Fandom



 ==================================

    やる夫が内閣総理大臣を救出するようです 【二・二六事件】

 ==================================



やる夫が内閣総理大臣を救出するようです
作者 トリップ無し
ジャンル 歴史
時代 1936年
舞台 日本
投下日 2009年3月15日
投下板 やる夫板
状態 完結
最終投下日 2009年3月17日
話数 前中後編
主な登場人物 やる夫やらない夫やる蔵
まとめ AAまとめブログ
  

やる夫が内閣総理大臣を救出するようですは、二・二六事件を題材とした、歴史系中編やる夫スレ

作者のトリップはなし。2009年3月15日から17日にかけて連載された。

概要編集

1936年に起こったクーデター未遂事件「二・二六事件」を描いた作品。概ね史実に沿った内容だが、話の都合上、登場人物が史実と異なる行動を取ることもある。

参考文献として迫水久常の「機関銃下の首相官邸」、岡田貞寛の「父と私の二・二六事件―昭和史最大のクーデターの真相」、小坂慶助の「特高」、小林恒夫の映画「二・二六事件 脱出」が挙げられている。

あらすじ編集

昭和11年2月26日未明、栗原安秀をはじめとした陸軍の青年将校は、困窮する国民を救うため、現在の政府を一掃してしがらみのない内閣を組織しようとクーデターを決行。首相官邸に突入した。絶体絶命に追い込まれる岡田啓介総理大臣だったが、義弟である松尾伝蔵が身代わりとなったことで窮地を脱する。襲撃者に顔を知られていなかったことが幸いして無事生き残った岡田は官邸内の女中部屋に逃げ込むが、官邸は陸軍将校の手に落ちており進退窮まってしまう。

夜が明けて事件が落ち着いたころ、岡田の娘婿であり首相秘書官の迫水久常が同僚の福田耕とともに遺体の確認のため官邸を訪れる。岡田が生き延びたことを知った2人は、クーデター軍に占拠された官邸から彼を秘密裡に連れ出そうと画策するのだった。

主な登場人物編集

  • 迫水久常(やる夫) - 首相秘書官。首相の娘 万亀(ちゅるやさん)の夫。
  • 福田耕(やらない夫) - 首相秘書官。首相の地元福井県から出馬して当選する。
  • 岡田啓介(やる蔵) - 総理大臣。二・二六事件で命を狙われる。
  • 松尾伝蔵(やるオプーナ) - 首相秘書官兼護衛。首相の義弟で体型もよく似ていたため岡田の身代わりとなる。
  • 秋本サク(翠星石)、府川キヌ(蒼星石) - 官邸付きの女中。
  • 栗原安秀(涼宮ハルヒ) - 陸軍中尉。首相官邸の襲撃を指揮する。

外部リンク編集

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。