Fandom


(カテゴリを追加)
(1話完結じゃないので中編に変更)
38行: 38行:
 
| まとめ=
 
| まとめ=
 
}}
 
}}
'''やる夫が科挙を受けるようです'''は、歴代中華王朝の官吏登用試験「科挙」について学ぶ編[[やる夫スレ]]。
+
'''やる夫が科挙を受けるようです'''は、歴代中華王朝の官吏登用試験「科挙」について学ぶ編[[やる夫スレ]]。
   
 
作者のトリップは不明。2008年5月7日から同月16日にかけて連載された。
 
作者のトリップは不明。2008年5月7日から同月16日にかけて連載された。
59行: 59行:
 
<references/>-->
 
<references/>-->
 
<!-- 脚注がない場合も削除せず、コメントアウトするようにしましょう。-->
 
<!-- 脚注がない場合も削除せず、コメントアウトするようにしましょう。-->
[[Category:やる夫スレ作品|やるおかかきよをうけるようてす]]
+
{{DEFAULTSORT:やるおかかきよをうけるようてす}}
[[Category:短編やる夫スレ|やるおかかきよをうけるようてす]]
+
[[Category:やる夫スレ作品]]
[[Category:学ぶ|やるおかかきよをうけるようてす]]
+
[[カテゴリ:中編やる夫スレ]]
[[Category:歴史|やるおかかきよをうけるようてす]]
+
[[Category:学ぶ]]
[[カテゴリ:2008年の作品|やるおかかきよをうけるようてす]]
+
[[Category:歴史]]
  +
[[カテゴリ:2008年の作品]]
 
[[カテゴリ:完結]]
 
[[カテゴリ:完結]]

2014年5月28日 (水) 20:27時点における版

                      _ 
                        / ', 
              ,、       /   ', 
           ヽヽ、    /     ', 
          /⌒',ヽ`ー、 /         ', 
         /   ',';`::ー`ヽ、      ',_,,..- ー - 、 _ _ 
         (   , ;':::::    `i    .;:' - ー - ー ' " / 
         ヽ,.......;   ,.,-,ー,-,'.、,..'::´        / 
 , - - ‐ ‐::::''""´:::::::: `ヽ/ ; ; ' ; '; ';).....       / 
 ';'''''''''"":::::::::::::::::::   ;;ヽ_' ;';' _';'ノ;;;;;::::.    /ー 、 
  `゙ー 、__        ;;;;:::;;`;;´;;:::;;;:;;::;:: __ :: ,/:::::  `ヽ、 
    /`ー - 、 _ ,, .. -''''"'''''"'''''""'''ー'"::  :::::::      ヽ. 
   /:::...      ヽ  ::::::::::::):::: ヽ:::::         __,::::ゝ 
 /:::...     __;:: ノ::::::::, ... /:::   )ヽ、::_ _ _ _ ;; ::- ''´ 
..(:::,,,___,,,:::-ー'''"" /;:::; - ' ´_.ノ:::::.  / 
           j/, ..- ''(:::   ::/ 
          //   |:::`ヽ__ .:::', 
          ^    |:::::   `7" 
                ';::   / 
               ヽ::  ノ 
                ヽノ 
やる夫が科挙を受けるようです
略称 科挙
ジャンル 学ぶ
原作 オリジナル
投下日 2008年5月16日
投下板 ニュース速報(VIP)
状態 完結
最終投下日 2008年5月16日
話数 全3話
主な登場人物 やる夫 長門有希 柊つかさ やらない夫 前田慶次
  

やる夫が科挙を受けるようですは、歴代中華王朝の官吏登用試験「科挙」について学ぶ中編やる夫スレ

作者のトリップは不明。2008年5月7日から同月16日にかけて連載された。

概要

長門有希によって清王朝時代の中国に飛ばされたやる夫が、柊つかさをはじめとするその時代の人々と交流を深めながら科挙に受かるまでを描く歴史体験系作品。タイムトリップ形式(実際は仮想世界だが)の歴史系やる夫スレの元祖である。

学ぶ系作品としての解説が丁寧なのは勿論、やる夫と同じく科挙を受ける人々との交流など物語としても面白く、その高いクオリティから四大長編ら共に2008年のやる夫スレブームを支えた作品の一つである。

外部リンク

関連項目

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。