Fandom


(テンプレをコメントアウト)
(年齢規制への対応強化)
 
(13人の利用者による、間の22版が非表示)
16行: 16行:
   
 
</pre>
 
</pre>
<!--
+
{{やる夫スレ作品
{{やる夫スレ作品}}
 
 
| タイトル=これが私のポケモンマスター様
 
| タイトル=これが私のポケモンマスター様
| 略称=
+
| 略称=ポケマス
| 作者=[[神 ◆t3BWP2Ah3Q]]
+
| 作者=[[神 ◆hmzYwi.1d2]]
| ジャンル=ゲーム R-18
+
| ジャンル=[[安価]]、ゲームR-15
 
| 原作=[[ポケットモンスター]]
 
| 原作=[[ポケットモンスター]]
  +
| 時代=
  +
| 舞台=
 
| 投下日=2010年12月16日
 
| 投下日=2010年12月16日
| 投下板=[[やる夫板II]]
+
| 投下板=[[やる夫板II]]<br />→[[やる夫板EX]]<br />→[[個人板]]
| 状態=現行
+
| 状態=完結
| 最終投下日=
+
| 最終投下日=2015年1月7日
 
| 話数=
 
| 話数=
| 登場人物=[[やる夫]] [[逢坂大河]] [[サーニャ・V・リトヴャク]] [[蘇芳・パヴリチェンコ]] [[カマドウマ]] [[麦野沈利]] [[伊藤開司]]
+
| 登場人物=[[やる夫]][[逢坂大河]][[サーニャ・V・リトヴャク]][[蘇芳・パヴリチェンコ]][[カマドウマ]][[麦野沈利]][[伊藤開司]]
 
| 関連項目=
 
| 関連項目=
 
| 備考=
 
| 備考=
 
| まとめ=
 
| まとめ=
 
}}
 
}}
-->
+
'''これが私のポケモンマスター様'''は、[[任天堂]]のRPG「[[ポケットモンスター]]」を原作とした[[ゲーム系]]長編[[やる夫スレ]]。
'''これが私のポケモンマスター様'''は、ゲーム「[[ポケットモンスター]]」を原作とした、ゲーム系長編やる夫スレ。作者は[[神 ◆t3BWP2Ah3Q]]。
 
 
2010年12月16日から連載されている。
 
   
  +
作者は[[神 ◆hmzYwi.1d2]]。2010年12月16日から2015年1月7日にかけて連載された。
   
 
==概要==
 
==概要==
オリジナルの舞台「アンカー地方」で、住人達の[[安価]]を指標に[[やる夫]]が冒険を繰り広げる作品。
+
オリジナルの舞台「アンカー地方」で、住人達の[[安価]]を指標に[[やる夫]]が冒険を繰り広げる作品。原作ゲームのはるか未来という時代設定であり、原作のポケモンは「古代種」として認識されている
原作ゲームのはるか未来という時代設定であり、原作のポケモンは「古代種」として認識されている。
 
   
初回の行動安価で「下着をもらう」になったことがきっかけで、「パンツ」がスレにとって欠かせない要素となったのが特徴
+
初回の行動安価で「下着をもらう」になったことがきっかけで、「パンツ」がスレにとって欠かせない要素となった。またクエストや素材など、各所に「[[モンスターハンターシリーズ]]」要素導入されている。また、ポケモンバトルも原作にない「ポテンシャル」の要素を始めとした独自のシステムが導入されている
   
またクエストや素材など、各所に「[[モンスターハンターシリーズ]]」の要素導入されているのも大きな特徴である
+
第一期から第四期で続けられ、完結し直後に内容を一新した新作<ref>題や一部システムは流用しているが作品としての繋がりはい。</ref>「[[これが俺のポケモンスター]]」が始まった
   
<!--==主な登場人物==
+
==主な登場人物==
*[[]] -
+
*[[やる夫|入速出やる夫]] - 主人公。
*[[]] - -->
+
*[[逢坂大河|大河]] - やる夫が初めて捕獲したポケモン。シリーズを通した相棒となる。
   
