Fandom


    _< ヽ ヘ、 _ /  /      - _ v i ,  i  i ヽ          l =_
   <´ヘy-¨V___--/  /     ーヽ○ 丶レ l´ l_⊥_⊥___l         l_  7 ヽ Y
/  _ /  _/   7  _!_ _ ,_      ミ  く´l + +. T |  l  /        / `V    >
  /´ /  人_+__ ハ/、三- 、_;;¨`;;、 __     ) ‐+ ⊥ ト / /         / >´ `Y´
/   | / \_\ l、  l    `ヘ;;;;;`;;;´了 片 ヽi、 l / //丶_____   /l ´ \ /ト-
  __,,,,,,.. -‐: '': :¨¨: :''':' :=    _x´;;;;;;;_/ヘl ∠ - ‐ - _ヽ/ l ハヘ i   ̄i´ i   Y´ l
'"゙: : : : : :゙:、: : : : : : : : : : : : : : ゙:':=、 ,-┘ , /      `ヽ∠Ц∧\__,,, --‐‐ー-‐‐‐‐
: : : : : : : : : ゙: : : : : : : : : : : : : : : : : ゙ヘv ´/ 入__  __ -< ヽ/,.r.' "´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
: : : : : : : : : : /'; ; : : : : : : : : : : : : : : 、: :ヘ, i ●ノ゙゙゙゙丶●丿.,r'´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
: : : : : : : : : : :.:.',!: : .l : : : '; : : : : : : : : ヽ: ヘ, `´(__人 __)/..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
: ゙i :.ヽ: : : : : : :.:l:..:. :';.. : : :';. : : : : :,: ;.: : ヽ: .',、__,  l__,r".::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: | :::
: .!: : :.l. ';. : : : :.:';.:i:..; ';..: : : ';..: : : : :'; :.:,.: : '; :',レ〒´/..::::::::::: /.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: | :::
: l. : : j:. :l:. :. : : !:';';.:.'; ';.:..: : ヽ:. : : :.:'; :.';.: : ',. l¨`i .'.::::::::::::: ,'.::::l::::::l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: | ::::
:,': : :,':.: :l:. :.:.: : l:..l、';.:ヽヽ;.:.: :ヽ:.:. : :.:', /';..: :l: ト-,'::::::::::::::: l::::::l:::::l|:::::::::::::::::::l:::|:::::::::::::::: | ::::
':. : :,':. :.,':.: :. : :,':..l '、;.:.:ヾ、\:. ヾ;.:.:..Xヽ,l:.: :|:.l ,..:::::::::::::::: l:::::i|:::/l|::::::::::::::::::ll::l|:::::::::::::::: | ::::
:..: :,'_: :.,':. :.:. :.;':.:.j  ヾ;.:.ヽ\\,.><":.゙;.゙l:.: :l:.l,'.:::: l:::::::::: l:::::||::i l.|::::::::::::::::l.|:|.|::::::::::::::::: | ::::
:.: :,':.:~7=..,_/_:_;'_,〃`<ヽ,`_,>=┐',l:. /i、i::::: i:l::::::::: l::::∥∥l::::::::::::::::i.!:l l::::::::::::::::: l :::::
i:.:.ll:.:〃:.:.:../.,'ノ__     `' ィ弋=l j .ソ',ィ./l::::: l:|::::::::: ! リ:l∥.l:::::::::::::::l.ll.l::::::::::::::::: l| :::::
l:.:.!';.:i'{| ≧==示三f  .    r‐||仗 ソ:.l ,/l l::::::∥::::::::: ! i~癶必、::::::::::l リ.l|::::::::::::::::∥.::::::
ヘ;';.ヘ!リ ゙l,. lー'||||||三!  , , ,. 辷ノo.!:.: !"l l::::::i l::::l:::::::l l|iミメ弋ノ `ー′! !!;;;;;;;;;;;;;;∥.::::::::
>从:.:.',   V::'!!!':::;ノ / / / / , , , ゚.|l:.:.', l l::::::l l::::l:::::::l.リ乂廴汐i    , イ弋勿/.::::::::::::
、_';.';.:ヽヘ  o`'='゙ / / / / , / /  j、';.:.'! !、ノ l::::l::::::::l.l  ` -'       '´ l=刈刃 :::::::::::::
..,,_ ';';.:.ヘ;ヘ,゚  / / / ' ' '_,.、  ,ィ’゙l:. :!;'   `ソ:::::::l|             `込リ/.:::::::::/l:
:. :.,~:'ヾ_;ヽヽ ' ' ' r'=='" ,.ノ ,/、l;l;l;l;リ"',  ,r l::::::::::ハ,r'~`  、        /.//.::::::::::〃:
:..:ノ: : ノノヽ',.',=- ..,ヽ-― '"/.l//∧l;l;l;l;l;',l;',メ ./:::::::::l/       ` 、       '..::::::::::∥:::
:': : :ノ(  ,)ノ ` = 、~¨¨r'  .j'///∧;. =' ゙>‐''/.:::::::/           ヽェェェェ┐'<::::::::/l:::::
:.;':.///゙、 ´     `>、,!--〈///='",. ・´,. イ./.::::::/            ヽェェノ   `フ.l::::::
:{:.{/////>- ..,,_ --‐イ  ,.= '",.= '",.='"  l/.:::::/            `i _ ‐ ' ´ .l:::::::
やる夫がモンスターハンターP2Gに手を出すようです
作者 u3 ◆srvwLA9DdQ
ジャンル ゲーム
原作 モンスターハンターポータブル2ndG
投下日 2010年3月12日
投下板 やる夫板2nd
状態 完結
最終投下日 2011年2月26日
話数 全113話(番外編4話)
  

