Fandom


(脚注:clean up, replaced: [[Category: → [[カテゴリ: (2))
(エター化)
23行: 23行:
 
{{やる夫スレ作品
 
{{やる夫スレ作品
 
| タイトル=やる夫でMr.Clice
 
| タイトル=やる夫でMr.Clice
  +
| 略称=
 
| 作者=[[◆TMmb8/7L/A]]
 
| 作者=[[◆TMmb8/7L/A]]
 
| ジャンル=漫画
 
| ジャンル=漫画
29行: 30行:
 
| 舞台=
 
| 舞台=
 
| 投下日=2011年6月15日
 
| 投下日=2011年6月15日
| 投下板=[[やる夫スレヒロイン板]]<br/>→[[やる夫スレヒロイン板(新)]]
+
| 投下板=[[やる夫スレヒロイン板]]<br />→[[やる夫スレヒロイン板(新)]]
| 状態=現行
+
| 状態=[[エター]]
| 最終投下日=2013731
+
| 最終投下日=2014420
 
| 話数=
 
| 話数=
| 登場人物=[[朝倉涼子]]([[やる夫]]) [[やってられっか夫]] [[やらない夫]]
+
| 登場人物=[[朝倉涼子]]([[やる夫]])[[やってられっか夫]][[やらない夫]]
 
| 関連項目=
 
| 関連項目=
 
| 備考=
 
| 備考=
 
| まとめ= [http://yaruowohiroiyomi.blog.fc2.com/blog-category-23.html やる夫を拾い読み]
 
| まとめ= [http://yaruowohiroiyomi.blog.fc2.com/blog-category-23.html やる夫を拾い読み]
 
}}
 
}}
<!-- 「エター理由」以外の項目は、後の執筆することを考えて、書くことがなくても空欄にしてください。使い方は「Template:やる夫スレ作品」のページをご覧ください。 -->
+
 
'''やる夫でMr.Clice'''は、[[秋本治]]の漫画「Mr.Clice」を原作とした長編[[やる夫スレ]]。
 
'''やる夫でMr.Clice'''は、[[秋本治]]の漫画「Mr.Clice」を原作とした長編[[やる夫スレ]]。
   
作者は[[◆TMmb8/7L/A]]。2011年6月15日より連載
+
作者は[[◆TMmb8/7L/A]]。2011年6月15日より連載されていたが、2014年4月20日を最後に投下が途絶え[[エター]]となった
<!--長編の場合は「長編やる夫スレ」、中編の場合は「中編やる夫スレ」、短編の場合は「短編やる夫スレ」と左下の「カテゴリを追加」から、それぞれのカテゴリに登録してください。現行スレでどれだけの話数になるか不明な場合は、「やる夫スレ作品」に登録しておいてください。-->
+
 
==あらすじ==
 
==あらすじ==
 
国家特別工作機関工作員である[[やる夫|繰巣やる夫]]は、任務中に事故に遭い死亡してしまうが、上層部の思惑によってある手術により復活を遂げる事になる。しかし、その肉体はなんと20代の女性のものであった。
 
国家特別工作機関工作員である[[やる夫|繰巣やる夫]]は、任務中に事故に遭い死亡してしまうが、上層部の思惑によってある手術により復活を遂げる事になる。しかし、その肉体はなんと20代の女性のものであった。
51行: 52行:
 
いわゆる[[性転換]]モノの作品ではあるがその要素は薄く、コメディ部分が突出した内容となっている。話の都合上[[やる夫]]は[[朝倉涼子]]の外見で登場する事となるため、そのギャップが実に軽快。また、原作同様にオチが毎回何らかでやる夫にとって不条理なのがお約束となっている。
 
いわゆる[[性転換]]モノの作品ではあるがその要素は薄く、コメディ部分が突出した内容となっている。話の都合上[[やる夫]]は[[朝倉涼子]]の外見で登場する事となるため、そのギャップが実に軽快。また、原作同様にオチが毎回何らかでやる夫にとって不条理なのがお約束となっている。
   
更新頻度はゆっくりめで、ときおり作者の生存報告がある。
 
 
==主な登場人物==
 
==主な登場人物==
 
*[[やる夫|繰巣やる夫]] - 有能なエリート工作員。やる夫の姿で登場するのは極僅かで、全編通して[[朝倉涼子]]の外見となっている。
 
*[[やる夫|繰巣やる夫]] - 有能なエリート工作員。やる夫の姿で登場するのは極僅かで、全編通して[[朝倉涼子]]の外見となっている。
62行: 62行:
 
*まとめ[[エター]]([[やる夫まとめもZ]]):[http://matomemo3.blog.fc2.com/blog-category-39.html 【Mr.clice】やる夫でMr.クリス]
 
