Fandom






==ニ ̄`ヽ
    `ヽ  \
     ヽ   ヽ、
      ヽ、   `' ー .             ┌──────────────┐
        \_,. - '´ ̄ヽ、          │ 難しいことはよく知らないが    │
         `丶、     ,.ゝ             └──────────────┘
             ヾノ´/
               ヽ/



                    ___
                _,. - '´ ,. -‐ '´
               /´   ,/
             /   _〆       ┌────────────────────────────┐
         , - ' ´    i´         │ 近年になって、恋をすると人は頭にツノが生えてくるようになった  │
        /      ,.ノ           │ (主に思春期とにされる時期に)                          │
      ∠     /´           └────────────────────────────┘
         ヽ, /
          'K


このツノは君への恋で出来ている
作者 ◆jzbtjO2DSI
ジャンル 恋愛
原作 秋★枝「恋愛視角化現象」
投下日 2018年3月18日
投下板 普通のやる夫板
状態 完結
最終投下日 2018年3月28日
話数 全5章11話
まとめ やる夫達のいる日常
やる夫が人生でいいじゃない
  

このツノは君への恋で出来ているは、秋★枝の漫画「恋愛視角化現象」を原作とした連作やる夫スレ

作者は◆jzbtjO2DSI[1]。2018年3月18日から同月28日まで連載された。

概要編集

恋をすると頭からツノが生え、失恋するとはがれ落ちる。そんな現象が思春期の男女に現れるようになった――という設定の漫画「恋愛視角化現象」を原作とし、「誰かに恋している」ことが周囲に筒抜けになってしまう世界の恋模様をオムニバス形式で描く。

原作の布教を兼ねた作品であり、原作の展開をなぞったものは第三章(原作第5~8話)のみ。他はいずれも「ツノ」の設定のみを借りたオリジナルストーリーで、スレで興味を持ってから原作に入っても、新鮮に楽しめるようになっている。

各章のあらすじと登場人物編集

第一章 暴走饅頭はやめたがりアイドルのツノを生やす (全3話)編集

母子家庭に暮らす高校生のやる夫は、妹に新しいバレエシューズを買うための費用が捻出できず悩んでいた。そこで思いついたのが、誰かに惚れてツノを生やし、それを金に換えること。ツノはアクセサリーなどの材料として売れるのである。恋愛経験ゼロのため、「見ただけで好きになれそうな子」捜しから始めたやる夫は、友達から地下アイドルのみくを紹介される。上手くいかない芸能生活をやめたくなった彼女は、ツノを生やすことで強制的に引退しようと考えているのだという。お互い「ツノを生やす」ことだけが目的の二人の関係、行く末やいかに。

主な登場人物
やる夫前川みく羽川翼

第二章 酔っ払いは失くした恋の行方を探す (全2話)編集

大好きなお酒を前にすると、とことんダメ人間になる大学生ハク。今朝も二日酔いに苦しみながら目を覚ましたが、鏡を見ると頭にツノが生えていた。大学生にもなってツノが生えるのは珍しいことで、「今さら思春期」と恥ずかしがるハク。しかし何よりも困ったことは、酒のせいで前夜の記憶が一切無く、恋の相手が誰なのか全く思い出せないことであった。

主な登場人物
弱音ハク結月ゆかりやらない夫

第三章 面倒くさがりやは抜けないツノに振り回される (全4話)編集

面倒くさがりでテレビっ子の高校生キル夫に、友人の誠は自分がフられたことを打ち明けてきた。誠はクラスメイトのかくれ奈と付き合っていたのだが、地味で繊細な彼女は、イケメンで人気者の誠に対する気後れに耐えられなくなり、別れ話を切り出したのだという。そんな中学園祭の準備期間が始まり、誠とかくれ奈はそろってキル夫と同じ会計係になってしまう。二人ともツノが生えたままで、事情を知らない周囲から見ればもちろん恋人同士。まだ互いに未練の残る元カップルにはさまれた、キル夫の気まずい日々が始まった。

主な登場人物
キル夫伊藤誠かくれ奈丹生谷森夏

第四章 ツノ農家とツノ職人のツノショップ (全1話)編集

「Horn Konzert」は、ツノ製品や関連グッズなどを扱うツノショップ。そこのアルバイト店員である茜は惚れっぽいたちで、しょっちゅうツノを生やしては失恋し、そのたびに抜けたツノをバイト先に持ってきていた。バイト仲間のねらう緒の手でアクセサリーに加工されるのである。今日もツノを生やしている茜にねらう緒は軽口を飛ばすが、今までで一番手痛いフられ方をしたばかりの茜はそれを聞き流せず……

主な登場人物
琴葉茜ねらう緒

第五章 恋 (全1話)編集

ごく普通に人を好きになり、ごく普通にツノが生える。この世界の当たり前の恋の風景を描いた掌編。

主な登場人物
できない夫ニアス・グローリア

外部リンク編集

脚注編集

  1. 第三章の途中で◆iJCVBaWwJ2から変更。
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。