Fandom


                     ‐''",ィ:.≧7´   `'ー 、,,._
               /`´  /:.:/  ヽ.ィ=-‐‐  \ ̄\
           _,,./   {:  {:.:.{:    ∨.:      ヾ  \
           /     ! 、 ヽ:〉,}   ∨       ` . ヽ
             / !   |!_ノ_` <..:i.    ',ヽ:` ー..、       `>、       _____
         / |l| ハi| .{ィ,==   〉ハ    ハ \: : :>.、       \   , ィ         ヽ
             l{'从:i人リノ   /'  ∨   ',、  `<.:._ヽ        /           丶
               ノ      /  /:∨.  ∧>..,  `<ミュ:>、     /              ヽ
               \ _        ヽ.   \.: :|>‐- ..._ `    7                i
              ヽ   _,,.ィ. _,..-'''ハ:、   `ー--==  ノ ̄    |                !
                `≦>''´ ̄::.<彡=マ:ー―‐.--―=ニ´     i:ヽ、___,´ `、,____,イi
  __    _   / ̄ 7´...  .....:::>'′\ `i: : : :',             ! | |::::::::| |  | |::::::::| | |
     `~ メ:::ヽ `¨ '' ‐=ニ ̄二ニラ´/    ヽ{: : : :ハ            ' ヘ、`ー´ノ   、 `ー´ ノ ,!
  |    {:::::::::::ハ       \..__  /    {:. ハ: : : ∧         i   ′    |     ヽ   i
 リ、__,,.. .-‐ '':∧         , '     ノ  i }: : : ∧         i   ヽ __ノヽ、____ノ   :i
  :レ      . .:∧  /    /     /: i  | |、:\ ∧          |     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    j
       "'' ‐- . :ハ    _,/      , '  |  : { ∨ : : :ヘ        ハ               /
  ,,.. .-‐= ''':フ' ̄\   {ハ        __r‐、_r‐-、 ∨: : : :ヽ、     _,.....|ヽ           ,ィ,'__
    |:::::::/::/     ∧  リ:/ヽ.   /::::::::::::::::::::::::::::`ト、  : : : :    7::ヽ、i  > .       . イ/ i>>、
     |:/.::::::;       ー-'′ \  〉:::::::>-‐……‐-〉:::\: : : : :   j::::::::\    ̄  ̄,'   /i-、 /:::::::ヽ
    /.::::::::::〃 /     ,ノ , イ/::::/        \:::::‘,_   /:::::::::::::::i      ノ  /   /:::::::::::::::::\
  /.::::__,,ノ { /,イ三三二≡=メ   〉::::,'  i i i !   i  i i l_:::::ヾ:〈  ::::::::::::::::::::|         ′  |:::::::::::::::::::::::::>--..、__
 -=''´   //三三三三三/    |_::::{ /|ハハ∧/l/lハ| i〉::::|i:::〉  ::::::::::::::::::::::|--ヽ、__,--―j::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::>-、
      〃.::三三三三三:〈     l_人_! о     о j.ノ:::::@ノi  :::::::::::::::::::::::|ーヽ、__,- ―i:::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::/::::::::::\
                        `|八   、_,、_,    | |iV´l  i ::\:::::::::::::::::|           |:::::::::::::::::::/:::::::::::::::/:::::::::::::::::ヘ
                      | | ≧=‐- -‐=≦| |   |  | ::/\::::::::::::|           |:::::::::::::/ヽ:::::::::::::::/:::::::::::::::::ヘ
                         」_|_ /:f⌒@⌒i:::V__l   l  l  :::::::::::::\::::::|           |::::::/:::::::::::\:::::::::i:::::::::::::::::ヘ
                          〉=r'〈:::::ヽイハヽイ::::〉=r' 人 ゙、 :::::::::::::::::\|           |/::::::::::::::::::::::/::::::i:::::::::::::::::::::::
                          `ソ /::::7:‐l」::l」:‐ヤ´:ソ、 ィヤニニ>、:::::::::::::::::|           |:::::::::::::::::::::::::/:::::::::i:::::::::::::::::::::::
とある天才とアンドロイドのおはなし
作者 サイダイ ◆BvDPwMZBD2
ジャンル コミック、SF
原作 津田雅美「鋼の雪」
時代 未来
舞台 宇宙
投下日 2017年9月10日
投下板 普通のやる夫板
状態 完結
最終投下日 2017年12月30日
話数 10話(番外編2話)
主な登場人物 やらない夫真紅ホシノ・ルリ
関連項目  
まとめ やる夫が人生でいいじゃない
  

とある天才とアンドロイドのおはなしは、津田雅美の「彼氏彼女の事情」内の劇中劇「鋼の雪」を原作としたSF系中編やる夫スレ。

作者はサイダイ ◆BvDPwMZBD2。2017年9月10日から同年12月30日にかけて連載された。

概要編集

津田雅美の漫画「彼氏彼女の事情」内で、主人公達が文化祭で演じた劇「鋼の雪」をやる夫スレ化。

原作が劇中劇ということもあり、原作では描写しきれなかった部分をやる夫スレ化にあたって補完、また最終回後のエピローグが追加されている。

あらすじ編集

宇宙船内でコールドスリープ中のロボット工学者、やらない夫・クロフォードのもとを一人の少女が訪ねてきた。名前はルリ。最新型のアンドロイドで、自分たちアンドロイドの創造主であるやらない夫に会うために来たという。

やらない夫と協力して研究を進めるルリは、やらない夫の愛情が、自分よりも遥かに劣るアンティークに向いていることに嫉妬を覚える。

一方やらない夫は、ルリが自分の知能を完全に超えていることを知り、ルリがそれに気づくことにひそかに怯えていた…。

主な登場人物編集

  • やらない夫・クロフォード - かつては天才ロボット工学者として名を馳せていた科学者。現在はアンティークとともに地球を離れている。
  • アンティーク - やらない夫が創ったアンドロイド第一号。知能は7〜8歳程度。かなり老朽化しており、やらない夫の命令にもまともに答えられないが…。
  • ルリ - やらない夫のもとを訪ねてきた最新型アンドロイド。

外部リンク編集

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。