Fandom


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

       「記憶がハッキリして来たところで、状況を纏めよう。」

       「どうやら蛮族の子に生まれてしまったようだ。」

       「ここがどこなのかはよく分からない。 誰かがローマとか言ってた気がするが、それだけだ。」

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



         /.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.:/|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:.;.:.:.:;.:.:;
        /.:.:.:/.:.:/.:.:.:.:;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.:/.:.|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.;.:.:.:;.:.:.;
        /.:/.:.:/.:.:.:.:.:.:.;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:;/.:.:/:;:;:;|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.|.:.:.:i.:.:.:;
       .//.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:;/,'.:/ |:;:;:;|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.|:;.:.:.|',.:.:.;
      /.:/.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./,'.:/  ',:;:,'.:.:.:.:.:.:.:.:.:./,'|.:.:.:.:.:.:.|:;:;.:.:| ',.:.:;
    /.:.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::;:;//‐/ャ。,_ ',,'.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.: ',.:.:.:.:.:.:|:;:;.:.:.|. ',.:;
  _/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;:;:/=/ォャs。, |.:.:.:.:.:.:.:.,.:'.:.,'。ャ',.:.:.:.:.:|:;:;.:.:.| ',.;
    ̄ ̄ ̄/.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:;/`¨|弋ツ´ |.:.:.:.:.:,.:'. ,':/弋ツ',.:.:.:.:|:;:;:;.:.|  'l
     ─/.:.:./.:.:.:.:.:.:イく ;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;:;:  レ    |.:.:.,.:' ; ,/    .;.:.:.:.|.:|',.:.:|  |
      ̄ ̄ ̄ /.:.:.:/ヽ__;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:;:;      |/  ;     ,'',.:.:.|.,' ',.:.|     
         /:.:/.:;:;:|:;:;.:.|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;:;               ,':;:;..:.|,' .',.|       ←という顔で黙ってる10歳
        /   :; ; |:;:;.:.|',.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;               ,':;:;::;|,','  ;|
            ;:  ;|',:;:;| .',.:.:.:.:.:.:.:.:.;          /    ,:'.:.:.:.:.:.;
         ,。sニニニニニ',.:|  ',.:.:.:.:.:.:.:.;         ___   ,' ;.:.:.:.:.;
      ≦,ニニニニニ>''´',|  ',.:.:.:.:.:.:.;      -‐ _   .,:'ニニ;.:.:.:.;
       ;ニニXニニs。,:::::::: `  .':.,.:.:.:.:.;\      _    ,.:':::::::` ;.:.:.;ニニs。,
       .;ニニニニニニニ≧s。,    ':.,.:.:;  ゚'* 。, ./ ` ‐く_:::::::::::::::;.:;:::ニニニニs。,
       ',ニニニニニニニニニニ|    ヽ|    /       ',:::::::::::',|::::::::::〉ニニ/____
        'ニニニニニニニニニニ|  ',   rs。./   /¨ ュ   ',-‐f::::::::::::/ニニ/⌒ ̄\ \__
        ',ニニニニニニニニ;ニ|   ',  ///  ‐‐=''^~´  \ .|  |:::::::::/ニニ/、\   \ \ \
\      /ニニニニニニニニニ;ニ|   ∨/ |            く¨  .|::::::/ニニ/;:;:ヽ \   \ \  \
  \,。sニニニニニニニニニニニニニニ|.   //.::.:| :;:|     ̄ ̄ ̄ ̄ヽ  i|:::/ニニ/;:;:;:;:;:ヽ  |    |  |   \__
\  ヽニニニニニニニニニ ニニニニ',ニ',. //.::.::.:|  :|     _     |.  i|.:\ニニs。,;:;:;:;:⌒\  / /.     \\
  \ ヽニニニニニニニニ ニニニニニ,ニ':.,/.::.::.::.:|   :;      ̄ ̄‐‐|  ノ|::::::\ニニニs。,⌒\ ̄ /       \|
   \ ヽニニニニニニニニニニニニニ':.,ニ':.,.::.::.::|   :;        ;:;|ry| |:::::::::::\ニニニニ| |   ̄          \
すまない、転生先が蛮族で本当にすまない
作者 ◆aTATOKIfnY
ジャンル 安価あんこスレ
原作 オリジナル
時代 5世紀頃
舞台 ヨーロッパ
投下日 2020年2月29日
投下板 やる夫系狐板
状態 完結
最終投下日 2020年6月27日
主な登場人物 竜宮院聖哉冨岡義勇ヤムチャ
まとめ やる夫達のいる日常
  

すまない、転生先が蛮族で本当にすまないは、オリジナルの歴史系安価あんこ長編やる夫スレ。

作者は◆aTATOKIfnY。2020年2月29日から6月27日にかけてやる夫系狐板にて連載された。

概要編集

5世紀初頭ガリア地方に割拠したブルグント族の下級戦士の長男として転生したセーヤの蛮族生活を、適宜、安価・あんこで行動を振っていく形式で進められていく。

セーヤの前世の知識によるチートで世の中が変化していく転生チート物ではあるものの、行動案を作者があくまで一般人のうろ覚え程度の知識レベルで筋道が立つか吟味した上で安価で取り合いとなり、導入されても周囲に影響を与えるのにそれ相応の期間が必要と無制限にチートがかかっていくという訳ではないのが特徴。

あらすじ編集

フン族の侵入により叩き出されたブルグント族は、フン族に人質を差し出すことになった。
ブルグント族の状況からセーヤの父サカズキが仕えるギユーが人質に送られることに決まり、セーヤもギユーに随伴することに。
フン族の下でセーヤの超蛮族生活が始まるのである――

主な登場人物編集

  • セーヤ - 主人公。
  • ギユー - ブルグント族の上級戦士の子息。武勇に優れ、賢さも(蛮族としては)十分に備えているが、とにかく言葉が足りない。
  • ヤムチャ - ブルグント族の幼き長。頼りない面は多々あるものの、人柄は良い。
  • サカズキ - セーヤの父。ブルグント族のご意見番的立ち位置につくことになるものの、下級戦士故に反感を買うことに。
  • アストルフォ - ギユー達と同様に、西ゴート族からフン族の下に送られた人質。
  • ブラック - ギユー達と同様に、西ローマ帝国からフン族の下に送られた人質。
  • グリニデ - フン族の長。
  • アルテラ - フン族の姫。
  • クド - フン族からセーヤに付けられた下女。

外部リンク編集

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。