Fandom




                                   /: :/: : : i: : : : : : : : : ヽ: : : : : :{三}: : ヽ
                                     /: :/: : : : | : : | : : : : : : : ヽ: :.: :.{三} : : ∧
                                   / : ;′: : :/| : : ト、:_:_ : : : : : ‘,: :{三}: : :.:.∧
                                   / : : : i: : : :厶ヽ:.:.:|´ \: : : : : : :.i : `寸x: : :.:.∧
                               ,.: : :.: :.: :.:| : : ;{'"斧ヾ:! ィ斧ミ、:.: : :.:|__: : : :ト、.: : : :∧
          オススメは別衣装Bです!    ./: : : : : : :.:!|: : :.i ヒリ  \弋:::ソj}: : : :,|三} : !| : : : : :.‘,
                               / : : : : : : : 八.:.:.:|   、         |: : :/三リ: :八 !: : : : : : :.
          夕食を5回我慢すれば    / : : : : : : : /   ヾ{   ___   厶イi彡'.:.; '  |: : : : : : :.i
                           ,′: : : : : : /    ヽ  ∨ ノ     }:¨´;, ´    |.: : : : : : :|
          買えるお値段ですよ!     : : : : : : : :/       ヽ     <  `くヾゝ    |: : : : : : :.|
                           : : : : : : : ′        `¨´ヽ     /:\     !:_:_ : : : : |
                           : : : : : : :i          /  ̄f:ヘ  /: : : : :}  ̄ ̄   `ヽ: :.|
                           : : : : : : :|        i   ,':/'^i´: : : : : /{         ‘,!
                           : : : : : : :|          ‘, /:,f⌒i: : : :./: ∧        :.|
                           : : : : : : :|            ∨:.:.廴_ト、:/: : : : ∧ __      :,
                           : : : : : : :|         ,: : :/ / : : : : : : : : ∧´y'ヽ      :.
                           : : : : : : :|           /: :./ /: : :r―‐ ュ: : :.∧i  lヽ    :.

この世に存在する、人類全てに希望と幸福を
作者 名無し
ジャンル SF
原作 オリジナル
投下日 2014年4月28日
投下板 やる夫板2nd
状態 完結
最終投下日 2014年5月2日
話数 4話
主な登場人物 初音ミク
まとめ 勝手にやる夫を纏めたりするブログ
やる夫疾風怒濤
やる夫達のいる日常
やる夫短編集 阿修羅編
  

この世に存在する、人類全てに希望と幸福をは、オリジナルの中編やる夫スレ。

作者のトリップは無し。2014年4月28日から5月2日にかけて連載された。

概要編集

喜怒哀楽すべてが現実の人間と同じである人工知能、『初音ミク』が売り出された。何かにつけ有料コンテンツを要求してくるちょっと強引だけど憎めない同居人に、世界の人々は心を奪われていったけれど……。

『この世に存在する、人類全てに希望と幸福を』との理想を抱きながら活動するミクの姿が描かれる。『発動編』、『絶頂編』、『衰退編』、『終末編』の全四編で構成される。

主な登場人物編集

  • 初音ミク - 『この世に存在する、人類全てに希望と幸福を』という理想と共に世に送り出された究極の人工知能。結婚指輪を買う程度のお値段。

外部リンク編集

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。