やる夫がモンスターハンターP2Gに手を出すようですは、カプコンのRPG「モンスターハンターポータブル2ndG」を題材としたゲーム系長編やる夫スレ

作者はu3 ◆srvwLA9DdQ。2010年3月12日から2011年2月26日にかけて連載された。

あらすじ編集

会社で孤立寸前だったやる夫は、皆の輪の中に入るべく社内で人気のゲーム「モンスターハンターポータブル2ndG」(以下MHP2G)を購入した。超初心者の彼はやらない夫とクック先生のアドバイスの元、狩猟生活を始めるのだが……

概要編集

モンスターハンターやる夫」の作者による攻略(?)系スレ作品。第六十一回まではタイトルに【超初心者向け】とつけられていた。(?)がつくように、たしかにMHP2Gの攻略や紹介をするスレなのだが、PC(プレイヤーキャラ)であるハンターが自我を持っており自分のプレイヤーと会話したり場合によっては勝手に動く、ゲームのモンスター達も自我を持っておりさらに普通に現実世界でも闊歩している(一部のモンスターは途中からやる夫達と一緒に暮らすようになる)、PSPでワープするなど同作者によるやる夫がスモチ荘で暮らすようですほどではないがかなりカオスな世界が舞台となっている。またラブコメモノとしての要素も大きく、やる夫とパルスィの障害だらけでもどかしい関係の進展が非常な好評であった。攻略・紹介だけでなくMHP2Gを絡めたキャラ達の人間関係の描写も大きな魅力である。

主な登場人物編集

  • やる夫 - 主人公。会社勤めをきっかけにMHP2Gを始めた。
  • キル子 - 解説役アシスタント。
  • 水橋パルスィ - ヒロイン。またの名を素敵不幸娘。やる夫に続き、彼女もMHP2Gの世界に足を踏み入れる。
  • クック先生 - 怪鳥イャンクック。「先生」の愛称で親しまれる初心者の壁。解説役。
  • バサルたん - 岩竜バサルモス。作品のマスコットであり癒し。解説もこなせる。
  • 水銀燈 - やる夫のPC。いろいろ振り回されるガンナー担当。
  • 星熊勇儀 - パルスィのPC。豪放磊落な近接担当。
  • 白長 - やる夫の親友(?)。ラスボスにしてこの作品における悪意の大半の元凶。

外部リンク編集

関連項目編集

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。