FANDOM


                         ,r--====....、
                          ,r-宀ニニ='´::::::::::ヽ、 ______
                    ,r'´;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::l,r'´::::::::::/::::/-t---`ヽ、
                       /:/::::::::::::::::::::::::::::::r-:::::::::::::::::::/::::/::::/:::::::::/::::::ヽ、
                 _ . -…: : : : ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ;::::::::::::::::::/:::::::::::/:::::::::/::::::::}:::}:ヽ、
              /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\゙:::::/:::::::i:::∧:::::::/::::::::/:::/}:li:ヽ,
             /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \ ::::::::l::::l::::V:::::::::::/}::/:::}:i:l::::ト,
               /: :/: : : : / : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \ /::::l:::/i::::;::://:;イ:::/::l:i::::}:l
              //: :/: : : : : /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ ::::l/:/::/ 'y'/::/;:ィ'/::/:l
           /: :/ : : : : : : : : : : : : ::/ : : : : : : : : : : : : : ::i: : i゙::::j,r====、 i/ //人ト,|、
           /: :,′:: : : /:: : : : : : : /.: : : : : : : :i: : : : :!: : i!: : l.....| f之:/ ′  ,r-、 }/::::∧--、
         /{: ,': : : : : /: : : : : : : :/: : : : : : : : :i!: : : : |: : i!: ハ ` ,,,,     i:ツ./文::::::::>:::::ヽ,
           |!;: : : : : ///f/:/:/ :/ :∧: : : : : : i|: : : :ト|: : :}: : ::l゙--====ニニ'''´,,,, ト-、;:::::/:::;;;;rt′
           |l |: : : : {{,、_::{/:/: ://  \ : : ::;′: :j!リ: : :|: ;ヘ}..///////} - ,イ::::/:///::ツ
           {: j: : : :;{杙ハ|/// ム斗=≠≧/: : : /ヽ: : : :|////////--┴-ィ:::l::::::::::/ /゙゙゙
           ノ: : : :∧`¨゙|/  ´ ‐弋ーツノ/ : : / ノ: : : :ト、.゙///////////ヽi::::;/
            ∠_: :乂: :八  ノ    `¨ ̄´/ : : //: : : : }i|..゙//////////////ヽ<
             イ ,-\ヽ       /:_:/  j!: : : : 八_,.//////////////∧-、
              /三三\丶._     /   ノト、:У..゙//////////{ ̄ ̄ ̄iヽ-'=; 、,,__
             ハ /三三三ニ\__. イ. :    ム」ヾ...///////////|      l__jヽ    ` - 、
           //iニニニニ∧ニニ三|\─===ニニ∧/////////////|,r-====ト,ー==t'''''''´  \
         /r二|ニニニ/∧∨ニ/,|ニ}.}二二二ニニ∧゙///////////∧  ___,,ヽ}::::::::::ヽ       ヽ、
        /ニニニニニ=//0∧∨//二}.} ,r=〈〉=.、二二∧..//////////{ /´   ヽ;:::::::::::}       l
       /ニニニニニニ//ニニ∧/ニ//((⌒ⅲ⌒))二ニニ∧./////////y'´      }:::::::::::ヽ,       l
      /ニニニニニニ=//二二ニニニ//ニ .、_∨__,ニニニニニl!/////////∧      l::::::::::::::}       ./
.   /二二二二二ニニ//二二二ニニ/./二ニニ 〈〉ニニニニニニl!//////////∧       ';:::::::::::::}     /
 /二二r‐‐'~ ´ ̄ ̄//二二ニニニ∧∨//二二二二二二二l!.//////////∧      ';:::::::::::}゙゙ ̄´
/ニニニ=====-、 //二二ニニニニ∧∨//二二二二二ニニ|! ///////////ヽ,__,r--=====Xヽ、
.ニニニ〃二二二二∨/二二ニニニニニ∧∨二ニニニニニニニ|!゙//////////////{       ヽヽ
やらない子は悪役令嬢♥
作者 板 ◆J1CtX3DAA6
原作 オリジナル
投下日 2017年6月20日
状態 完結
最終投下日 2017年7月15日
話数 22話
  

やらない子は悪役令嬢♥は、オリジナルの長編やる夫スレ。

作者は板 ◆J1CtX3DAA6。2017年6月20日から7月15日にかけて連載された。

あらすじ編集

一夏王子の婚約者にして貴族の序列一位である公爵家の令嬢やらない子、彼女はぽっと出の癖に自分の婚約者に近づく平民の娘シャルロットを虐めていた。

それがある日王子の知ることとなり、婚約は一方的に破断、王子の命によって捕らえられそうになった彼女であったが、まさにその瞬間に自分が転生者であることを思い出す。と、同時に前世の価値観が表に出てきた彼女は、一瞬で目の前のアホ王子と取り巻き達に見切りを付けた。

王家と貴族、そのパワーバランスを保つ為の政略結婚が余りにも阿呆な理由ではおじゃんになったのを見たやらない子は、これ幸いと記憶が戻る前から行っていた自重を一切やめることを決める。

これは、恋愛脳に支配されたアホ王子一派と、それに刃向かう悪徳の公爵令嬢の物語。

概要編集

ネット小説でいう所のいわゆる悪役令嬢転生モノの作品。

世界観として魔法要素満載のファンタジー世界が舞台なのだが、主人公の能力を決めるダイスが荒ぶったことで展開が色々凄い事になった。

主な登場人物編集

外部リンク編集