Fandom


                   ,ヘ
       ____      / /
      /\  /\   / /
    /( ⌒)  (⌒)\/  /   高校生活のスタートだお!
   / :::::⌒(__人__)⌒:::::\ /    【1D10:10】
   |     |r┬-|       |
   \     ` ー'´     /
   /          \
  /             \
 /  /\           ヽ
  /   \          ノ
 U      ヽ        ノ
 
 【隣の席に座っているのは?】
 1.男
 2.女
 3.男
 4.いない
 5.男
 6.女
 7.男
 8.女
 9.男
 10.!?

あんこスレとは、安価スレの派生形式を取るスレのことである。

概要編集

安価スレではシナリオ分岐に読者の意見を採用するが、あんこスレではダイス機能のある板を利用し、ダイス表を用意しておいて、ダイスを振り、出た目に対応した行動を取らせることでシナリオを進める。

基本的には10面ダイスの表を使って進行させていく。その上で特徴的な慣例として、10の目にはストーリーを大きく動かすような、あるいは誰もが予想しなかった意表をつく展開(通称「熱烈歓迎」[1])を仕込むのが定番となっている。

上記のAAだと「10」の目が出ているので「!?」。男でも女でもないとんでもない何か(ロボットとか魔物とか……)が座っているというような展開が考えられる。

なお「あんこ」は「安価では無い」といった意味合いなだけで、「あんこ」という言葉そのものには特別の意味合いはない(アンカーを安価と表現するのと同じようなものである)。

特徴編集

あんこスレの特徴の1つは、主人公をはじめとするキャラクターの行動や、その後の展開に至るまでがダイスにより偶然に決定され、それに伴い後から設定が発生する点である。このダイスの目から設定を作るプロセスは作者の腕の見せ所である。上手な作者によるダイス捌きは、まるで本来全くの偶然であるはずのダイスが全て伏線であったかのような見事な物語の展開を見せる。ダイス監督という呼称も存在する。

上記の10が出やすい(または出た際に魅力的な展開にできる)作者やそのスレではネタ的にそのダイス結果を「グラ賽によるもの」とネタにされる場合も多い。[2]またダイス表の1か10しか出ないなど複数の選択肢があるダイス表にも関わらず事実上二択になってしまっているスレでは「コイントス表」「コイントス監督」などとも呼ばれている。

そもそも、「10回に1回は特別な展開になる」と言う時点で、通常のスレより確実に劇的で非常識な展開になると言っても良い(後述する長所のところに書いてあるように安価スレの場合は展開をある程度選びやすい)。どちらかと言えばカオスや(ダイスの積み重ねによる)チートを楽しむ傾向にあるといえ、そのカオスをどれだけ楽しく描けるか、どれだけ楽しく読めるかが、スレのポイントと言っても良いだろう。もちろんスレによってはダイス表の内容を変えてそれらを抑えるのもまた一つのやり方である。

ただし作者によってダイス表の傾向が異なるため、スレによって雰囲気が違う点に注意。ここまで書かれた要素が当てはまらないあんこスレも当然存在する。[3]

あんこスレの長所編集

  • あんこスレでは作者がダイスを振るだけでシナリオを進めることが出来るので、参加者を集める必要が無い。
  • 安価スレではある程度、展開の予想がつきやすい(例:ヒロインを助けますか?という選択肢があれば、大抵、助ける選択が取られると予想がつく)が、あんこスレではダイス目次第なので予測出来ない展開を読者・作者ともに楽しむことが出来る。
  • ダイス目によって行動を決めるため、スナイパールーザーの介入や、参加者同士の対立が起きない。
  • 安価スレでは作者が把握していない、まわせそうにないキャラが安価で決まることが大いにありうるが、あんこスレでは把握しているキャラだけをランダムで選んで採用することが出来る。(あんこスレでも読者からキャラ募集した場合に、作者が把握していないキャラに決まってしまうというような事例が発生することはままある。)

あんこスレの短所編集

  • ダイス目によるランダムであるため、行動方針がぶれたり、おかしくなる可能性が安価スレ以上に高く、難しい流れになった時の方向転換もしにくいため、作者の構成力がより問われる。(ダイスを振り過ぎた結果起こってしまうこともあるため、時にはダイスを振る数を減らすことも一つの解決策である)
  • 最適解を求めるような設定は、条件を達成するのに時間がかかりダレやすいため、演出に工夫が必要になる。(例:70%の当たりを3回引いたらクリアという条件だとストレートに3連続で当たりを引く確率は34.3%。逆に3連続で外れる可能性も2.7%有る)
  • ダイス表のバランスが取れていないと反感を持たれる可能性がある(バランス設定は作者次第なので、どこまで考慮するかは作者の自由ではある)。同様に方向転換のためのテコ入れもうまくやらないと批判意見が出やすい。
  • 安価スレでは、読者がイベントを見ていないキャラを選択するといった行動を取りやすいため、中盤からの参加キャラも露出機会は多く配分されやすいが、あんこスレではダイス目による公平な選択となるため、登場人物が多くなるにつれ機能不全になりがちである(例:登場人物が20人ともなれば、複数回脚光が当たる確率は5%の5%=0.25%とごく稀の現象となり、選択回数によって個別イベントが起こるといった仕様では運用が難しくなる)。ダイス表での調整もある程度は可能だが、上記のように妥当性が低いと反感を持たれる可能性はある。
  • その形式上、(読者を完全に無視してダイス間を書き溜めでもしない限り)当然即興投下になる上、通常の安価スレよりもさらに展開予測がつきにくいので、アドリブ力が大きく求められる。

脚注編集

  1. 2ちゃんねるの野球実況用語由来。「二軍で好投→一軍に上がっては打ち込まれ炎上→二軍行き」を繰り返す一軍半の投手を「俺達」と表現し、俺達に認定する際に「熱烈歓迎」する。この言葉と、10を連発してプロットが崩壊して右往左往する様を掛けた表現だと考えられる。なお全てのあんこスレで通用する訳ではないので、合いの手や感想を書き込む際には要注意。
  2. グラ賽とは特定の目が出やすい様に加工されたダイスのこと。もちろん作者が掲示板のダイス機能に細工することは出来ない。
  3. 恋愛要素のあるスレ一つとっても、ダイス表に好感度がマイナスになるものが入っているスレでは人間関係の変動幅が大きく、逆に入っていないスレではハーレムになりやすい等。良い選択肢が1や10にないダイス表を使うスレもある。

関連項目編集

外部リンク編集

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。