Fandom



       ____
     / _ノ  ヽ、\
   / ( ○) (○)\
  /:::::: ゜((__人__))゜::::: \    「シリアよ、さらば!
  |      |/⌒ヽ|      |    そなたは敵にとり、何とよい国であることか!」
  \      ` ⌒ ´    /
やる夫がバシレウスになるようです
略称 バシレウス
作者 ◆MwGEcqIDcI
ジャンル 歴史
投下日 2008年10月9日
投下板 パート速報VIP
状態 エター
最終投下日 2009年10月19日
主な登場人物 やる夫やるオプーナ翠星石アナ・コッポラやらない夫高良みゆき
まとめ やる夫を拾い読み
  

やる夫がバシレウスになるようですは、東ローマ帝国の皇帝「ヘラクレイオス」の生涯を描く歴史系長編やる夫スレ。

作者は ◆MwGEcqIDcI。2008年10月9日から連載されていたが、2009年10月19日を最後に投下が途絶えエター状態になっている。

概要編集

東ローマの中期の皇帝であるヘラクレイオスことやる夫の劇的な生涯を描く。著名な東ローマ史研究者の説に基づき「愛する女性のため、覚醒する」皇帝として演出されている。

前半は世界史の教科書等ではイスラーム勃興の陰に隠れてしまいがちな東ローマとササン朝ペルシアとの戦争、後半はイスラームのシリア侵攻が舞台となる。

解説役として高良みゆきが冒頭に登場し、章ごとに予備知識を披露してくれる。

ニコニコ大百科の項目「ヘラクレイオス」も参照のこと

主な登場人物編集

やる夫と家族編集

  • ヘラクレイオス(やる夫) - 東ローマ名門貴族の御曹司。皇帝となり、愛する妻のため奮闘する。
  • エウドキア(翠星石) - ヘラクレイオスの先妻。皇后。
  • マルティナ(アナ・コッポラ) - ヘラクレイオスの姪。周囲の反対を押し切って伯父の妻となる。皇后。
  • テオドロス(やるオプーナ) - ヘラクレイオスの弟、勇猛で冷静。兄を支える常識人。
  • エピファニア(桜田のり) - ヘラクレイオスとエウドキアの娘、突厥の可汗へ嫁ぐ。
  • コンスタンティノス(桜田ジュン) - ヘラクレイオスとエウドキアの息子、共同皇帝。
  • ヘラクロナス(笹塚) - ヘラクレイオスとマルティナの息子、兄と同じく共同皇帝。
  • ヘラクレイオス(父)(やらない造) - ヘラクレイオス、テオドロスらの父。東ローマ帝国のカルタゴ総督を務める。
  • エピファニア(カーチャン) - ヘラクレイオス、テオドロスらの母。空気。

側近編集

同盟国編集

  • トンヤブグゥ(ホロ) - 中央アジアの草原地帯を支配する騎馬民族、突厥の王。
  • ヴァハン(井川ひろゆき) - 帝国と同盟を結ぶアルメニアの将軍。
  • ジャバラ=イブン=アル=アイハム(ホル・ホース) - アラブ系キリスト教国ガッサーン朝の王。

ササン朝ペルシア編集

  • ホスロー2世(橘ワタル) - ペルシアのシャー。長きに渡るビザンツ戦役の果てに暗殺される。
  • カワード2世(春風千桜) - ホスロー2世の先妻の子。クーデターによりペルシャのシャーとなる。
  • シーリーン(貴嶋サキ) - ホスロー2世の後妻。奴隷出身。
  • シャールバラーズ(糸色望) - シリア・エジプト方面軍司令官。
  • シャーヒーン(木津千里) - 小アジア方面軍司令官。
  • ラーザード(ハルパゴス) - 本土防衛軍司令官。

イスラーム共同体(ウンマ)編集

外部リンク編集

関連項目編集

脚注編集

  1. イスラム教は偶像崇拝を禁止しており、イスラーム世界では開祖ムハンマドの肖像を描くことも避けられていたため。
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。