Fandom



━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―
     新開発の金属は「イエオナイト」と名付けられ生産された。
―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━


                      _       r‐、― 、
          __,r―、 \  ゙| |   /    | |   |、
         r'| | | |\ ゙>-|O|-<゙     | |   l |
          | | | | | |=l rl〔, --、〕l、      |__l   .| l
          `| ゙ー.`| |ニ| l,| ll_|_|_ll |,l     |    |'
          |__,|_>ヘ'(,l`'-'>ヘ'-―>―‐|――‐'|
           | / /l'∠< ∠,l'∠ニ7_,l゙  l゙|  r、  |
            | l゙ .l゙r―‐'''r--、" ̄ ̄ .|  .|..|  |::|  |
         | .|  | |_  lニニ゙i  .>-- |  .| .|  |::|  |
           l |  | |--\l三ニ|/< ̄ |_ ;;-l、.|  |::|  |
            | |_| |_,,`ニニニニ゙--―‐\三`,|  |::|  |
         |_\ \_|  ||三| |    || `゙|_>--|  |::|  |
       /  / ̄ .|  .ll三l,|   ||  |   .l―‐||'―l
      >r‐、__/    >|  l○_l   .||  |    |__,lニニl__,l
    /lニ>'/゙l,  >'r┴Y(ニ)/7――、―‐、   | r――、 l
    .|lニllニl/l  .| / .|| ̄ll ̄l i i ̄| || _|   .l/_/-' >、.|
   //_,> l_l /  | ゙ー' l___l l ゙ー'゙ .|||,|_||  .l,_lニニ゙l /,|
    'l, _>、>l_l_レ'    >ニニヽ, ヽ_>ニニニニ<ニ7    ヽニニノ-'゙
    ヽ‐-_'/      | |  | ̄ l. |   |   |
      ̄           | |  |  | |   |   |

━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―
   そして設計図通りに組み立てられ、ついに起動実験の時を迎えた。
―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━

ある星の住民は「建設巨神」を作るようです
作者 ◆G/mRFv/Ji.
ジャンル アニメ
原作 伝説巨神イデオン
投下日 2011年1月13日
状態 一話完結
主な登場人物 イデオンやるオプーナやる太
  

ある星の住民は「建設巨神」を作るようですは、アニメ「伝説巨神イデオン」を原作にした短編やる夫スレ

作者は◆G/mRFv/Ji.。2011年1月13日に投下された。

あらすじ編集

ある星の科学者(やるオプーナ)が取り組んでいた新エネルギー機関の開発に目処がついて喜んでいた。科学者は息子(やる太)にそのエネルギーについて説明し、機関を搭載したロボットを何と名付けようか息子に尋ねる。

『「建設巨神イエオン」だお!』[1]
息子は、そう答えた。

概要編集

富野監督が語った伝説巨神イデオンの裏設定を元にした作品。

書籍での発言なので、それなりに信憑性は担保されていると考えられるが、語られた設定が実際にどの程度原作に盛り込まれているかは不明であることに留意しなければいけない。

外部リンク編集

脚注編集

  1. 「建設巨神イエオン」は、藤子不二雄がドラえもんの漫画内で登場させたパロディ作。頭にハチマキ、両手にノコギリと金槌を持ったイデオンっぽいロボットが描かれていた。
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。