Fandom



               /  __,.-─-.、 \
               / ̄  / ,. -──-_、\ \      -l‐ __  l_/_ -‐ァ  /   r┬ 、 ┼、ヽ
.            /    . : ::/ニヽ⌒/、 }ヽ \ ヽ     / rj、 (乂 ,) (_ /`し し  ノ ノ、ノ ア
         /    . :.:::/ (__ノノ (__ノ ノ-く\ヽ ゙、
        /         ハ、__,.イ_ヽ`フ´ { (^リノハ._  \   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ツ
       /          _l/ (r`Y (__)| U`二__f{。}|   /  このオレをッ!
.       /         / \___人┬ ' _/f__。l「 \  /
     .'        /   |/ヽ「r`V/ \_,リ`ニフ  /    二時間しか寝てねー奴が炎天下歩いてたら
.     ;      /     ヽ. \ニ.ヘ uヽ ̄ (巴ノ  \   
     i     ./     l   \    >ー─一' .i   ヽ  熱中症で倒れるのはあたりめーだろ!糞!糞!糞!
    /   ./     ,. -┴ 、  ` ̄ノ  __   . :::ヽ 、__人_
    /   /     /  -、 V   / ,.ィf‐‐く    ::::__     て_       ‐┼‐l l ノ‐┬ ┼、ヾ  /
   /   ./     _|     〉│  //::(二二 〉  /  ̄\  (     / | ヽ   ノ  .ノ、ノ ツ ・
  ノ/ /  ___/__   / / /::::::::`r─_r' __ナ─:--一:} (`
    ,斗=三     \ _/ /ニ二 ̄  ̄ =≠/`ー─、 ∧__,\        __ __
   ≠ ノ =キ      三‐<__  ̄ =≠ニ___/:}  (  \  /:7/::/:/
  三     三\   ー=手       ̄ =キ:::::::::::::::::::::::::/{   て  〉/::└:ァ ̄
  ニ\   三三> 、_ナ        三王::::::::::::::::::/_ノ r-(   / |:::r‐┘_/7仄!
   ̄ ̄` =ー─='´    、_____三ナ──-へ´ '⌒ヽ (__ / L:| /::::::__:::::7
   |      三      三二ニ      ̄`ヽ::::::::::::: ̄二ヲ  て.    `7:/ L/
   l       =ヽニ三   ̄ ̄   ̄三二  三::::::::::::::::::::::/ノ  __(   「l_[I]/二 7
   l  \       / ̄三=─----==ニ二三、_::::::::::__/ノ /` | }二. n_|  / / ロコn
   !  / \     /\      | /       ̄ ̄   /   \  レ'    〈/ヽ>  ノノ




       ____
     /ノ   ヽ、_\
   /( ○)}liil{(○)\
  /    (__人__)   \   はいサーセンシター!!!
  |   ヽ |!!il|!|!l| /   |
  \    |ェェェェ|     /

やる夫で学ぶ熱中症
作者 童帝 ◆CDXOg0zb8E
ジャンル 学ぶ系
投下日 2013年8月10日
状態 一話完結
主な登場人物 やる夫高町なのはギアッチョ
まとめ やる夫スレ自分チェック用
  

やる夫で学ぶ熱中症は、熱中症の予防及びなってしまった時の対処法について学ぶ短編やる夫スレ。

作者は童帝 ◆CDXOg0zb8E。2013年8月10日に投下された。

あらすじ編集

なのはと一緒に炎天下の中を歩いていたやる夫は突然嘔吐して意識を失ってしまう。

通りがかったギアッチョに助けてもらい自宅で意識を取り戻したやる夫だが、
「しかし、一体何でやる夫が倒れたんだか・・・」
と思わず口に出してしまったのがギアッチョの逆鱗に触れてしまい、ギアッチョの怒りの熱中症講座が始まるのであった。

外部リンク編集

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。