Fandom



       ┏┓                                            ┏┓
       ┗╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┛
       ┏╋────────────────────────────╋┓
       ┃|          やる夫は妖精郷を旅するようです           |┃
       ┃|         ソードワールド2.0・フェアリーガーデン             |┃
       ┃|             No.01『妖精郷へようこそ』               |┃
       ┗╋────────────────────────────╋┛
       ┏╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┓
       ┗┛                                            ┗┛

やる夫が妖精郷を旅するようです
作者 ◆lNAf2jFzTY
ジャンル テーブルトークRPG
原作 ソード・ワールド2.0 サプリメント 『フェアリーガーデン』
投下日 2011年8月13日
投下板 やる夫板II
状態 完結
最終投下日 2011年9月28日
話数 38話
主な登場人物 やる夫クロコダインジャンヌルイズコスモス
まとめ やる夫達のいる日常
  

やる夫が妖精郷を旅するようです[1]は、『ソード・ワールド2.0』を原作としたテーブルトークRPG系長編やる夫スレ

作者は◆lNAf2jFzTY。2011年8月13日から連載が開始され、途中『やる夫は妖精郷を救うようです』への改題を経て同年9月28日に完結した。

概要編集

ソード・ワールド2.0 (SW2.0) 』のゲームブック型サプリメント『フェアリーガーデン ―妖精たちの空中庭園―』を題材とした、テーブルトークRPGのオンラインキャンペーン風の作品。

スレ住人が安価でプレイヤーキャラクター (PC) の行動を指示し、それに対してスレ主である◆lNAf2jFzTYがゲームマスター (GM) としてリアルタイムで全ての判定を行い、物語が進行していく。全てのダイスをGMが振るなど安価スレとして進行するための若干の変更がなされているものの、ほぼ忠実にSW2.0のシステムが再現されている。

また前作で人気であったセッション後の「休息会話」が定例化し、会話するキャラクターの組み合わせだけでなく会話内容の指定も受け付けるようになった。

あらすじ編集

魔法文明デュランディル時代にエルフの魔法使い“妖精女王”ユカリ・ヤクモが造ったという妖精たちの楽園、妖精郷。そこは豊かな自然や美しい景色に満ちており、あらゆる妖精が―現在のラクシアでは絶えた古代種妖精も―いたといい、加えてあらゆる妖精を従える<妖精王の冠>を筆頭に様々なマジックアイテムがあったという。しかし多くの人々を魅了した妖精郷はある日突如消滅してしまい、その消滅の原因は謎に包まれている。

つかさ・ヒイラギの捜索依頼を請けていたやる夫たちは、探索中に薄桃色のモヤに包まれて伝説の妖精郷に迷い込んでしまう。一行は妖精郷で同様に迷い込んでいる可能性のあるつかさを探すとともに、並行して妖精郷からの脱出手段を確保することを目指すことになる。

そして妖精郷中を冒険し、妖精郷が何のために造られ、ユカリがなぜ妖精郷をラクシアから隔離し、そしてこのままでは妖精郷がいかなる運命を辿るのかを知ったやる夫は、妖精郷を救うことを決心する。

主な登場人物編集

プレイヤーキャラクター編集

  • やる夫 - ナイトメアのファイター(戦士)兼フェアリーテイマー(妖精使い)。物理攻撃・魔法攻撃担当。
  • クロコダイン - リルドラケンのファイター(戦士)。防御担当。
  • ジャンヌ - 人間のプリースト(神官:アステリア信仰)兼スカウト(斥候)。回復・補助と先制判定担当。
  • ルイズ - エルフのソーサラー(魔術師)兼セージ(学者)。魔法攻撃担当。
  • コスモス - ルーンフォークのマギテック(魔動機術師)兼シューター(射手)。魔法攻撃担当。

NPC編集

外部リンク編集

関連項目編集

脚注編集

  1. スレタイが『やる夫妖精郷を旅するようです』なのに対し、スレッド内でのタイトルは『やる夫妖精郷を旅するようです』となっている。ここではスレタイを項目名に採用した。
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。