Fandom


            . .. . .. ... .. ..   . ...+ ...    .:   . .。. ... ゚ ヾ(;ゝヾミ;;;ヽ ヽ::;;ヾ::;;;:;;`;;ヾヾ※ヽゞ;;ゞヾ|::i:i :ゞゝ/
           . .:: ::. ,. - 、  ..:. :..    ゚ ..:: ::   .     ゝゝゞヾ;;::;"ゝゝ;;:※;;゚::ヾヾ※。ゝゝ;;:;;ヾヾ:|::;ii:: :;;ゞゝ
            . .. .  {  ..:: } ....   .. .  . ... ... .. .. .. ..   . . . .. ゝ;;ヾ::ヽゝ;;';ヾ;;ゞ::'ゞヾミミ;;:'ヽ;;゚ヾ⌒;;:ゞヾゝヾヾ
            .. . ....` ‐ '゙    ...  . ... ...    +. ... ...    ..::   ミゞゝ;;:;'';;ゝ;;:ヾ;;ヽ;;:;ゝヾゝ;ヾソ;;ヽソ;;'ヾ
             ..::   . .. . .. .. .゚... ..   . . . .. .  . ...  .. .. .. ..。   . . .. .  . ...ゞゝ;;::';:ミミヾヾ※ヾヾヾヾゝ":
            :::....::::::........ . .::::::... .... ..:::::::....::::::....゚.. . .::::::... ....::::::::::.......   ........  .........  ゞゞ;;ヽヽ゚彡ヾ:;;ゞゝヽ
           ゙''、,,_,,,,-‐'゛``''、,.. .. . ... .:。 .. ...::..: : ..  :.. . ... :::....*::::....::......  ::::...゚..:.: :: ..::...  ..... : . . ...|ii; :;;::;:iii:
           ;'' ;~'',;'''',;'';'' ;~'',;''゚ ;~'',;;.. .. . ... .::::.. . .*..:: : :.. ..-‐ - 、.... ::::::::::.... .... ..+ :.:::.. ::. .::   |i ;;:::.:: ::ii::
           ,;'',;''゚ ;~,;":;;;: : ;: ;: ;::::::``゙''::;.-‐'゛~゙`゙''-、../           \........ .... 。. :::.......::: ::..      |:: ::;;ii:::::i;;:
           ::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`:;,':,:;.,:;.:::;.:"゙''、,;.:'"゙:./  〃 |         ヽ.,.,.,..,.,.,.,. .. .. .. ..   .,,.,,...,,.|::;;:;::i:::i::::;;
           :;,':,:;.,:;'' ;~'',;''゚ ;~'',;;~'',;';~.:.:;,`:;,':,:;.゙:.:゙,:;、.{  { |  |       ハ-;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...γ;;⌒;;(;(;|;;::::;ii:::;:::;;
           ":;;;: : ;: ;: ;:  ; ::; : ;:; :; :  :: :; '' ;~'',;''.ゝ 从.|  |  丶     .}.',;'~,;゙''、,. ..  (;;(::;ミ;ソ:ミゞ|:::: ::;;:;:::
           ::;...;;.;;ii:i;;:;i,'' ;~'',;''゚ ;~'',;'',;' '゚ ;~,;''゚ ;..;;.;;ii:i;;:;.`l リ  |   八    :|.i;;:;i|゙:.:゙,:;、,;,;';⌒;;ミ彡ヾ;。;|i:::ii:::i:: :::;
           ゙ゞ:.ミ,,;'',;' ;~,;''゚ ,:;,`゙ゞ:.ミ,,;'',;' ;~゙ゞ:.ミ,,;'',;' ;~.!ノ'  |    \   \.:;.::;,゙ゞ:(ミ;;;⌒;;*;;((::;ゝ|iii::; ;i;::::;i;
           :.ミ,,;'',;' ;~,;''゚ ,::.ミ,,;'',;' ;~,;:.ミ,,ii;'',;' ;~,;''゚ :.ミ,,;'.ソ   | ハ   `ヽ.   \.ミ,,;'',;ゞ⌒;;ミミ;;;⌒);;|ii:::;; ::::ii::i
           .:.:;,`:;,':,:;.゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`:;,':,:;.゙:.:゙.:.:;,`:;,':,:;.゙:.:゙,:;.八   从. \    ハ  } (((;;;ミソ;;);;:ヾ;ミイiii:::;; ii:;;::
           叮品凸ョュョエョTTlliI且巫Πェヶュ櫓鬥櫓 .∧  ヽ冫rf千≧=、 ノ  /...wfwヾヾ`"''”`''`ソ::;;;/;;;;i!:::;;:
           二F?矼个∧∧幵森森ΓA日旧コヨ:::皿コ.爪∧   \///////} ;  f         ,.,,.rー''゙/::;;/;;彳;; ::;i
           同冂館?只凹?硼四イイli俎益rrn間搭 {//刈.    ∨/////| i 八       `''"ソ´://::;:;∧;;:;ヾ
           傘傘並IIIiΑ晒п器?倉Mn卅夂,vV'".∨/ノ    ノt/////| ヽ   \   ※ ノ;;;/::;,(::;vvwviiw
           川川循州店ロヨ(○)(○)wV''"゙~   ...}彡   /从,//////|  }    )  ."  ソ wfvWf※wWii
           彡彳壁鬥壁:::,.,,ヽ|〃ヽ|〃     " .‐=ミ-‐ jハ }///////| ′ /
           森林:;;,.wv''"゙(○)(○)(○) (○) ...爪    \ゝ|ノ ////// |/ {〃   .''       ※
           ""゙゙~(○)(○)|〃ヽ|〃ヽ|〃 ヽ|〃 (|' \   ヘ ∨//////,}  从_ ィ
              ヽ|〃ヽ|(○)(○)  (○)(○)f`ー‐┐ト  /∨/////,} ' ヾ一' .,,.,(○)   ''
           (○)(○)(○)|〃ヽ|〃(○)|〃ヽ|  |////| ,! `´  ∨////ィ}   l ヽ  ヽ|〃 (○) (○)(○
           (○)(○)(○)|〃ヽ|〃(○)|〃ヽ|  |///く∫孑 , -‐=∨///'∧ l 丿|ノ  .ヽ|〃 (○) (○)(○
やる夫の人生は桃色に染まりきっていたようです
作者 手尻打 ◆YXGYpMtfHs
原作 やる夫に男友達ができたようです
投下日 2015年1月22日
状態 完結
最終投下日 2015年1月23日
話数 2話
  

やる夫の人生は桃色に染まりきっていたようですは、やる夫に男友達ができたようですを原作とした中編やる夫スレ

作者は手尻打 ◆YXGYpMtfHs。2015年1月22日、23日の二日にかけて投下された。

概要編集

男友達シリーズの二次創作。現代に生きるどこにでもいる普通の青年が、突然未来の世界に飛ばされ、そこで出会った少女と共に人生を歩む物語。高校には入学しない。

転送後、プチホームレス状態の所を「保護」されたやる夫が、彼の世話係となったルイズとの距離を縮め、幸せな家庭を築いた時点から物語がスタートする。彼らの様子は正に「比翼連理」や「おしどり夫婦」といった所である。

前編は主にやる夫視点、後編はルイズ視点で物語が語られ、同じストーリーなのに受け取る印象がガラッと変化する。後編を最後まで読み終えたら、是非もう一度前編の冒頭を読み直して頂きたい。

外部リンク編集

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。