Fandom


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_:_::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::__::、:::─:-: ″:′::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::-"::′″″;;;;;;;;;;;;;;::;;:::::::;;:::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,/::  丶ミゞ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::δ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::  ヾ″°;;;;;;;;;;;;;;;;::::;;:::;;;;;;;::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::-:::: ″ゞ;;;;;;;;;;;;;;;:::;;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::○::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ ′°″丶;;;;;;;;;;;;;:::;;;;;;;;;;;;;;;;;;:ヾ
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::; ″"::ゞ ′;;;;;;;;;;;:::::     ::::::::::;;;::::::;;;;;;;;;;:
:::::::::。::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::。:::::::::;:::ヾ ″′ ;;;;;;;;;;;;;;;:::::::;;;::::     :;;;;;;;;;;
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::":: :
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!::;;     :::::::;;;::::::::::″
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:  :::::::: ;    :::::;
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;::       :::;ミ
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|::         ゞ
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| :
やらないのか夫がエルツとレナスを救うようです
略称 レナス2
作者 ◆s3XYIGFTXo
ジャンル ゲーム
原作 レナスⅡ 封印の使徒
投下日 2010年12月25日
投下板 やる夫板II
状態 完結
最終投下日 2011年4月3日
話数 全25話
主な登場人物 やらないのか夫中野梓御坂美琴Vガンダムやらない夫翠星石やる夫
  

やらないのか夫がエルツとレナスを救うようですは、アスミックのRPG「レナスⅡ 封印の使徒」を原作としたゲーム系長編やる夫スレ

作者は◆s3XYIGFTXo。2010年12月25日から2011年4月3日にかけて連載された。

概要編集

2009年に連載された「やる夫がレナスで古代機械の記憶を呼び覚ますようです」の10年後の世界を舞台にした、正統な続編である。但し、作者は「前作を読まなくても話は理解できる」とアナウンスしている。また、本作はレナスIIだけでなく小説「レナス 崩壊の序曲」の設定も反映しており、6スレ目からは小説も原作として表記されている。

原作であるRPG「レナスシリーズ」は、本来三部作の予定であったが「レナス 古代機械の記憶」と「レナスⅡ 封印の使徒」の二作を以て、諸事情によりシリーズ打ち切りになってしまった。その結果、原作ゲームにおいては一部の謎や伏線が明かされないまま、シリーズは終了してしまった。

このスレを作成するにあたって作者は、それらの事情を汲んだ上で、レナスⅡで物語を終了させるように改変すると事前にアナウンスしていたが、レナスの原作者が「やる夫レナス」のことを知り、紹介、絶賛したことからスレ作者との縁が出来た。その後、スレ作者は原作者と交流を持ち、シリーズ打ち切り後の展開の一部を原作者より聞くことが出来た。

スレ作者は、原作者より聞いたシリーズ打ち切り後の展開の一部をスレ内容に反映させると明言した。この事により、原作でも公開されなかった謎の一部をやる夫スレが補完するという、極めて異例の事態が起きることになった。[1]

あらすじ編集

光の無い世界アンデルには、神が降臨して光をもたらすという言い伝えがあった。

そのアンデルに、主人公ファルスことやらないのか夫は神として降臨する。従者として、中野梓できない夫を率いた彼は、旅路の果てに、祈りを捧げるための洞窟に到着する。

これでアンデルに光が訪れると喜ぶやらないのか夫達であったが、そんな彼らの前に立ちふさがったのは、10年前に衛星レナスを救った勇者の一人、やらない夫 であった。

主な登場人物編集

やらないのか夫
主人公。作中では原作ゲームのデフォルトネームである「ファルス」の名前で呼ばれている。基本的に穏やかで、やや天然な性格だが、戦闘中は激昂することも多い。
中野梓
アンデルに住む孤児の少女。音楽の練習を日課としている。生真面目かつ優しい性格。基本的に誰に対しても敬語を使うが、御坂美琴に対してだけは、年下ということもあってかタメ口であり、友人として付き合っている。
御坂美琴
電撃系魔法を使いこなす少女。妹の仇、ギルレイ・ゾークを探して旅をしている。やがて戦いの中で、復讐以上の目的を見つけていくことになる。やらないのか夫から(本人に悪意はないのだが)よくセクハラを受ける。
Vガンダム
「ボンボン版Vガンダム」を元ネタとするハイテンションな男。前作主要メンバーと関わりがある。いいかげんで金に汚い性格だったが、戦いを中で次第に成長していく。
やらない夫
前作の主要メンバーの一人。世界に光をもたらそうとするやらないのか夫の前に立ちふさがる。
翠星石
前作ヒロイン。現在はやる夫と離れ、名前をミディアと改めている。やらないのか夫達は旅の途中で彼女と出会うことになる。
やる夫
前作主人公。現在はエルツの首都、ニグレンの最高権力者である護民官を務めている。名前をペトロと改め、言葉遣いもまるで別人のようになっているが……。10年前にレナスを救った英雄であり、その実力は現在でも健在。

外部リンク編集

関連項目編集

脚注編集

  1. なお、著作権上の問題からかスレ作者は「このスレはあくまで二次創作である」と明言しており、原作者による紹介も、公認ではなく黙認であるというスタンスをとっている。
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。