Fandom



  j∧  : |  /j/ iリ  ヽ\l /   /     /   .|       ./      \                >
  |l i f^ l八 / /.ィヘうた卞、 ∨i   /     /    |       ./            \               / ゙、
  |i  ヽyぅ、    弋::r少  /  /     /i     |     /       ォ'//芯゙≧ミヽ        z彡ヘx  ゙、
  |l : ' 圦r'j     `    /  ./     / .l     |    ,'       ゙i! { {_ノ ,リ 〉`       ォ沁リ リ   |
  l!八. 丶 ソ     ::::::: / //   イ  l    |   ...|         乂≧ノ /         i込ソ ノ   |
    \ く          // /  / l   i   |     .|              ̄ ̄       、   `""´   /
     |>丶 、  フ  .///    /  l   |l   }     .|                       }   __ノ    /
     }    \     ((_/   / ^ト、 l   |i   八     \            \__/ ̄ノ      /
      /  i   \  .ィフ′/_..孑==ヘ_j   l:    ',     .\               ̄      /
___________________________________________
》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

                        原 作  :  西 澤 保 彦

               【 や る 夫 た ち は 人 格 が 入 れ 替 わ る よ う で す 】

___________________________________________
》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 {:::::イト::::ヽ::`::i:::| 仆弋:::::ヽ:::::::ヽ          .i              i            /::::::::>:::´:::::::::>、下:::::::::::
  {.::::i:.}ー‐lヾ:::i::|メ弋゚咋}:: ヽ:::::::ヽ        .|  、_,.ノ ヘ,__,  |          .::::>::´::::::::::::::/赱 У ヽ:::::i
  ヽ:::: |弋゚jソ ヾ/ """" |:::::::|::::::::ヽ      |  ( ● ) ( ● )  :!       .::::彡::::::::::/ /  `¨  (赱|::::::|
   }:::::ト"""" 丶     |:::::::|::::::::从         r   i   、           .::://::/:::::λ       ゝ/:::::/ ,
.  |::::i:;:;ヽ    tつ /}:::::::|::::ソ::::::ヽ       ハ ;.  .人  ノ /       .:/ /:/从::::/ ヽヾニ==≠x/::/
   i::::i:;:;:;:;:;゛ -  ィ /}:::::::i / ⌒ ヽヽ   _f(゙ヽ. ̄´_` ̄ /i丶____   ./ _/>/   、`   '  />`-‐
   ':::/:;:;:;:;:;:;:;:;:;入_ノ/|:::::/:/    .,×ZZ≦ノiヘヽ\   /_.ノ /\ー ≧zx ( >(二_{ /_\ > <ニニニ
  ノ彡--‐‐‐'∥li!i!/ |::从i:l. .、 .≠< / ∧ハt   ̄_,ハ _/   \   ,イ⌒ヘ .‐=ニニニニニニニニニニ
  ∥   、  ∥i!/   |/ }ソ/⌒`ヽ、  >´  {`  `ヽ {  ´ j   <  /   ヘ .ニニニニニニニニニニニ
やる夫たちは人格が入れ替わるようです
作者 ◆UpiVXinAhY
ジャンル 推理・ミステリ
原作 西澤保彦「人格転移の殺人」
時代 199X年
舞台 アメリカ
投下日 2014年4月7日
投下板 やる夫板II
状態 完結
最終投下日 2014年5月26日
話数 8話
主な登場人物 やる夫セシリア・オルコットダッチユダマリオロレンス
まとめ やる夫まとめ劇場(仮)
  

やる夫たちは人格が入れ替わるようですは、西澤保彦の推理小説「人格転移の殺人」を原作とした中編やる夫スレ

作者は◆UpiVXinAhY。2014年4月7日から2014年5月26日にかけて連載された。

概要編集

西澤保彦の五作目にして代表作ともいわれる「人格転移の殺人」を原作とした中編ミステリ作品。

六人の老若男女の間で不定期に人格の交換が起こる、というSF的な設定の中で発生した殺人事件を、論理的な推理によってその謎を解き明かしていく作品。複雑な人格の入れ替えがAAによって視覚的にわかりやすく表現されている。

あらすじ編集

この物語は入速出やる夫が自身の周りに起こった奇想天外な話を書き綴ったものである。

時は199X年12月20日、アメリカ合衆国カリフォルニア州にある小さなファーストフード店で、数十年に一度という規模の大地震に遭遇した入速出やる夫は店にいた他の客や従業員とともに店のシェルターに避難する。しかしそこは侵入した複数名の人格を入れ替える『人格転移』を起こす不思議な装置だった。合衆国の機密事項であるその装置の存在を図らずしも知ってしまったやる夫たち六人は、処遇が決まるまでの数日間、一般社会から完全に隔離された場所で共同生活を送ることとなった。人種性別年齢の異なる六人は、不定期に起こる『人格転移』により、互いの肉体の間を人格が移り歩くという奇妙な現象に悩まされる。

そんな密室の中で起こった連続殺人事件。次々と人格転移が行われる中で起こったその殺人の、犯人の『人格』は誰なのか。

主な登場人物編集

用語解説編集

  • マスカレード - 人格が入れ替わる現象のこと。
  • セカンドシティ - 人格を入れ替える施設総称。
  • スイッチサークル - セカンドシティ内部にある正円状の区画。ここで人格交換が行われる。一度交換してしまうと、ここに入らなくても永遠にマスカレードが続く。
  • スプリット・スクリーン - 施設内で人格交換時に発生する透明質の壁。

外部リンク編集

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。