Fandom


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
=================================================================
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

\\|_| \n_∥_n_n    |:: []__|_|__.|::.:. .. l!ヘl!  「|  「|
]士ェェェェェ| ∥::ロ:ロ|___、 |::.|X⌒X⌒X⌒X|::::.::. |曰||  .|.|'⌒|.|
 | /Λ /Λ:| //\ :::|─‐ヘ.∧二二二二二二二二|TT|  :|:|   |:|  .
 | || ||. || ||::| _./__.,>:| ゚_゚::゚::| |_l]_l]_l]_l]_l]_l]_l]_l]_l]_l.|.|_l.|-─────
 | ||_||. ||_||::| | 「| 「|| .∠∧┴/_n_n_n_n_n_n__/ l] l] l] l]
]士ェェェェェ] | l」 l」|ヘ、| |:::::| ロ ロ ロ ロ ロ ロ ロ ロ /_n_n_n_n_
 | ∠二二ヽl=|====| ̄|::| |:::::| ロ ロ ロ ロ ロ ロ ロ ロ | ロ ロ ロ ロ ロ ロ
 | ||:::::::Λ::| l: | 「| 「 ∧      ∧      .∧      ∧
┬┬┬| :|┬┬┬┬| :l┬┬┬┬.| :l┬┬┬┬| :l┬┬┬┬.| :l┬┬┬
∧∧/`| ::|ヘ/∨∨ヘ| ::|ヘ/'∨∨ヘ| ::|ヘ/∨∨ヘ| ::|ヘ/'∨∨ヘ| ::|ヘ/∨∨
./⌒ヽ :| ::| 〃⌒ヽ | ::| ,〃⌒ヽ | ::| 〃⌒ヽ | ::| ,〃⌒ヽ | ::| 〃⌒ヽ
二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l
_l'__;l__ l>┬┴┬┴‐┬┴‐┬┴‐┬┴┬┴‐┬┴‐
__;l__l/´,>┴─┴‐─┴‐─┴‐─┴─┴─‐┴

                                         / ̄ ̄ \
                               .         _ノ  `⌒   \
    ―――さて                             (●).(● )    |
                                        (__人___)    |
                                      , =二ニニヽ、   |
    そいつを連れてレストランに入るのは            /  二 ヽ、V   ト、_____
                                    /   -、 }、j´   /:::ノ::::::::.`' ー- 、
    いろいろとマズい気がするな                 /   /{_/_、____,. "/::::::::::::::::::::::.. ヽ
                                     _/___ ノ:::::「、::::::::::/ :::::::::::::::::::::::::::::::::.. '、
                                 _/ ::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::. '
    ストリート・ベンダー                   l :::::::::::::ヽ〈:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i :::::::::::::::::::|
    街 頭 商 人から買ったほうがよさそうだ  ,' .::::::::::::::::::}::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| :::::::::::::::::::|
                                ,' .::::::::::::::::::ハ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| :::::::::::/ ||
                                 ,' .:::::::::::::::::/::/ \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::| :::::::::::::::: |:|
やる夫で学ぶヴィクトリア朝イギリスの立ち食い飯屋
作者 ◆ePj4HRjxK.
ジャンル 学ぶ 歴史 グルメ
原作 オリジナル
投下日 2012年5月6日
投下板 やる夫板II
状態 完結
最終投下日 2012年5月20日
話数 全3話+おまけ1話
主な登場人物 やる夫 やらない夫 真紅 アザトース
  

やる夫で学ぶヴィクトリア朝イギリスの立ち食い飯屋は、イギリスの外食産業について学ぶ短編やる夫スレ

作者は◆ePj4HRjxK.。2012年5月6日から同年5月20日にかけて連載された。

概要

同作者の過去作品「やる夫と食べるイギリス料理」において省略された、外食産業についての描写の補完的な意味合いとして開始された作品。ただしストーリー的には「イギリス料理」との繋がりはなく、独立した作品となっている。

作者が当時の資料をあたった結果、食品偽装や衛生管理の問題が洒落にならないレベルであったために「どうあがいてもマズメシ」になることが発覚。タイムスリップを始め、時代考証を無視して「現代の衛生基準・環境で再現した当時の料理」を題材にする理由付けをするために、やむなく超常的存在(=アザトース)の力を借りたという。

外部リンク

関連項目

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。