Fandom


                               γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶
                               |      チク・タク。チク・タク。     |
                               乂_____________..ノ




        γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶
        |     ―――――来なさい、愚かで脆い私の玩具。     |
        乂______________________..ノ




                     γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶
                     |     お前の涙を見せておくれ。お前の魂を見せておくれ。     |
                     乂_________________________..ノ



               //////////////////////////////////////////∧
                  ////////////////////////////////////////////∧
              ///////////////////////////////////////////////l
                 l'///////////////////////////////////////////////,!
                l/////////////////////////////////////////////////!
              l/////////////////////////////////i'///////////////l
                l/////////////////////////////∧//,l'///////////////,l
              l/////>//////////// ////////// .l//,l////////////////!
           l/>//////////'/// //////////   !//l///////////////∧
        ,. </////////>'"_///  ,イ//////// _,. !//!ヾ///>、////////∧
     ,. <////////////,ィヽ /,.ィー、ヽ イ///////''"´ ___l//! ∨/<" i\'//////∧
. , <'///////////////////  乂ソ'////// ーィf了::::::丁}/,l  ソ ノ / //////////\
/////////>'"/////////ゝ  ///>''"     '" 乂:::ソ .!/l    ー /////////////\
,'/////// //////,/////∧/,/  .:        ー‐   !/!  , i7/////////////////,\
/////  ///////////////     /                /,/  / .{'////////////////////\
//     //////'//////,.ィ/∧    ヽ               /,/ ,    }\'////////////////////\
"     ////// !/////,.イ!///// 、                /,/     ,  \/////////////////////\
    //////! l/>',.イ//l////>''\  ` ー―‐      /,/    /     ヾ'/////////////////////\
.  ////////!,イ イ/////l//ニ二二\         イ/,/   /     .!二ニ=-__////////////////
//////////l'" V///////!ニニニニニニヽ、   _,.     /,/ /          !ニニニニ=-_///////////
///.{///////,i   V/////,∧ニニニニニニニ二/  ',   _// '"         lニニニニニニニ=-_/////
'/  l///////∧  ∨/////∧ニニニニニニ二/   l./ //               !二二―ニニニニニニヽ'///
ねらう緒は聖杯戦争を生き残れるの…………?
略称 カムクラ聖杯
作者 エイワス ◆ovWgAQvoZA
ジャンル ゲーム 安価
原作 Fateシリーズ
時代 現代
舞台 日本
投下日 2013年12月18日
投下板 やる夫板EX
状態 完結
最終投下日 2014年1月31日
話数 25話+α
主な登場人物 ねらう緒湊斗景明カムクライズル
まとめ やるぽん!
  

ねらう緒は聖杯戦争を生き残れるの…………?は、TYPE-MOONの伝奇活劇ビジュアルノベル「Fateシリーズ」を原作としたゲーム系中編安価やる夫スレ

作者はエイワス ◆ovWgAQvoZA。2013年12月18日から2014年1月31日にかけて連載された。

概要編集

作者の安価式Fateシリーズ原作やる夫スレ。長編五作目の「彼らは月の聖杯を求めるようです(彼月)」の連載中に制作された年末特別企画。

コンセプトとしては「ウチのスレでねらう緒を使ったらどういう目に遭うか」[1]。「ご近所」の他作品[2]で主人公に起用されてはとんでもない目に遭ったり面白いことになったりしているねらう緒を見て触発された企画であり、コンセプト通りにキャラクターメイキング段階から酷いことになっている。

英霊や願望機の規模としては「きめぇ代は聖杯戦争で振り回されるようです(史実戦争)」と同程度であり[1]、世界観の背景設定も史実戦争と同じくFate/Apocryphaに近い。

あらすじ編集

平凡な一般人だったねらう緒は、ある日偶然目をつけられたカムクライズルによって体内に異物を埋め込まれる。
それからというもの、彼の人生は一変した。

肉が潰れ、骨が砕け、体中が歯車に置換されていき、時計の怪物と化していく。
珍しい材料として様々な魔術師に狙われ、捕まり、実験され、逃げ出してを繰り返す。

そうした地獄の中で、身も魂も限界寸前のねらう緒の下に、元凶たるカムクラから聖杯戦争の招待状が届く。
ねらう緒はその身の全てが時計に侵されてしまう前に、カムクラを倒すことを決意する。
自分のような犠牲を、これ以上出させないために。


―――――チク・タク、チク・タク。
邪神は嘯く。
ツマラナイ世界に嘆息しながら、自分を愉しませる者を待ち続け、邪神は嘯く。
―――――チク・タク、チク・タク。

主な登場人物編集

  • ねらう緒 - 本作の主人公。数年前にカムクラに襲われ、異形の改造人間と化した青年。相打ち前提でカムクラを倒す悲壮な覚悟を固めている。
  • 湊斗景明 - ねらう緒が召喚したサーヴァント”バーサーカー”。宝具を開放していない平常時は理性を保っている。
  • カムクライズル - 今回の聖杯戦争の主催者かつマスターの一人。ねらう緒に地獄を見せた元凶で、正体は邪神チクタクマンの分霊。ねらう緒を「愚かで脆い私の玩具」と称して気に入り、自分を討ちに来るのを待っている。
  • 柏崎星奈 - マスターの一人。開催地のセカンドオーナーの娘。巻き込まれだが街を守るために戦う。
  • クラウス・V・ラインヘルツ - マスターの一人。秘密結社「ライブラ」のリーダー。邪神カムクラを倒すために参戦した。
  • 纏流子 - マスターの一人。父の仇であるカムクラを倒すために参戦した。
  • グリニデ - マスターの一人。死徒化した魔術師。
  • ヴェルゴ - マスターの一人。魔術協会からの依頼でねらう緒を捕獲しに来た魔術師。

外部リンク編集

関連項目編集

脚注編集

  1. 1.0 1.1 彼らは月の聖杯を求めるようです 6日目 その20を参照。
  2. 関連項目を参照。
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。