/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..
          /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
           /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
          .::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::   ?
           i::::::::::::::::::::i:::i::::/:/l::::::l::::::::,:|:::/:|:::i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::
           l::::::::::::::::::/l/|:/`ヽ|:::/|::::/ .」イ:⊥:|::::/:::::::::::::::::::::::::::::::   そんなに驚いてどうしたんや?
      /} |:::::::::!::::::ニミi/、/_ |:/ |::/ ´/ |::/ l::/:::::::::::::::::::::::::::::::::i
    ./ //):::::::::::::::ト、乂;;;;卞/ |/ ,,;ニコ/二i/_i/:::::::::::::::::::::::::::::::
  // /-/ /―,:::::i::::::|   ̄`   ´ ´ 乂;;;;;;シノi:::::::::!:::::::::::::::::::::::::i
 〈  .i i ./ / ̄l::::::::!::::::ゝ     /       ´ ̄  l::::::::::::::::::::::::::::::::::::i
  !   ! ! {  !::::::::!::::丶              /!::::::::i::::::::::::::::::::::::::i
  \    \/:::::::::!::::::::\  ` --     /`´!::::::::l:::::::::::::::::::::::::::i
    ヽ     \:::::::!:::::::::l:::\      ..:</:::::::::!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::
     l      丶:::!:::::::::|\::` ー:::<::/ /:::::::::::!::::::::i::::::::::::::::::::::::::::i
   ___\      ヽ:::::::::|  \:::::::>´  l::::::::::::::!::::::::!::::::::::::::::::::::::::::i
 /::::::::::::::::\     l:ヽ::::i           |::::::::::::::!::::::::!::::::::::::::::::::::::::::i
 ゝ、:::::::::::::::〈:丶__ ノ:::::i:::!           l`ヽー-!::::::::!- 、__:::::::::::i
/:::::::\::::::::::::::〉:::::::::::::::::::::|:::i           /:::::::::!::::::::!:::::::::::::::::::`>::::i
         ,. -‐'''''""¨¨¨ヽ
         (.___,,,... -ァァフ|
          |i i|    }! }} //|
         |l、{   j} /,,ィ//|      あ……ありのままに今起こったことを話すぜ!
        i|:!ヾ、_ノ/ u {:}//ヘ
        |リ. 「   へ ,!V,ハ |      『俺は気絶して目が覚めたらベッドに寝かされて、
       /´f| (○)(○) , タ人       愛するペットの様子を見に行ったらいつの間にか美女がいた』
     /'   ヾ|   |  u. |<ヽトiゝ
    ,゙  / )ヽ _`__   | ヾlトハ〉
     |/_/  ハ |__| /:}  V:::::ヽ    頭がどうにかなりそうだった……
    // 二二二7'T'' /u' __ /:::::::/`ヽ    催眠術とか超スピードとかそんなチャチなもんじゃねえ
   /'´r ー---ァ‐゙T´ '"´ /::::/-‐  \
   / //   广¨´  /'   /:::::/´ ̄`ヽ ⌒ヽ   もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ……
  ノ ' /  ノ:::::`ー-、___/::::://       ヽ  }
_/`丶 /:::::::::::::::::::::::::: ̄`ー-{:::...       イ
できない夫と愉快なお嫁達
作者 ライドウ★
ジャンル ゲーム、R-18
原作 女神転生シリーズ
投下日 2012年9月15日
投下板 やる夫板II
やる夫スレヒロイン板(新)
状態 エター
最終投下日 2018年12月30日
話数 73話
主な登場人物 できない夫羽衣狐キャス狐先代巫女
  

できない夫と愉快なお嫁達は、アトラスのRPG「女神転生シリーズ」を原作としたゲーム系・R-18の長編やる夫スレ。

作者はライドウ★。2012年9月15日から連載されていたが、2018年12月30日を最後に投下が途絶えエターとなった。

あらすじ[編集 | ソースを編集]

入学時の成績が良かったせいで、不良グループから目を付けられ虐められる日々を過ごすできない夫。頼みの綱の教師は自己保身に走り相談しても全く当てにならず、絶望した彼は不登校になってしまう。そんな彼の心の支えは登校拒否初日に出会った一匹の狐のヤマブキだけだった。

荒んだ心をヤマブキとの交流で癒す日々が続いたが、不運にもある日の散歩中に不良と遭遇してしまう。自分のみならずヤマブキにまで手を掛けようとする不良に必死で抵抗するできない夫だったが、非力な彼は殴られた所で意識を失った。次に彼が目を覚ますと何故かそこは自室だった。ヤマブキの身を案じ外へ駆け出そうとする彼を呼びとめる声。

振り向いた先には見た事もない絶世の美女。できない夫を気遣う彼女は、自分がヤマブキであると言いだした。

概要[編集 | ソースを編集]

人外の娘と出会った少年が、彼女達に振りまわされつつも、力を借りて自分の望みを叶えていく物語。

人間よりも圧倒的な力を有する美女達に翻弄されるパートと、彼女達の力を借りて自分を苦しめてきた連中に復讐していくパートに分かれて物語が進んでいく。復讐パートは10話で終わっており、そこから先は嫁や新たな友人達と波乱に過ごしていく。

なお主人公できない夫はデビルサマナーやバスターになる気配はなく、押しかけてきた嫁が最強の悪魔だったという部分が女神転生的要素である。
wikiの分類上では女神転生シリーズの中の女神転生オリジナルとしているが、女神転生的要素はエッセンスの一つでしかなく他にドラクエの呪文なども出てくるゲームごちゃ混ぜ系であり、作者曰く一応オリジナルの作品とのこと。

作者がゲーム好きなせいか、ゲームネタをちらほら入れてたりしている。

主な登場人物[編集 | ソースを編集]

主人公サイド[編集 | ソースを編集]

  • できない夫 - 主人公。成績が良いだけで他に何の取り柄もないと自嘲気味な少年。
  • 羽衣狐 - できない夫の嫁その1でメインヒロイン。凄まじい力を有する狐の妖怪。とても強くて恐ろしいができない夫にはデレデレである。通常は関西弁だが本気の時は妾口調になる
  • キャス狐&先代巫女 - 嫁その2、その3。

復讐対象[編集 | ソースを編集]

その他[編集 | ソースを編集]

  • やる夫 - できない夫とは別の虐められっ子。能力に見合わずプライドだけは無駄に高く、他人を見下している。

外部リンク[編集 | ソースを編集]

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SAライセンスの下で利用可能です。