Fandom


    ┌───┐
    │ナリ カマ│
    │鳴  釜│         ┌──────┐
    └───┘         │鳥山石燕 画 │              ┌───┐
.                    └──────┘              │御払済│
                                              └───┘
               ____                         (:'   
             / r‐‐''"´                      ',  ))  
             |. |  ___.  ===============        }  /(   
           _ノ ノ‐/ r‐‐''"´  /         /      ,' ノし': :ヽ   
       __f"_ヒ'"_|. |.    ./         /      ((,イ: :  :: :V) 
     ,r''"´//////////ノ ノ    /rっ  f''i    /       、ゝ: :   : :(ノ} 
    .////////f ̄二二_二ニニ=‐| ゙〉‐テ|. !‐‐‐テ'        ヽ: :: :  : :: :/ 
   //////⊂ニ ゙二ニニ=‐ヽ   / .// ,r‐‐"           ゝ;:; :;从;ノ
   //////////l__゙二ニニ=‐/ヽ/  // /
 <___________>,/ ./      ハクタクヒカイ        ヅ  イワ
   |三三三三三三三三三、ノ,‐"´ ,,ノ       白澤避怪ノ      図ニ曰ク
   ゝ____/ミミミミ彡ミ彡-''"
   彡"ミミミミミミミミミミミミ彡゙`
  彡"ミミミミミミミミミ``           ,'     ハンソウ. コエ ナ      レンジョ  キ   ナ
 .彡"ミミミミミミミ彡            (:'     飯甑 声ヲ作ス     斂女ト 鬼ヲ名ヅク
 彡"ミミミミミミヾ            ',  ))  
. 彡"ミミミミミミミ、、           }  /(   
. 彡"ミミミミミミミミ         ,' ノし': :ヽ      コ  カイ  ア  トキ    キ   ナ  ヨ
 彡"ミミミミミミミミ        ((,イ: :  :: :V)  此ノ怪 有ル則    鬼ノ名ヲ呼ベバ
  彡ミミミミミミミミ        、ゝ: :   : :(ノ} 
  //l|||||||||||||||||||||ミ        ヽ: :: :  : :: :/    ソ. カイ タチマ     .オノ    メッ    
 /l|||||||ミ||||||||||llミミミ        ゝ;:; :;从;ノ   其ノ怪  惣チ     自ズカラ滅ス
 ||||||||| l ゝ=__  (ヾ゙
. _|ll||l||ヽ、_ヽ-t--  `l
( ` ‐=,,__ `゙゙\`ヽ ヘ
. ヽ i-=、二>=ヽ‐), ヘ
. r''"´`二____,,、 `)                              …夢のうちにおもひぬ
. ゙‐-、ゞ   ヽ- 、  | `゙´
やる夫がオカマのかたき討ちに巻きこまれるようです
作者 ◆mnIPJ08QL.
ジャンル 探偵小説
原作 京極夏彦「鳴釜 薔薇十字探偵の憂鬱」
時代 昭和28年
投下日 2009年11月29日
投下板 やる夫板II
状態 完結
最終投下日 2011年1月11日
話数 35話
主な登場人物 やる夫阿部高和ドラえもん野比のび太やらない夫水木しげる
  

やる夫がオカマのかたき討ちに巻きこまれるようですは、京極夏彦の探偵小説「鳴釜 ~薔薇十字探偵の憂鬱~」を原作とした長編やる夫スレ

作者は◆mnIPJ08QL.。2009年11月29日から2011年1月11日にかけて連載された。

概要編集

京極夏彦の百鬼夜行シリーズ番外編に当たる「百器徒然袋――雨」の一編「鳴釜 薔薇十字探偵の憂鬱」を原作とした作品。時系列的にはシリーズの「姑獲鳥の夏」から「塗仏の宴」までは既に「御払済」となっている他、シリーズ作品の内容を示唆する場面も多い(読者によるネタバレはもちろん禁止)。

探偵である榎木津礼二郎を阿部高和が演じている。本来なら榎木津と阿部さんは正反対のキャラクター[1]なのだが、実写劇場版「姑獲鳥の夏」で榎木津を演じた阿部寛に感銘を受けて「阿部寛主演の京極堂スピンオフが観たい!」と思い、男らしい+名前つながり+「薔薇十字探偵」ということで阿部高和を配役したとのこと。他の人物に関する配役も劇場版の影響が大きい。

中禅寺秋彦(京極堂)はやらない夫が演じており、「この世には不思議な物など何も無い」「常識的に考えて」この二つの名セリフの融合がキャラの核となっている。古本屋としては和装AA、拝み屋としては「ゲゲゲの鬼太郎」アニメ4期に登場した「一刻堂」[2]の改変AAを使用している。また、シリーズにおけるもう一人の主要キャラである関口巽にはやる夫が配役されている[3]が、本作では顔見せ程度しか登場しない。

タイトルの「オカマ」にあたるキャラクターには、ジャイアン水銀燈が二人一役で配役されている。後ろ姿は水銀燈・振り返るとジャイアンという見返り美人、また「ジャイアンが水銀燈の口調で喋る」ということでインパクトは抜群。原作のように榎木津達が大暴れするきっかけとなるためだけのネタキャラなのかと思いきや、スレ化にあたって人物の掘り下げも行われている。

完結後に、「瓶長」原作の続編および「姑獲鳥の夏」原作の前日譚が開始された。瓶長スレの主人公は引き続き本島やる夫、姑獲鳥スレの主人公は関口やる夫である。次作に較べると、最初に発表された本作はAA表現は控えめであるが、連載ペースが速く1年少しで完結と相成った。

あらすじ編集

メイドとして屋敷で働く早苗(柊つかさ)が暴行を受け、妊娠した。年の近い叔父のやる夫は訴えようとするが、相手は政治高官とその取り巻きの息子達で門前払いされてしまう。どうにもならない状況で、やる夫は知り合いから探偵の榎木津礼二郎(阿部高和)を紹介された。

主な登場人物編集

  • 本島やる夫 - 語り部。榎木津の元を訪れた依頼人。榎木津には苗字を覚えてもらえず、常に即興の呼び名で呼ばれる[4]。23歳。
  • 早苗(柊つかさ) - 暴行事件の被害者。やる夫の姪で18歳。事件後に梢(びんちょうタン)を出産している。
  • 櫻井哲哉(伊藤誠) - 主犯の青年。官房次官の息子。代議士の娘との政略結婚を控えている。
  • 篠村美弥子(ナギ) - 代議士の娘。櫻井哲哉の婚約者。聡明な才媛。
  • 二丁目の銀ちゃん(ジャイアン+水銀燈) - オカマの歌手。櫻井の取り巻き達に殴られているところを益田に見捨てられた。金ちゃんならぬ銀ちゃん。

外部リンク編集

関連項目編集

脚注編集

  1. 原作の描写によると、外見的には線の細いイメージが強い。
  2. 京極夏彦が脚本を手がけ、キャラデザインと声も担当した。
  3. 本作の語り部の本島やる夫と一人二役。
  4. 原作では本来、本名が終始明かされないままストーリーが進む。
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。