Fandom




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                      僕を見つけると
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


           ,〟-‐:::::::::""":::‐- 〟    , ィ'
        , r ´::::::::::::::::::::::::::::::::;x‐‐-ッ-ヽ '彡'-〟_
      /::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ o ./:::  _::_:::::`ヾ、‐,シ;、,
     /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ .o. / `ヽ、〟___;二ニ´イヽ `.ヽ、
    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ .o. /:::::::: l,`ヾ、ヽ ,>、:::::ヾ、:::ヽ
   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ .o. /:::::::::::i、::l、 `X:、 ._ヾ;::ヽヾ;:',
  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ o. /:::::::l:::::::| ヾヽ,  X/_,、 ヾl、 ヾ',
  :::|::::|::::::::::::::::::::::::ヾ:::/ o. /::::::::::|、:::::|  ヾ、. ! l;;;ヾヽ .| ヽ, ヽ
  :::|::|:::::::::::::::::::::::::::ヾ/ o /:::::::::i::::| ヾ::|   `  `ヾ-'.、`  l
  ::|::|::::::::::::::|::::|::::::|::::ヾ j::::::::ト::|::::| Χl,           |
  :|:|::/:::::::::::|:::::ヾ:::::ヾ:::〉'イ|:::::| .|::::| /  ヽ       '   l
  j:::/::::::::::::::|::|:、:ヾ_;;;;X´ヾ:|;::::| |:|/  //       。 .l     ニャア
  ::/:::::|::::::::::|::|::ヾ:ヾ::::::::ヾ:ヾ|:::| !   ./;‐<\       l
  |::::::::|:::::::::::|::|:::::ヾ::ヾ:::::::::ヾヾ:|   /;;ゞ-.',ノ 、`    /
  |::::::l:|::::::::::|:l::|::::::::::ヾ:ヾ::::::::::::ヾ、,   `゛´ 、`   , ィ ´
  :::::::l::|:::::::::|:|:l:|::::::::::::::|`ii::ヾ、::::::::`ヽ、    , イ|:::::l,
  :::i::l:::|:::::::::|::::l::|::::::::::::|::|:|:|::::::`ヾ::::::::::ヽ,'7i´ i | .|:::|ヾ、_
  ::イ|::::|:::::::j::::::|::l:l:::::::::j:::j::|::::/.|:::|__ヾ、:::::ヾ、!ミミノ  ヾ;、
  ::|:|::::::|::::/:::::l::::Χ::::::j:://:/`j::::j、_  ィヾ、::::ヽヽiミ .、, ヾ;、_
  ::|:|::::::l:/:::::/::::/ハ、::ヾ/ベソ::/===、、,ヘ:::ヽ ヽヽ,.`l,
  ::|:|:::::/:::::/:::://:::::/:X:ヽ ,/:/      {  ヽ:::l ヽ、ヽl
  ::|:|:/::::::/:::://::::::/::/ ヾ、:<,-- 〟    `ヽ、}::}  }ヾ,
  :::j/:::::/::://::::::::/::/,ィ/ \ヽ、 `ヽ     }::}`i‐{ .}
  /::::::/::://:::ィ:::/:/´'´ /   `ヽ`、;...ヽ  , .j::l | .| j
  :::::/:::///,,l::/:/`ヽ ./       `ヾ、ミメ、ノ/ ,j | |
  :/::://:::|',´イ//   〉'          } ソミノノヽムノイ
  :://;:::::::| /::l:l  .x(          __}ムイヾ,/l   |
  :/::|l;::::::| /:::l://>/`、         ノ   〉 |   |
  ::::::| 'l;:::::'::l::|'_//'|  `i 、,...  ....::::,::イ   / .j  〟、l l.ニl, ̄ ̄``"'''''‐‐-   __


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                 と、聞きなれた声で鳴いたのだ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

できる夫は猫と暮らしているようです
作者 ◆wcAdfk/jPk
原作 オリジナル
投下日 2018年9月1日
投下板 小さなやる夫板
状態 完結
最終投下日 2019年6月5日
話数 27話
主な登場人物 できる夫佐々木暁美ほむら水銀燈翠星石
まとめ だっておwwwキャンセル
やる夫が人生でいいじゃない
やる夫達のいる日常
  

できる夫は猫と暮らしているようですは、オリジナルの長編やる夫スレ。

作者は◆wcAdfk/jPk。2018年9月1日から2019年6月5日にかけて連載された。

概要編集

できる夫がかつて同棲していた元恋人が亡くなった。どういう感情を持てばいいのかわからずにいるとき、ワクチンを打った飼い猫が元恋人とうり二つの姿となってしまって……。

猫が人間の姿になる事例が発生した世界で、自身の過去や世間の動きに翻弄されるできる夫の心情が淡々と綴られていく。

主な登場人物編集

  • できる夫 - 高給取りの会社員。出て行ってしまった彼女の残した猫と一緒に暮らしているが、仲は良くない。
  • 猫 - できる夫の飼い猫。ワクチン注射によりできる夫の元恋人の姿となってしまう。
  • 佐々木 - できる夫の元恋人の友人で、できる夫とも幼馴染。口は悪いができる夫に協力は惜しまない。雑誌記者。
  • 水銀燈 - この一件に関する行政の責任者。無類の猫好きだが仕事ぶりは少し頼りない。
  • 翠星石 - 飼い猫が亡き父親の姿になってしまった中学生。飼い主のための説明会でできる夫と出会う。
  • できる夫の元恋人 (暁美ほむら) - かつてできる夫と同棲していたが、突然出て行き音信不通となっていた。交通事故により帰らぬ人に。

外部リンク編集

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。