////////| ///                                  }////////////////,/   .
////////| ///                                       ///////////////,/
////////レ//               _,. -―- 、               ////////////////ゝ..,,___
//////////,            , -y'´          ヽ        ___,ノ///////////////////////フ
//////////{             ,,. イ/       ヾi  ', ヽ       ,r//////////////////////////,/
//////////,|      ヾー''  / ,         ト、/!  ',     }//////////////////////////  .
//////////,ハ       ` ̄// ,     }!    |/〈|  ト.   ////////////////////////,<__
///////////∧        {/, |  ,  , ノ!  ト. |' `|  ,  ', ///////////////////////////>
///////////,'ハ      / j |! /  //::|ハ. }::', レ', |: / .ハ. V////////// `ヽ//////ー-=ニ  ̄
/////////////,ハ.   ,.イ  /  | /  /:○::!|:| /::::}リ| !i|/;;/ },////////,.ヘ.| ,、  V- 、/////ミ:.、    ……なに?
//////////////∧ ー- ''´/, /| { ,イ::::::::::::::j    |:;:,:!''´-.、////////,ヽ. ヽ.,}  ',. 〉//<´
////////////////ヽ.  ,// /イ,,,レ ノゝ  , =-  |:::/三≧} _____ /ヽ. / / / ̄ ̄`゙
//////////////////\ j;;/ ';:::|Y;;:/ > ..,,__ /レ' }:::::::::/:::::::::::::::::::::::ト、 /    {`ヽ
>-.////////////////,ハ.    ヾ!レ'ヾ´:::::::::::ヽ, --.. ノ!:::::::::!:::::::/:::::::::::ゝ.     ,. ┴ 、}
`≧//////////////////≧=ー-.., -'! }\:::::r' ___ ノ.:.:.:{:::::::i::::::::/::::::::,::::::::ハ. >/::::::::::::::}、
 `''ー-=ァ//////////////////,/:::::::j/::::_,ゝ:/ /.:.:.:.:.:.:.:ミ:::::{:::::/::::::::/::::,::::::ハ__:::::::::::○::::/ハ
    ////////////////////.j '´::::__ノ {.:.:l__.┐.:.:.:.:.:.:ヽ::::ヽ:::::::::{::::/::::::::::::::`ヽ.::::::::::::::::::::',
   ノイ⌒j/ヽハ/////////./::::/: :マ:::';..:.:.:.:| |.:.:.:.:.:.:.:.:.:\:::::ーテ、:::::::::::::::::::::::::::}::::::::::::::::::::::i
            }/ヽ//⌒ // : : : : ヾ.i!.:.:.:.:| |,.ヘ.:.:.:.:.:.:.:.:.:\;イ: : ヽ:::::::::::::::::::::::リ::::::::::::::::::::i
             ノ'    /'´: : : : : : : :.:}.:.:.:.://.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|: : : : \, '⌒ー- {::::::::::::::::::::::|
                   / : : : : : : : : : /.:.:.<.イ |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ノ__r-、 : : : : :_:_:_:_> ..::::::::::::ノ
                    /: : : : : : : : : :/:.:.:.:.:.:/ /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,:イ    ` ̄ ´       ` ̄´
               ヽ: : : : : : : : :,'.:.:.:.://.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:ヽ
                 /''ー- ..,__ {.:.:.:.:{ /.:.:.:.:.:.:, --― 、.:.:ノ
                /:::::::::::::/{≦三三三三У:::::::::::::_ー-、
                 ,r ':::::::::::// /__,,.. -‐== {:::::::::::::/:::::::::::::::ソヽ
                /:::::::::::/::::/ /r ― ''  ̄} }::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
              /::::::::::::::/::::.ノ厂.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:! |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
          /:::::::::::::::::///.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:! |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\




         ____
       /      \     王族だかなんだか知らないが
      / ─    ─ \
    /   (●)  (●)  \.  やる夫はお前みたいな偉そうなヤツが死ぬ程嫌いなんだお
    |      (__人__)     |
     \    ` ⌒´    ,/   よって答えはノー、ここからはご自分でどうぞだお
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |


やる夫が混成世界で生活するようです
作者 W.W. ◆zjTCRVxzUU
原作 オリジナル
投下日 2014年4月5日
投下板 やる夫板2nd
やる夫長い理想郷板
状態 完結
最終投下日 2014年12月5日
主な登場人物 やる夫闇統べる王ニャル子やらない夫エドワード・エルリック矢澤にこウィッチ
関連項目 やる夫は魔王の従者になるようです
  

やる夫が混成世界で生活するようですは、オリジナルの日常系長編やる夫スレ

作者はW.W. ◆zjTCRVxzUU。2014年4月5日から同年12月5日にかけて連載された。

世界観[編集 | ソースを編集]

地球人や異星人、異世界人、超能力者が存在している異世界の地球。4種族のファーストコンタクトは既に歴史上の出来事となっているほどの過去なので、種族間の確執などは無い。また特殊能力を持たない一般人は護身用に刀剣や銃器の所持が認められている。

あらすじ[編集 | ソースを編集]

下校途中に暴漢に追われる女性を目撃した新速出やる夫は、放っておく事も出来ず暴漢を撃退する。だが、追われていた女性の正体はギャラクティカ星の第一子女ロード・ディアーチェであり、暴漢は家出した彼女を連れ戻すべく王が差し向けた追っ手だと判明。家に帰りたくないディアーチェは強引にやる夫の家に居着いてしまうのだった。

主な登場人物[編集 | ソースを編集]

双葉総合高等学園2年B組[編集 | ソースを編集]

  • 新速出やる夫 - 主人公。無能力者のため、能力者に勝つために剣術を身につけている。面倒臭いのは嫌いだと公言しているが、なんだかんだで放っておけない性格。
  • やらない夫 - やる夫の友人。常識人だが余計なことを言う事が多い。
  • 矢澤にこ - 裏表のある性格。やる夫に好意を抱いており、ディアーチェやニャル子の出現に危機感を感じている。
  • エドワード・エルリック - 異世界人の異文化留学生。自分の世界の錬金術も学んでいる。
  • ウィッチ - 異世界人の異文化留学生。魔法使い。苦労が多い。
  • ニャル・ラット - 転校生の異星人。通称ニャル子。やる夫の隣の席になった。
  • DIO - 担任。世界史の教師。意外と繊細な性格で、「顔怖い」は禁句。

街の住人[編集 | ソースを編集]

異世界からの訪問者[編集 | ソースを編集]

  • 新速出なのは - 異世界から迷い込んだ悪魔。やる夫そっくりのお兄ちゃんがいるらしい。
  • インデックス - なのはと共に迷い込んだ少女。異世界のやる夫とも面識がある。
  • 雪華綺晶 - なのはとインデックスが追っていた相手。一緒に迷い込んでしまった。
  • 天海春香 - 悪魔使い。なのは達とは別に来た訪問者だが、同じ世界出身の可能性がある。
  • エリザベート・バートリー - 春香と契約している悪魔。プライドが高く素直になれない性格。

外部リンク[編集 | ソースを編集]

関連項目[編集 | ソースを編集]

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SAライセンスの下で利用可能です。