*まとめ[[エター]]([[やる夫まとめもZ]]):[http://matomemo3.blog.fc2.com/blog-category-39.html 【Mr.clice】やる夫でMr.クリス]
   
<!--
+
<!-- ==関連項目==
==関連項目==
+
*[[]] - -->
*[[]]-->
 
 
<!--関連項目がない場合は削除せず、コメントアウトしてください。-->
 
<!--関連項目がない場合は削除せず、コメントアウトしてください。-->
<!--
+
<!-- ==脚注==
==脚注==
+
<references /> -->
<references/>-->
 
 
<!-- 脚注がない場合も削除せず、コメントアウトするようにしましょう。-->
 
<!-- 脚注がない場合も削除せず、コメントアウトするようにしましょう。-->
 
{{DEFAULTSORT:やるおてMr.Clice}}
 
{{DEFAULTSORT:やるおてMr.Clice}}
73行: 73行:
 
[[カテゴリ:コミック]]
 
[[カテゴリ:コミック]]
 
[[カテゴリ:2011年の作品]]
 
[[カテゴリ:2011年の作品]]
  +
[[カテゴリ:エター]]

2016年11月2日 (水) 10:11時点における版

               ,..-―-、-..,_
      (.`'^)      / ヽ イ ,r、`、 `ヽ
      ヽ" .,rニ=r' ,r." ヾ.'"  ヽ\_ ノi
   ..._,..、   f., /イ,'' .f.,.i`v'"i    `ー∧',
  ..../イ .|   レ{ ,'.ii .,A,iii  ,.}-}、l .l', .ノi,'
. .....fυ! |     .リ.ヘi'リ.リリ  .ノ'/,jイ.j jィ.i /
 r.、、^ri l、.   ..,'i v仍   乍心'"il、ィ'.!,
 i^i'``).} r'.    .リ!i ',`",  `ー / ./ノ.l .ト',
 T"´ /        ,..',. ヽ ` ー _, /.イ ,' l .ト`、
. ..i i l       /  `"、/` ∠イノ.// l i ', \   _ fi
  l  .',    /   ,r'.`、 ,r",..,ィ" 、 i ',.‘, .\ーl.ト`、_
  .!.  ',.  .,:'  .,'/  / ././    .ヽ.i ', ,. '",'" '.」.l  ヽ
  .i  ‘,.'   ./f    jノ./ `ー-  .',', `y=、.l.r‐、''¨ ,..''r.r ..,_
.  .i   .l  /  .i .,r _,ノf      .',.', .l  il.l`、', ',.l.,'-`‐〈_._ノ
    ',  .'. ',    ',,'./  i   `、   ‘,r"''_ノ.l'" j  .l.l ` ー   .)
    .`、_ ,r' `、   i     ‘,    .ト   ‘.l . l  l l-.} .i.i.i     ,'
           .`ー.''i\     `x'   .l `、  .ノ- -、.l l./ . ,' ',',    .,'
              ‘, ` ー-‐'" .`、 ',. ','、 l i_l `   ,' .',',    ,'
                ‘,      `、.', .'、`!、__    .,' 、 ',',   .,'
                ヽ        `、 〉`ー-~ィi  ,'、  `.',',‐.,'
やる夫でMr.Clice
作者 ◆TMmb8/7L/A
ジャンル 漫画
原作 秋元治「Mr.Clice」
投下日 2011年6月15日
投下板 やる夫スレヒロイン板
やる夫スレヒロイン板(新)
状態 エター
最終投下日 2014年4月20日
主な登場人物 朝倉涼子やる夫)、やってられっか夫やらない夫
まとめ やる夫を拾い読み
  


やる夫でMr.Cliceは、秋本治の漫画「Mr.Clice」を原作とした長編やる夫スレ

作者は◆TMmb8/7L/A。2011年6月15日より連載されていたが、2014年4月20日を最後に投下が途絶えエターとなった。

あらすじ

国家特別工作機関工作員である繰巣やる夫は、任務中に事故に遭い死亡してしまうが、上層部の思惑によってある手術により復活を遂げる事になる。しかし、その肉体はなんと20代の女性のものであった。

概要

こちら葛飾区亀有公園前派出所」で知られる秋本治のスパイアクション漫画を原作としたやる夫スレ

いわゆる性転換モノの作品ではあるがその要素は薄く、コメディ部分が突出した内容となっている。話の都合上やる夫朝倉涼子の外見で登場する事となるため、そのギャップが実に軽快。また、原作同様にオチが毎回何らかでやる夫にとって不条理なのがお約束となっている。

主な登場人物

外部リンク

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。