Fandom





                         、   _
                     lニニ7 __ヽ) ノ∠、                     ヽ) _「ゝ__  ┌rrrr‐.f'ト、
_n__n     _. __n_  __    __//_.`二コ lニ之 _ f'L.、_ __f'L.、 x===ミ、 ヽ)/じ } |¬ァ .L[].[] 」l l≠
└i rっ_)「l`ニ′.7,仁l己l |  n└‐┐rー┘`二| |二´、`フ厂つィ`7f二 、{{  ノ' }}_ // / ハ   r三j.Lュノ人>
 U   └'つ )〈ハ⊆广L.ユ U   .r__|  . ̄ ̄| | ̄ ̄.〈/ (‐-、 └'⌒)ノ ゝ='  ノイ `i_! /イL辷ク fフ {ゝ {ゝ {ゝ
        ̄
                 ――【THE SILENCE OF THE LAMBS】――


.
やらない子羊たちの沈黙
略称 子羊
作者 パピヨン ◆TrVcDxIAkM
ジャンル 映画 サイコ・サスペンス
原作 羊たちの沈黙(小説版、映画版)
投下日 2010年6月19日
投下板 やる夫板Ⅱ
状態 完結
最終投下日 2010年10月10日
話数 全13話(+α)
主な登場人物 やらない子シックスやらない夫
備考 グロテスクなシーンあり
  

やらない子羊たちの沈黙は、トマス・ハリスの小説および1991年公開のアメリカ映画「羊たちの沈黙」を原作とした、映画系中編やる夫スレ

作者はパピヨン ◆TrVcDxIAkM。2010年6月19日から同年10月10日にかけて連載された。

概要編集

サイコ・サスペンス映画「羊たちの沈黙」を題材としたやる夫スレ。主人公はやらない子。映画における悪役の代名詞的存在であるハンニバル・レクターには、「絶対悪」の異名をもつシックスを配役している。

ストーリーやセリフは映画を踏襲しているが、AAを用いた視覚的な演出が強いという特長がある。中にはメタ的な演出も存在し、同一のストーリーでありながら、活字小説とも実写映画とも異なる独自の見所をもつ作品となっている。作者によると、「最初から最後まで、1本の映画のようなやる夫スレを」作ることを意識していたという。

あらすじ編集

若く美しい女性を誘拐後殺害し、生皮を剥ぐ連続殺人犯「バッファロー・ビル」が世間を騒がせていたが、FBIはその犯人像を杳として掴めないでいた。

FBIの主任捜査官美府出やらない夫は、FBI訓練生で自らの教え子VIPデやらない子にある指令を出す。

それは、かつて「人食い事件」で全米を震撼させた殺人鬼Dr.ハンニバル・シックス・レクターに面会し、彼の天才的な洞察力を利用して、「バッファロー・ビル」の正体を炙り出す、というものであった…

主な登場人物編集

  • VIPデやらない子(クラリス・スターリング) - FBI訓練生。優等生・秀才タイプで、正義感の強い女性。幼少期のある体験がもとで、悪夢に悩まされている。
  • ハンニバル・シックス・レクター - 「人喰い事件」で逮捕された天才精神科医。刑務所ではなく精神病院の犯罪者棟に厳重監視付きで収監中。やらない子に興味を持ち、捜査に協力し始めるが…
  • 美府出やらない夫(ジャック・クロフォード) - FBIの主任捜査官。実践プロファイリングのパイオニア。やらない子の口癖「常識的に考えて」は彼からの受け売り。
  • ムスカ(フレデリック・チルトン医師) - 精神病院の院長。シックスを軽んじ、やらない子にも高圧的な態度を取る嫌な奴。
  • やる夫(バーニー) - シックスの世話を担当する精神病院の職員。彼には敬意を持って接している。
  • 翠星石(キャサリン・マーティン) - 園崎茜上院議員の娘。「バッファロー・ビル」の手で誘拐され、行方不明となる。
  • 「バッファロー・ビル」 - 正体不明の連続殺人鬼。女性を誘拐後殺害し、皮膚を剥ぎ取る。ある種の蛾が好き。イメージは怪盗Xとして表現される。異名は西部開拓時代のカウボーイにちなむ(こちらのイメージはマウンテン・ティム)。

外部リンク編集

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。