Fandom



             ,.-'''`ヽ、   ヽ,::::::::l  .l::::::::`ヽ、       ヽ       i   l::`ヽ
         /:::::::::::::::::ヽ、  ヽ;:::::l   l::::::::::::/¨i!、   __,,l,.........-- 、. l::::::l
          ,.'::::::::::::::::::::::::::::::ヽ  ヽ;::l  l::::::/   .i::>:;<´::::::::::::::::::::::::::::ソ ヽ:::`ヽ
         /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、  ';:l l::;.'       l´ ヽ::::::::::::::::::::::::::::ノ   ヽ:::::l
       ,':::::::::::::::::::::::::::_;.........、_ ヽ,  i!_l/        ヽ.  〉::::::::::::::::::::,イ      .l:::::)
      l:::::::::::::::::r'''¨ ̄     `ヾー< 'l/ '    .ヽノ::::::::::::::::/ .l      l::/
     l::::::::::::::::::::`ヽ、     、ー''=-} 」_     __ノ::::::::::,.-'|   l       ノ::'ヽ_
.     」_____,,..-i、    `   ノ' ̄`''>'¨¨¨::::::::_,.-''´ヽ .l  l       l:::::::::::l   「―――貴方の熱は、私を温めてくれますか?」
     i!        l        /.-'''¨´::::::::::_,.-'''i!´l .l  '; l  l      .レ':::::リ
    _j、        l、    ,.-'´:::::::::::::::_,.-'''"l i、 l_l .l .l   .l l ./        j::::::::/
  /¨:::`ー----――'´`ー‐'´::::::::_,..ァ'''"l   .l.iレi /i l l    | レ      /;:シ'
./::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_,..i‐フ''l /   l il.l  /'´,.レ..、 |  ,.   ,リ/       .i'::::l ___
::::::::::::::::::::::::::::::::::_,..-‐i'''l´ .l ノl l¨ li'ー- l /i l /ノ 心;:l 〉 ノ  / ,j     _l::::::::i´/ `¨ ヽ
ヽー――''''ji!¨´| |   ヽ l  l .,i!=‐zョ、._ i! ' .'´  処;:j ,.l,イ  / ,'    l¨ /::::::::l        ヽ
. ヽ     .,'  l  l   ヾ. iノi、::i;;;j:::l ` '     `ー'´  l .l  i'i     yヾ::::::::ノ       )
  ヽ   ,'      l |.   ヽ. l`弋zニシノ             l ,.l j.i,__l'´::::::rー'´        /
    ヽ_/     .l l   ∧.l    ̄      、〉   ,ノ'´::`><)::::::::::`i、::/ ,_.         /
    / ./l l  l .l  ,'  i!           ,   ∠-‐<_ニ=<:::::ヾー):::::::`ヽ    /
    / / l l i l . l  lー'x.、,      -‐ ニ´ / :.;' ::: ,' ,' :::: ,.''''`ヽー-<彡(  __./
ヽ.  / / .l .l .l l .l  l .r'r l ヽヽ 、      /  、;::: ,:' ';、i'´`ヽ_ / ,.  /ヽ_  ̄¨':: `ヽ
:::: ̄l .l  l. A  l l..l  l .i. `ヾ、  、  ~""''' フ'i    ';;:: ''; >ァ'‐=- `ヾ_/   ,.-'`''ヾ、ー::::::l
-、::::l /i:ヾ´';l ヽ,ヽ. l  l<j   `ヽ、_ヽ.,_ , '  i、   ;; '';//   i' ヽ、. `;//     ヽ;:::::ヽ-,-
.   )i!::'::::>ミ  ヽ,ヽl   lヽ、      ̄ フ-'=ニミ¨>j、>、. '   i  i >_ ._」       ヾー'´::
.  (::i::::::::::::::::` ヽ、ヽj,   l. ヾ、    ,.../ ,.....、  ヽ i/ 'ー=.、_   / .l ::゙''''''''''''::;     ヽ_:::::
   `゙ー‐' ̄ヽ;::::::>'、  l、  ヽr'=-ソ三ソニ=ヽj フ´, _ ,.   `ヾ、./  lヽ ::;:::: :;: .';     ヽ ̄
         |::::::l'`ヽ'、 .l`ヽ、/_∠i=;=.i;<二i!ヽ<_)三ニヽ    (、''ヽ、 i `ヾ ::::';.、   ,....、  ',::
        _,..入_.レ'´`ヽ l ./.,:'´ ::;  :: ';.    ヽ三_≠三i!l   l ヽ 〉、  ヽ'、 :: ゙゙゙'´ :::: `;   l
      /::::/|      くン´,..、::;:':ン:.  ::'   ,:_ ( /` ヽ、三>j¨=ヽヽノ. ヽ   `ヽ、:::::::::,:';   l
      )::/ .l    ./` ´  ,.:::: `ヽ,. :: - '., ;' /  r'、 /`ヽ_二三_)    ヽ     ヽ:::::::::`''''ァ l
     r‐'‐i ,j    / ___  ' ,: :::::::::;:. ::   ` 'ヽ./  ,j  / 'ヽ三ヽァヽ l. l     `ヽ、_ ,.:'  l
.     l :::: | ´ ,r':‐=y'´:::::::i、__.>ー‐<_ ::  ';.  ヾ.__/,.、 ノ ';  ,ヽー:ニ:し、  .l        `>'´
    |_:二| ./__∠::::::: ニ::::::::`ー-''::::::::::::::)、_....';._.....、 ヾ_ノ.  '.;'  li__三三)  l     ,.-''´
できない夫は冒険者として立志するようです
作者 ◆o2mcPg4qxU
ジャンル 安価
原作 オリジナル
投下日 2012年9月4日
投下板 やる夫板EX
状態 完結
最終投下日 2013年6月22日
  

