Fandom


 |                ::|:    |            :|
 |      ヽ__ノ   ::|:    |            :|
 |     /_ノ ヽ_\  ::|:    |            :|
 |   / (≡ ≡) \ :|:    |    , ―‐-‐‐、  :|
 |   ( ::::: (_人_) ;:::: )|:    | _,-|》《|} ,   、 《|}、 :|
 |    >   `‐'   < :|:    | ,イ , l/ノレハ/ハヽ〉ヾ |
 |   ( .i       i .) ::|:    | ノ,/ /(| | ┃ ┃ ||ハヾ |
 |    .゙ヽ       ノ" :|:    | ´ル/ハ| |、'' ヮ''ノリvV`|       i" ̄ ̄: ̄ ゙̄!.
 |      \/ /  ::|:    |   ⊂{| {.》《} |}つ  |        |       |
 | ゜.  / ./ヽ,    :|    :|  ・.く_#l_##j,ゝ  :::: |       ,|_____._|フi
 |,, -⊂~_)_`__)- 、|:    |,, - . (__j__)― - 、|        | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| .|
/ ヽ、_______/ヽ  ./ ヽ、_______/ヽ       |       .| .|
|ヽ、イ_______ヘ/|  |ヽ、イ_______ヘ/|        |       .| .|
|  |           | .|  |  |           | .|        |       .| .|
.ヽ、|__介_介___!/.  ヽ、|___介_介____!/       |       .| .|
     ノ/  ノノ             ( (  ((           |  ⑪      | .|
    ( (  ( (               ) ) ) )           |_从___|/
.     \\ \ヽ            /ノ / /            ///
       ヽ ., - '' "   ̄  ̄  " '' - , / /            .///
        (                )              ノノノ
       :| ゙ ' ー-  , , _ _ , , -‐ '' " |三三三三三三三三三三ン
        ゙ ' ー - , , ___ _ ,  -‐ '' "    
やる夫とまどかは入れ替わるようです。
作者 ◆/b39qUVaw2
ジャンル SF、恋愛、漫画
原作 森永あい「僕と彼女の×××」
時代 現代
投下日 2014年7月26日
投下板 やる夫スレヒロイン板(新)
状態 完結
最終投下日 2014年8月2日
話数 全9話
主な登場人物 やる夫鹿目まどか
  

やる夫とまどかは入れ替わるようです。は、森永あいの漫画「僕と彼女の×××」を原作とした中編やる夫スレ

作者は◆/b39qUVaw2。2014年7月26日から8月2日にかけて連載された。

あらすじ編集

高校に入学し、期待と不安でいっぱいの小心者のやる夫はクラスメートの鹿目まどかに一目惚れする。その気持ちを知ってか知らでかまどかは一緒に帰ろうとやる夫を誘い自宅へと連れて行くが、そこで待っていたのはマッドサイエンティストの母と怪しい機械だった。そしてやる夫は好餌に釣られて胡散臭い実験の被験者となってしまう。

概要編集

本作は映画「転校生」に代表される少年少女の入れ替わりをテーマにしたやる夫スレであり、当初は既存の類似作品[1]の可能性を否定しないオリジナル作品[2]として開始したが、一部の読者の指摘をうけて作者が考慮の末に上記のように「僕と彼女の×××」が原作であると改めてアナウンスする結果となった。ゆえに原作再現を期待して読んでも詮ないことであり、原作ファンは設定を転用した別ものと考えた方が良いと思われる。

本スレは入れ替わってしまった二人の言動はもちろんのこと、事情を知らないやる夫の家族やクラスメートたちの反応に加え、二人の親友で友達思いのやらない夫暁美ほむらの善意の勘違いや空転気味の友情がくすぐったくも楽しい内容となっている。また異性の身体の中で恋とは何かに悩み、思い煩うまどかの心の成長も描かれ、せつなくほろ苦い恋愛物の側面を持った作品である。

主な登場人物編集

  • やる夫 - まどかへ密かな思いを抱く主人公。恰幅の良い野球部員だが気弱で外見にコンプレックスを持っている。
  • 鹿目まどか - 優しく明朗な性格のヒロイン。可愛いが幼稚で考えが単純すぎる上に周囲が心配する程のドジっ娘

外部リンク編集

脚注編集

  1. 人格の入れ替わり自体は特に目新しくもなく、SF、ギャグ、ジュブナイル作品などでは古典的展開である。
  2. 1レス目に"一応オリジナルですが、私の想像力の乏しさによりどこかで見たシチュエーションがあるかもしれません。"と注意書きをしている。
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。