__       ____     __ ...___    ._______.   ___     .___    __ _____   ._____
     /    .\   ./       |    /  / ../     |    .|         / ./ __ \   |   /   /  /./  ____/ ./      |
    ./ / ̄ ̄|_l   /  /|   |.   /  /  ./  /|  |   ... ̄ ̄/  / ̄ ̄ ./  /  /  / ../  /   /  / . /  /       /  / ̄ ̄|. l
   /  '、___     ../  / .|   |  /  /  ./  / .|  |      /  /     ./  /     ̄  /  /   /  / ./  /___  ../  /___/ /
   \     \ .../  /  |   |  /  / . ./  /  |  |       ../  /     ./  /        ../  ー─‐'   / ./      /  /  ___  ./
      ̄ ̄|  |.../  /   .|   |. /  /  /. . . ̄   |      ./  /     ./  /        /  ,----;   / ./  / ̄ ̄ ̄ ../  /   |  |
       /  /./  /    |   |/  / . ./  / ̄ ̄|  |     ../  /     ./  /   __  ../  /   /  / . /  /      /  /    |  |
  ___/   ../  /     .|.     /  /  /     .|  |    ./  /   .. ./  /   /  / /  /   /  /..../  /      ../  /    |  |
 /     ././  /      |    / ./   |     /  \./  |  ..   .l   ̄ ̄ /./  /   /  |./    ̄ ̄ ̄/ /  /    |  _>
   ̄ ̄ ̄      ̄        ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄     ̄ ̄ . ̄ ̄       . ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄     ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄   .  ̄       ̄







::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::__.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::_ 「| _ | ||                          |i_:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::.lll:|l| l l | ||               _        i|   |L三i      i|_.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::.lll:|l| l l | ||              「iiiii|| _i|_ _i|=.  |ii|_| |     「=|Tl.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
     lll:|l| ___::::::::::::: __i__    ___    :|iiiiii|| :|iii|匚| |L| | :::|ii| | |     |:=|:l:|         |i_
     ' -= /iiii||   「i| L|   |iii|」 |   :|iiiiii||_:|iii||| |L|_|┌i|ii|_| |     |:=|:l:|      「「冂
        |iiiiii||   |:i| | |   |iii|T.|┌┬i|iiiiii|| :|iii||| |L| ||l|ii| | |_    |:=|:l:|: _ _     |tt|=|
        |iiiiii||   |:i| | | _|iii|T:||||lTlli|| :|iii||| |L| ||l|ii| |「ll|| __ lTTlil:l:| |ii|_|    | _|-|
        |ii〕-〔 _  .|:i| | |::| ll |ii「三冂||──il -「||三|iil |l 「i\_「「|L| |l:| |i|┐|ii|_|  ┌::| _|-|_ ┌、
        |i| __:l|=l┐|:i| | |::| ll |..|:三|i |||三三|l|=|:||三|「| ̄|-tii i|:|:|iii| ||t |i|┝|ii|_|_├l:| _|-|┐|ii||
        |i「ii 丁:l|Π--t| ll |lll「| ̄|「 ̄|三「ll|l|-|:||三||:|  |==|i |:|:|iii| || l| |i|┤冂i|三|l-l:| _|-|ii|┝||
       _|i|:ll |liTl|「l liiiiil|:| ll |lll|:|┐||:_|三|i__l|-|:||三||:| 「ニ 「| ̄| ̄|il|冂 |i|┤|=|l|三|l‐┐_|-|ii|三「|  ┌┬、
  liiヨl「T‐-「ii「l┐|三i!| ̄lTl|:| |「ニil:ニニfl 三|_≧!= 冖≦ ]Tli 「==::|iiiii|三|il||=| |i|┤|「|li||iL==_l|i|-|i「 「 |  |iiii|7|
  | 「L_|iiii||iii|E:|ii ̄T|lllll|fニニニ{!≧=¨≦二____ ≧-L! |iii||iiiii|_|il|Π_|i|||=||i||iL_」|i|-|i| l| l|  |iiii|/l|
  | |=「l|┌┐-t┬t=iiL!-=≡≧¨   i|i\二二___∠i¨l =t ≧-liiiii|三|「 ̄|三|i|Tlii| ̄|三|¨| ̄|i| l| l| 「「l|iiii| |
  | |「三||Ei|i| |ヨ|_」ロ≧¨_へ、|[[il、  i|i _/   /   / | | |Π‐┐__ _¨≧=-_ii|三|i|┌┐::|三|=|三|Π| 冂¨l三l ̄l
  l l:!:≡!!L. ≧‐¨ l、|l、l|| \\  i|i-ニニニニ─--<-! | |冂トil|L_||=`┴ ¨´ <=≧-::_|三|-|三|i冂 「| ̄|l三L_ L
  \≦¬─---- .___\\ 「「「l冖l二 ̄ ̄ ̄¨¨ 、i|Π> ¨-пΠ┐_ 冂、¬-、 ≧-_|三|i|_l| |,,-''"::::::::::::::::
..i 「п\Π┐ ̄ ̄¨¨¬──----、¨¬┴--L]旦__>-¨¨ -‐Π┐冂 пli | ̄|li п¬::::::::::::¨--'''":::::::::::::::::::::::::::
..L|Пп、\пп冂Пl |エエ-「l|\-「l \\ ̄¬¬->_.-´пП 「=l _|_:Eェ「「lп、,,''"::::゙゙''、≧-,,,:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
やらない夫はSNATCHERをJUNKにするようです
作者 ◆aSVvNpU7uY
ジャンル ゲーム
原作 コナミ「スナッチャー」
投下日 2012年6月13日
投下板 やる夫板II
状態 完結
最終投下日 2012年12月8日
話数 16話
主な登場人物 やらない夫たこルカ黒井ななこやる夫
  

やらない夫はSNATCHERをJUNKにするようですは、コナミのアドベンチャーゲーム『スナッチャー』を原作としたゲーム系長編やる夫スレ

作者は ◆aSVvNpU7uY 。2012年6月13日から12月8日にかけて連載された。

あらすじ[編集 | ソースを編集]

1991年、モスクワのチェルノートン研究所にて謎の大爆発が発生。爆発の影響で細菌兵器が上昇気流に乗りユーラシア大陸の約80%を壊滅に至らしめる。
後に「大惨事」と言われるバイオハザードとなるが、その約半世紀後に謎の生命体バイオロイドが出現。
彼らは冬になると現れ、人を殺害し、その本人とすり替わり社会へと浸透していく。
人の皮膚を纏い汗をかき血を流す―きわめて有機的かつ無機体そのものでオリジナルとの見分けはほとんどつかない。
彼らは人の体を奪いすり替わる事から『SNATCHER(スナッチャー)』と呼ばれた。

物語は記憶喪失の男・やらない夫が対スナッチャー捜査隊『JUNKER』へと配属された所から始まる。

概要[編集 | ソースを編集]

コナミ株式会社製作の名作アドベンチャー・『スナッチャー』を原作としたゲーム系長編スレ。

同作者による『やらない夫が宇宙で警官になるスレ』同様に原作の魅力を伝えた作品。

主な登場人物[編集 | ソースを編集]

外部リンク[編集 | ソースを編集]

関連項目[編集 | ソースを編集]

  • MARITCHER - ラジオドラマ「SDATCHER」を原作としたスレ。
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。