(外部リンクを編集。)
タグ: ビジュアルエディタ
(本編は完結までまとめられていて、まとめエターとするのは厳しいと考えられるので脚注で補足)
 
52行目: 52行目:
   
 
==外部リンク==
 
==外部リンク==
*まとめ([[泳ぐやる夫シアター]]):[http://oyoguyaruo.blog72.fc2.com/blog-category-290.html ゲーム系 やるやらで学ぶゲームの歴史]
 
 
*まとめ([[やる夫が人生でいいじゃない]]):[http://yaruoislife.jp/blog-category-233.html やるやらで学ぶゲームの歴史]
 
*まとめ([[やる夫が人生でいいじゃない]]):[http://yaruoislife.jp/blog-category-233.html やるやらで学ぶゲームの歴史]
*[[まとめエター]]([[AAまとめブログ]]):[http://aamatome.blog31.fc2.com/blog-entry-1255.html やるやらで学ぶゲームの歴史]
+
*まとめ([[100%自分用やる夫まとめ]]):[http://rusalka777.blog.fc2.com/blog-category-2.html やるやらで学ぶゲームの歴史] <ref name="not_complete">本編完結後の番外編はまとめられていない話も有り。</ref>
*まとめエター([[100%自分用やる夫まとめ]]):[http://rusalka777.blog.fc2.com/blog-category-2.html やるやらで学ぶゲームの歴史]
+
*まとめ([[泳ぐやる夫シアター]]):[http://oyoguyaruo.blog72.fc2.com/blog-category-290.html ゲーム系 やるやらで学ぶゲームの歴史] <ref name="not_complete" />
 
*まとめ([[AAまとめブログ]]):[http://aamatome.blog31.fc2.com/blog-entry-1255.html やるやらで学ぶゲームの歴史] <ref name="not_complete" />
 
*まとめ消滅([[やる夫観察日記]]):<del>[http://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-category-156.html やるやらで学ぶゲームの歴史]</del>
 
*まとめ消滅([[やる夫観察日記]]):<del>[http://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-category-156.html やるやらで学ぶゲームの歴史]</del>
 
<!-- ==関連項目==
 
<!-- ==関連項目==

2020年2月17日 (月) 11:42時点における最新版


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  ヽ   .____
 |   ( ⌒)(⌒)/⌒  ⌒\
. |     (__人__) .(●) ( ●)\
  |     ` ⌒ノ ⌒(__人__)⌒:::::\   「やるやらで学ぶゲームの歴史」はじまるおー
.  ヽ       } .   |r┬-|    . |
   .ゝ_,.   ノ____`ー'´___./
 -(___.)-(__)___.)─(___)─
やるやらで学ぶゲームの歴史
作者 ◆g7JmdBpfOE
ジャンル 学ぶ
投下日 2011年2月26日
投下板 やる夫板II
状態 完結
最終投下日 2011年6月11日
話数 全16話+番外編
主な登場人物 やる夫やらない夫マリオ新城直衛水銀燈
  

やるやらで学ぶゲームの歴史は、ビデオゲームの歴史について学ぶ長編やる夫スレ

作者は◆g7JmdBpfOE。2011年2月26日から6月11日にかけて連載された。

本編終了後、特定のエピソードを取り上げた番外編が不定期に投下されている。

概要[編集 | ソースを編集]

やる夫やらない夫を司会進行役として、1962年に発表された世界初のシューティングゲーム「スペースウォー!」・1972年に発売された世界初の家庭用ゲーム機「オデッセイ」から始まるビデオゲームの歴史を学ぶゲーム系作品。

年代を代表するゲームの開発現場のエピソードや、その年代を代表するゲームタイトルを紹介しつつ、PlayStation2の覇権確立とSEGAの家庭用ゲーム機からの撤退までのビデオゲームの歴史を大まかに描いている。以下のようにゲーム会社ごとに演じる人物のAA出典元作品が統一されているなど、様々な読者への配慮がなされた作品である。

なお、本作は非常に様々な文献を参考に制作されている作品であるが、資料ごとにゲーム機の出荷台数が異なるなど正確な資料のなかなか存在しない業界に関する作品であり、そういった部分は作者の想像で補われていることを理解しておく必要がある。

主なゲーム会社のAA出展元作品[編集 | ソースを編集]

外部リンク[編集 | ソースを編集]

脚注[編集 | ソースを編集]

  1. 「涼宮ハルヒの憂鬱」が三社に使われているのは、後にこの三社が合併するためである。
  2. 2.0 2.1 2.2 本編完結後の番外編はまとめられていない話も有り。
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SAライセンスの下で利用可能です。