Fandom


 |   !l |! !   | !     | ! l    |  ! l  |! |   !ll  |! l  |!|   !l  |   !   ! |
                  !ll  |! l  !|     | ! l     !    l|  l  |!|   !l  |
私は幸せになってはいけない l l  |   !ll _ l        | !|   !l  |
私は彼女を見捨てたのだから !l  |   ,...:::::::::::::::::::::::....、  !l |! !   | !     | ! l    |
                      /:::::::::::::::::::::::::::::::::\  |! l  |!|   !l  |   !   ! |
 !l |! !   | ! !ll  |! l !|  l   !ll ,.:':::::///7//7//7//l:::::::::..   !    l|  l  |!|   !l  |
  !l  |   !   ! | !  !ll  |! l /:::::/::::::,::::::l:::::l::::::::::: |::::::l::::.  | !|   !l  | |! !   | !
|   !ll  |! l  !|   !l|   |   ,::::::イ:::::::l:::::::|:::::|::::::l:::::|::::::|::::l|   !l |! !   l  ! !   |!
  !l |! !   | !  i   | !  | ! l:::/::!:::::::|:::::::!:::::!:::: |::: |::::::|::::|
!   | !     | ! l   ! | lll |:{l:::::,::::: |:::::イ,:::ハ:::::|:::::!::::::!私は幸せになってはいけない
  i l       l    i | i  !|:ハ:::ハ:::イ!::/ リ ヽ:|:::リ::::::|:私はやりなおす事を諦めたのだから
l     i   il l  |   illi ..|! !|! }::::::リ l/     ヽ:从:::lソ::|
 |   !l |! !   | !     | ! l | ,:::l::l:、         l:::|::: |! l  |!|   !l  |   !   ! |
 !l |! !   | ! !ll  |! l !|  l   !ll ,::::|::|:::.、  ―  , イ:|: |::::::.  !    l|  l  |!|   !l  |
  !l  |   !   ! | !  !ll  |! l / :::|::|/7` 、ー, ´///,|:::|、::::::. | !|   !l  |
 ! l  |! |   !ll  |! l  |!   _/<,|:::|//////∧////,|:::|l レ\__ | !     | ! l    |
! |   !l |! !   | !     | ! /:.:.:.:.:.:|:::::,////イ/l ヽ///::://:.:.:.:.:.:.} |!|   !l  |   !   ! |
 !l |! !   | ! !ll  |!.      /:.:.:.:.:.:.:.|、::::,/// /∧  l/:::://!:.:.:.:.:.:.:l    l|  l  |!|   !l  |
  !l  |   !   ! | !  !ll /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:lト、::./ / l/l /イ:///:.:.:.:.:.:.:.:.:、   !l  | |! !   | !
|   !ll  |! l  !|   !l|  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l//\/l !/l /イ//:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.>! !   l  ! !   |!
  !l |! !   | !  i   | ! \:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l////,| |/l////:.:.:.:.:.:.:.:.:/  |! l l  | ! l  |!|
!   | !     | ! l   ! | ∧ 、:.:.:.:.:.:!////| lY! l//,':.:.:.:.:.:./l:::::::.    l|  l !|  l  !ll
  i l       l    i | /::::, \:.:.:.l/// | l |.! l//:.:.:.:./ /::::::::::,  |!|   !l  |
l     i   il l  |   ill/:::::::',  \|//:.:.| | |.! l/_,:./  ,::::::::::::::::,|  !ll   l  |!|
ほむ × やら
作者 私のやる夫劇場作者
原作 オリジナル
投下日 2012年1月11日
投下板 やる夫板2nd
やる夫スレヒロイン板(新)
状態 完結
最終投下日 2015年1月17日
話数 73話 + α
主な登場人物 暁美ほむらやらない夫佐倉杏子できる夫
  

ほむ × やらは、オリジナルの長編やる夫スレ

作者は私のやる夫劇場作者。2012年1月11日から2015年1月17日まで連載された。

あらすじ編集

恋人のほむらとやらない夫。一見普通のカップルだが、ほむらは見滝原でまどかを救えず逃げ出したという辛い過去があった。やらない夫とのささやかな日常に癒しを求めるほむら。しかし、そんな生活にも裏があり・・

概要編集

鹿目まどかを救うことを諦めたという設定の暁美ほむらを主人公にループを繰り返してきた彼女の苦悩をやらない夫との日常を中心に描く。ワルプルギスの夜によって見滝原が崩壊した後の世界の物語であり、登場人物が疎開してきた町を舞台にストーリーは展開する。

タイトルや主人公二人のコミカルなやり取りとは裏腹に、魔法少女まどか☆マギカ準拠のストーリーは非常に陰鬱で運命から逃れようとしたほむらの弱さが丁寧に描写される。

当初は中編として描かれたものの読者の評判が良かったため長編化し、閉鎖したやる夫板2ndから乗り換えつつ3年の連載に幕を閉じた。純粋なハッピーエンドを実現したラストは好評をもって迎えられた。

主な登場人物編集

  • 暁美ほむら - 魔法少女。ドS。繰り返される悲劇に耐えられず、まどかを見捨てたことを強く後悔している。
  • やらない夫 - ほむらの恋人。猛アピールの末に交際を始めるも彼女に振り回される苦労人。当初はほむらに鬱陶しがられていたが、やがてかけがえのない存在になっていく。
  • 佐倉杏子 - 魔法少女。ほむらの計画に快く協力する。
  • できる夫 - 恋愛脳の変人。仮想世界ではまどかと付き合っている。
  • やる夫 - ほむら達の行きつけのカフェで働いている。
  • やらない子 - やらない夫の妹。ほむらを「お姉さま」と呼んで慕う。

外部リンク編集

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。