できない夫は冒険者として立志するようですは、オリジナル安価式長編やる夫スレ

作者は◆o2mcPg4qxU。2012年9月4日から2013年6月22日にかけて連載された。

あらすじ編集

できない夫は、冒険者として活動していた。その目的はただ一つ、英雄として名を挙げて、朽ちかけた故郷の寒村を再興することであった。

とはいえ、さほどの学識もなく、村の復興の当てもなく、ただ我武者羅に依頼をこなす日々を送っていた。そんな時、とある依頼で永江衣玖に同行する事となる。

概要編集

作者の前作の「やらない夫は貧弱男爵家を立て直すようです」や「やるめは騎士としてドラゴンを退治するようです」と同じ世界を舞台にした作品。この作品の舞台は、「やらない夫~」の舞台の隣国である「スペースコブラ」であり、過去の作品で出てきたキャラが、度々再登場している。

冒険者としての依頼の内容だけでなく、故郷の復興方針なども安価で決められる。

主な登場人物編集

  • できない夫 - 主人公。速度を重視した我流の剣術を使う冒険者。学も名声も無いが、とにかくお人好し。
  • 永江衣玖 - 電撃を操る魔術師。希望も夢もなく、ただ無味無臭の人生を送っている。できない夫の夢の「熱」を感じていたいと、パーティに加わる
  • 岡島緑郎 - ロックと呼ばれる元詐欺師。現在は足を洗い、主に交渉方面を担当する冒険者として活動している。戦闘能力は殆ど無い。
  • 鈴仙・優曇華院・イナバ - 元軍人の冒険者。とある一件がトラウマとなり、他人との会話が壊滅的。
  • ツナシ・タクト - できない夫が拠点としている宿の店主。
  • 茶渡泰虎 - チャドと呼ばれる冒険者。元は凄腕の戦士だったが、現在は古傷のため、力が落ちている。リハビリ中。
  • 蘇芳・パヴリチェンコ - 廃墟に住み着いていた孤児グループのリーダー。とある依頼でできない夫たちと出会う。

外部リンク編集

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。