Fandom


               ,. -──- 、.,_
         r─- ∠..,,_  ⌒ソ_  `' 、
         ,ヘ、      `"'' <,    \                    / ̄ ̄\
        ,-ゝ>-──- 、.,_   `ヽ   ハ                 /   _,ノ `⌒
       /{/  /./     `' 、 ∨ ア⌒ヽ            |   .( ●)(ー)
        {/ /  /- 、|   ト、   |!   ヽ ソ ァ'⌒Y⌒';            .|    (___人__)
       ;' ;'  ,' ァテ、!   | ,  ハ 、 ∨ 、__.人__ノ!          |        ノ
       | |!  |! { { ハ\_| }_/─|、.ハ  ∨ |    リ            |        |
       |八  '、 弋リ   ァ=テ‐t、|  }  ',  /             人、       |
        ./ \7   ,      {ノ  リハ  |!                ,イ:. ト、ヽ、 __ ,_ ノ
        ;   /人        ゝ‐''゚ソ  八    '、   .,.-ーー -‐ ´:::::::::::::::::::::::::::::7
         { ∧ ,ム、 ` ー(   "∠..,.イ /\    /..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: く'、
        ∨,.-,\八ヽ.,__,.   イ/|/レ'    )  ノ.{ :::::::::::::::::::::.ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. 、_
        /:;(_   \」-r]  /`'</‐-.、 (r ''"´ '| ::::::::::::::::::::::..`、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::..`ヽ
         {::!::;:}   /::;r/ |/   /rへ;::::\    '| ::::::::::::::::::::::::::::i_::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ::ゝ
      ./二二ヽ .{:://レヘ>、__,/r'   \:::::\   ト、:::/ / ̄`` ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!:::::::.ヽ
      {  ─-り |/.イ!レ'  ///  __  ∨:::::ハ  ヘ ´:::::::::::::::::. ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::_,rー'、
      ./| ─-ノ、r{/ !  / .{/  / ̄`ヽ }:::::|:::|   }:,∨ :::::::::::::::::: ト、:::::::::::::::::::::::::>< ̄\::..\
      {| ト-rァ'::} 7  ,|/   /  / ̄`ヽリ/::::::;:::;'   .}:::∨::::::::::::::::、-''゙~ ̄ ̄ ̄ ̄:::::::::...\ ム:::::ヽ
     |! |::::ゝ-ヘ. {  ◎、   ./   .{_   //::::::/::/}    l::::∨ :::: /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,.、/...:::::::::ヽ}
                                  {::::::\,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/" ̄:::::::::::::::::::::::::ノ
やらない夫とにとりは共存しているようです
作者 お砂糖 ◆SikV764Y9E
原作 オリジナル
投下日 2012年6月19日
状態 完結
最終投下日 2012年12月29日
話数 19話(番外編3話)
  

やらない夫とにとりは共存しているようですは、オリジナルの長編やる夫スレ

作者はお砂糖 ◆SikV764Y9E。2012年6月19日から同年12月29日にかけて連載された。

概要編集

ある日の昼頃、独身貴族のやらない夫は特に目的もなくぶらぶらと散歩していました。彼が近所の川を通った時、川の上流から服を着た少女がどんぶらこ~どんぶらこ~と流れてきました。それを見て思わず拾い上げたのが切欠となり、やらない夫は流れてきた少女にとりと一緒に暮らすことになりました。

めでたしめでたし。

と、いった流れで始まる2人の日常を描いた物語。ただし、にとりは人間ではなく、正真正銘の妖怪「河童」。これは、現代の文化に慣れていない河童が、人間の家に転がり込み、その場のノリとボケときゅうりを武器に日々を過ごしていくコメディである。

主な登場人物編集

  • やらない夫 - 主人公。人間。小さな集合住宅の大家であり、基本的には自宅にいる。
  • 河城にとり - やらない夫と一緒に住んでいる河童。好奇心旺盛でお調子者。きゅうりさえ有れば生きていける。
  • 高嶺清麿 - 集合住宅の住人。大学生。やらない夫達との仲は大家とか関係なく良好。
  • 物部布都 - 清麿と一緒に住む尸解仙。同居の経緯は割とやらない夫と被っている。
  • 井之頭五郎 - やらない夫の友人。清麿の通う大学の食堂で働いている。「鬼にも勝る」と言われる程の酒豪。

外部リンク編集

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。