Fandom


                               ,. -─=─- 、.
                          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\  `丶、
                         やらない夫の     >  _イ、イ  ト, ト,    
                         ________/    ゙rww゚ .) l i.l´.i \   
                  ___00         _ 00        ` ゙̄i ゙i,l゙,r' i  ゙i  
                  | ∟   ⊆⊇、  └‐┐ |    __     ⊂⊂ ア⌒'Y'⌒'゙i  
                  |_厂  └‐┐ |  ┌‐┘ |   └┘/7    ((,.(  )二ン、   
                      l  く/     ̄ ̄     <ノ    (,) (,)      
                      |    /;;ソ     n      ⊆⊇、       
                __rii――i----il;`  三  ⊆ ⊇、  └‐┐ |   に二ε=|⊃
               ∩]'゚三三゚i゙~( ̄         ̄U ̄     く/.      .
               /il::!⊂)  ̄             _n__     n n    _n__    __n_
              ノ |l:( l                 └i七┐   l」 l l    ⊇ ⊆    ` て 「
                / ̄                 (r匕r'_)    .rリ    (⊆广     .r'丿
                          \                /
                           ゙丶、           ,. ィ
                              ` 'ー-=====-‐'' ´ 
やらない夫のドラゴンキラーあります
作者 ◆t6DiLbWf06
ジャンル ファンタジー
原作 海原育人「ドラゴンキラーあります」
投下日 2011年7月9日
投下板 やらない夫板II
状態 完結
最終投下日 2012年5月6日
話数 第1部:9話(番外編18話)
第2部:10話(番外編13話)
第3部:8話(番外編10話)
主な登場人物 やらない夫やる夫セイバー球磨川禊イリヤ
  

やらない夫のドラゴンキラーありますは、海原育人の小説「ドラゴンキラーあります」シリーズを原作とした、ファンタジー系長編やる夫スレ。

作者は◆t6DiLbWf06。2011年7月9日から2012年5月6日にかけて連載された。

あらすじ編集

金と暴力が支配する街・バスラント、軍人崩れの便利屋のやらない夫は、仕事にありつく為酒場に向かう途中、街に来た新参者できる夫が起こしたいざこざを仲裁した。その後、何も無かったかのように酒場に向かうと、場の流れで半ば無理矢理マスターからできる夫の仕事の世話を任されてしまう。

嫌々ながら仕事の斡旋先に向う途中、突然できる夫目当ての軍人らしき連中に絡まれる。危なげも無く撃退したやらない夫が、できる夫に事情を問い詰めようとした瞬間、背後に現れた新たな存在に一瞬にして意識を奪われてしまう。意識が無くなる直前、彼の目に映ったのは女性。一目で直感する。

こいつは、ドラゴンキラーだと。

ドラゴンキラーに恨みを持つ便利屋と、実直な性格のドラゴンキラー。2人の織り成す波乱万丈の日々が今、始まる。

概要編集

全3冊からなるライトノベルを原作にした物語。現実世界に近い世界観だが、竜を始めとするファンタジーな要素も所々混ざっている物語。「ドラゴンキラーあります」「ドラゴンキラーいっぱいあります」「ドラゴンキラー売ります」の順番でどうぞ。

主な登場人物編集

  • やらない夫 - 主人公。偏頭痛持ちの便利屋。ドラゴンキラーを毛嫌いしている。
  • やる夫 - バスラントで幅を利かせる酒場のマスター。各方面にかなり顔が広く、影響力も強い。
  • セイバー - やらない夫を叩き伏せたドラゴンキラー。頭が堅くあまり冗談が通じない。
  • 球磨川禊 - 街で情報屋を営む男。表立ってはパン屋を経営している。
  • イリヤ - クマーの店でやらない夫が知りあう少女。街に合わない身なりをしている。

外部リンク編集

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。