 
==外部リンク==
 
==外部リンク==
*まとめ([[やる夫備忘記録FC2]]):[http://yaruox.blog136.fc2.com/blog-category-36.html これが私のポケモンマスター様(試験掲載)]
+
*データまとめ[http://w.livedoor.jp/pokemasu/ 【安価で】これが私のポケモンマスター様【進行】まとめwiki]
*データまとめ[http://wikis.jp/korepoke/index.php?FrontPage 【安価で】これが私のポケモンマスター様【進行】まとめwiki]
+
*まとめ([[安価でやるお!]]):[http://yanchor.blog.fc2.com/blog-entry-1.html これが私のポケモンマスター様 目次]
  +
  +
*[[まとめエター]]([[やる夫備忘記録FC2]]):[http://yaruox.blog136.fc2.com/blog-category-36.html これが私のポケモンマスター様(試験掲載)]
  +
*まとめエター([[まったりやる夫まとめ]]):[http://janmero.blog.fc2.com/blog-category-1.html これが私のポケモンマスター様]
   
 
==関連項目==
 
==関連項目==
*[[やる夫異端伝]] - 両スレの間で交流が行われている。
+
*[[やる夫異端伝]] - 両スレの間で交流があり、[[エレボス ◆xo75/KfIq2]]が作中でポケモントレーナー「エレボス」として出演している。
+
*[[◆IL/7VRqS7E]] - 作者同士の間で交流があり、作中でポケモントレーナー「金策」として出演している(由来は作者の連載スレの名称から)。
 
<!--==脚注==
 
<references/>-->
 
   
<!-- 脚注がない場合も削除せず、コメントアウトするようにしましょう。-->
+
==脚注==
[[Category:やる夫スレ作品|これがわたしのぽけもんますたーさま]]
+
<references />
[[Category:長編やる夫スレ|これわたしのけもんますたさま]]
+
{{DEFAULTSORT:これわたしのけもんますたさま}}
[[Category:ゲーム|これがわたしのぽけもんますたーさま]]
+
[[カテゴリ:やる夫スレ作品 か行]]
[[Category:ポケットモンター|これがわたしのぽけもんますたーさま]]
+
[[カテゴリ:長編やる夫]]
[[Category:R-18|これがわたしのぽけもんますたさま]]
+
[[カテゴリ:]]
  +
[[カテゴリ:ポケットモンスター]]
  +
[[カテゴリ:R-15]]
  +
[[カテゴリ:安価]]
  +
[[カテゴリ:2010年の作品]]
  +
[[カテゴリ:完結]]

2018年5月30日 (水) 13:22に更新



               ∩_
              〈〈〈 ヽ
      ____   〈⊃  }
     /⌒  ⌒\   |   |
   /( ●)  (●)\  !   !
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\|   l
  |     |r┬-|       |  /
  \     ` ー'´     //
  / __        /
  (___)      /
───────────────────────────────────────
【やる夫】 オールハイル・パンツァー!!

これが私のポケモンマスター様
略称 ポケマス
作者 神 ◆hmzYwi.1d2
ジャンル 安価、ゲーム、R-15
原作 ポケットモンスター
投下日 2010年12月16日
投下板 やる夫板II
やる夫板EX
個人板
状態 完結
最終投下日 2015年1月7日
主な登場人物 やる夫逢坂大河サーニャ・V・リトヴャク蘇芳・パヴリチェンコカマドウマ麦野沈利伊藤開司
  

これが私のポケモンマスター様は、任天堂のRPG「ポケットモンスター」を原作としたゲーム系長編やる夫スレ

作者は神 ◆hmzYwi.1d2。2010年12月16日から2015年1月7日にかけて連載された。

概要編集

オリジナルの舞台「アンカー地方」で、住人達の安価を指標にやる夫が冒険を繰り広げる作品。原作ゲームのはるか未来という時代設定であり、原作のポケモンは「古代種」として認識されている。

初回の行動安価で「下着をもらう」になったことがきっかけで、「パンツ」がスレにとって欠かせない要素となった。またクエストや素材など、各所に「モンスターハンターシリーズ」の要素が導入されている。また、ポケモンバトルも原作にない「ポテンシャル」の要素を始めとした独自のシステムが導入されている。

第一期から第四期まで続けられ、完結した直後に内容を一新した新作[1]これが俺のポケモンマスター様」が始まった。

主な登場人物編集

  • 入速出やる夫 - 主人公。
  • 大河 - やる夫が初めて捕獲したポケモン。シリーズを通した相棒となる。

外部リンク編集

関連項目編集

  • やる夫異端伝 - 両スレの間で交流があり、エレボス ◆xo75/KfIq2が作中でポケモントレーナー「エレボス」として出演している。
  • ◆IL/7VRqS7E - 作者同士の間で交流があり、作中でポケモントレーナー「金策」として出演している(由来は作者の連載スレの名称から)。

脚注編集

  1. 題材や一部システムは流用しているが作品としての繋がりはない。
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。