Fandom




                                                             ┏┓ 
                                                            ━┛┗┓ 
                                                             ┃━┛ 
                    / ̄ ̄\                                     ┏┻━ 
                  /  へ   \                                  ┏┛  ┃ 
                  (ー)(ー )    |             できない夫は  ━┓            ┗━━┛ 
               |  |         !                        ┃ 
                   rァ-,r`r-、.    |                        ┃ 
               /! ヽi l_ プ´ ̄7     , - ' ´ :::::::::         ┏┛      ━┓ 
              l    l    //イ二ゝ ' ´ ,  - ─/           ┃      ┃  ┗┓ 
                  l    l  /  /\_ , -'´   /  , - ' ´      ━┻━    ┃    ┃ 
               ',   〈__ /ー- 、\二二-‐'´, -'´        , - '"´    ┃  ┏┛ 
           , - '´:::ヽ / 入` ‐ 、.___ノ',ー- 、` ‐----‐ ' ´, - ' ´- 、       ┃  ┃ 
          /:::::::::::::::::/ /:::::::::::::::::::::::::::::::::::i    ` ‐::::::::: ‐ ' ´      ` ‐、    ┃━┛   の物語を 
          l:::::::::::::::::ヽ/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l 
          l:::::::::::::::::::く。::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l 
          l:::::::::::::::::::o::::゚::。:::::::::::::::::::::::::::::::::::::7        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:./i 
          l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/     . /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::| 
             l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ ::::::::::::::::(◎)::::::::::::/:;::::::::::.|          満
          l:::::::::::::::::::::o:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:i::;::::::::::::::|         . た 
            l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::=:::|::::;::::::::::::|         . すようです。 
         /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:」::|:::::::::::::::::| 
         l::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.; (◎):::::::::::::::|::::::::::::/::.. 
            l:::::::::::::: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::/::::.:.:.:. 
         : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ::::::::::::::::::::::::::::::::::___|/::::::::.:.:..: 
できない夫は108の物語を満たすようです
作者 根の人 ◆aeGKBk1TiE
ジャンル ホラー、SF、安価
時代 現代
舞台 日本
投下日 2014年11月12日
投下板 やる夫板のシェルター
状態 完結
最終投下日 2015年8月29日
主な登場人物 できない夫
まとめ このやる夫スレ、まとめてもよろしいですか?
  

できない夫は108の物語を満たすようですは、根の人 ◆aeGKBk1TiEによるオリジナル安価式長編やる夫スレである。

2014年11月12日から2015年8月29日にかけて連載された。

概要編集

根の人 ◆aeGKBk1TiEの長編作品第3作。第1作やる夫に残された時間は24時間のようです、第2作やらない夫は3分間を戦い抜くようですと合わせた「コードシリーズ3部作」の第3作に位置する。

ジャンルは現代ホラー

あらすじ編集

日本に暮らす高校生できない夫は、ある日道端に落ちていたはこを拾い呪いを受ける。怪異の物語を編纂し、匣に納めなければできない夫は存在を喰われて消滅してしまう。

できない夫は新聞部を組織し、怪奇新聞という形で怪異の記事を編纂することにした。新聞部の活動の中で彼は世界の真実、そして自身に隠された秘密を知ることになる。

特徴編集

今作は根の人 ◆aeGKBk1TiEのスタイルを決定付けた作品である。根の人 ◆aeGKBk1TiEは「本当は一作目でこの作品をやりたかった」と述べていることから、本作のスタイルが根の人 ◆aeGKBk1TiE本来のスタイルであると言うことができる。本作で確立された根の人 ◆aeGKBk1TiE的世界観は次作ドクオは人類を滅ぼすようです以降にも受け継がれている。

本作では前作までと同様のメタ的な世界観を持ち、スレの参加者たち自体にも世界観のなかで役割が与えられている。本作において参加者たちはまろうどと呼ばれ、匣の中に巣食う存在である。本作は主人公できない夫の物語であると同時に、“匣の魔女”ベルンカステルとまろうどとの間のゲームでもある。そのため、安価などのゲームシステム的な側面は匣の魔女によりナビゲートされる。

本作では主要な登場人物のほとんどが「心傷トラウマ」を持ち、それを解決しないといずれ悪いイベント(いわゆる「闇堕ち」)が発生する。心傷はいわゆる「厄ネタ」であり、「至る所に厄ネタがある」という根の人 ◆aeGKBk1TiEのスタイルが表れている。また、まろうど達を知覚できるとあるキャラクターが安価で物語を導くまろうど達を「カミサマ気取り」などと煽りまくり、それに対応してヒートアップしたまどうど達が(できない夫が匣を所持しているため)できない夫安価外の悪影響を与えてできない夫が攻撃的になるなど、参加者たちをして「地獄絵図」「これが第1作だったら間違いなく参加者が残らずエターになっていた」と言わしめるほどの高難易度な展開を見せ、全体として安価スレとしては難易度の高いシビアな展開が続いた。

作品は例によって「前作までを知らなくても楽しめる」とされていたものの、第1作主人公である入即出やる夫と同じ苗字を冠する入即出凛の存在をはじめとして、前作までの要素が随所に盛り込まれた(ただし、前作までとは異なる世界の物語であり、前作までを知らなくても物語自体の理解に支障はないため嘘ではない)。また、「系統樹スレッド」という概念が登場していよいよ世界観の全貌が明らかになり、まさにコードシリーズ3部作の集大成という作品となっている。

特徴的な安価形式としてU-WA-SA-NETがある。これは、物語中に登場するオカルト関連の話題を扱う掲示板「U-WA-SA-NET」への投稿者になりきって書き込みを行うものであり、普段は空欄にする名前欄を「語り部名無し」にすることが要求された。

主な登場人物編集

新聞部編集

  • 日高できない夫 - 主人公。開始3日目にして入即出凛に「外道が……ッ!」との評価を受けた。
  • あきつ丸 - できない夫の幼馴染。
  • デュフォー - 退魔師で、森近霖之助の弟子。不良っぽい立ち振舞いでよく補導される。
  • 入即出凛(遠坂凛) - 先輩。霊子ハッカーという種類の退魔師。入即出やる夫の娘。
  • ルドガー - 先輩。廃部になりかけの新聞部の唯一の部員だった。いつもぼんやりしている。
  • 読子・リードマン - 読書家。大量の本を新聞部の部室に置くために入部した。
  • 泰こころ - 初対面でできない夫の性質を見抜いた。

退魔師編集

怪異編集

その他編集

外部リンク編集

関連項目編集

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。