Fandom


    r‐v  .r=ァ ⌒V r‐‐┘ ^V 「 ,.イ)   . -=ミ      ヘ  〔i⌒Ⅵ!⌒i〕 ⌒V.r┘ V.r┘ r‐v     ┐ ⌒V r‐‐┘
   } iⅥ } {   }└‐┐   } .k'_/  //⌒ヽ.V   ./∧      .} {       } {   } {   .}  V / /.{    }└‐┐
   } {. Ⅵ.} {   } 「 ̄    } .ト、\_  { {   .} }  .//=‐Ⅵ    .} {       } {   } {   .} {Ⅵv ./.} {    } 「 ̄ 
   .ノ_;  ⅥI{  .,乂__ ̄”ア _乂__〉 \_j 乂-=彡'′//    Ⅵ  ノ_ハ     . 乂_-=彡'′ .}_{ .Ⅵ/ }_{  ,乂__ ̄”ア

                                  -─‐-
                              ´        \
                         /                     ┏───────────────┓
                            / /   ./. .    ヘ∧          │   我が庭に集え古の獣達よ!    |
                        / /   ./ ./ / . . ^⌒i . . .i  i    ┗───────────────┛
                         i. /  . / ./レ仁/    |._. /|. . |i
                        /i| {^i. .∧/ィ芯ヽ   ィ芯ヾ| . .λ
         -‐ ‐- 、         / j 八 i. .i 弋ツ    弋ツ 厶イ゙リ
      /       \ _   イ /    . ./. .∧       '   /i  |〈       __               ,、丶//,
     /   _,      ヽ.  /   . ./. ./. .i丶  ー‐  イ.i|  |. \..... ,.:'".:/.::. :: .:: ``丶、     / // /
     ,ゝ、ノ´(● )      ヽ/     //. ./. .r< |>。 _ ィへ i| ∧゙-―.:'.::. ::/.::. :: .:: .:: .:: .:: : : \__,/ // /
     ノ            )_   / イ. .厶ィj  \    |/トヘ/⌒>.::. ::. ::. ::. ::. :: .:: .:: \ .:: .: . ヽ // /
    | ゝ ' ー'       /   `ヽ.  /´      _  ̄ x──く /.::. ::. ::.:/.::. ::. \.:: .:: .:: .\.:: .:: .: ./ /
    ヽ ー‐                  `ヽ、    γ ─ У /⌒) j/.:/.::./.:/:/.::. ::. ::i.:: :\.:: .:: .:: :\.:: .:: :. ,
      `ヽ_ -‐                   \  人 ー=彡 ←─= '.:/|.::/.::'.::'.: |.::゙゙::. |.:|.:i、.:\.:: .:: .:: :\.:: :./
      /  ゝ'"       ≦、      ヽ ヘ‐vヘ | i\.  {' |.::. :i.::i.::.:|.::. ::/|.:|.:| ィf气、.:: .::|i.::.:\:i
      ノ              `フ ̄   /. λjJJ┘_ | | i\  i|.::. i|.::|.::.:|.::ィ=ミ|八| 乂ソ }.:: :八.:: .:: |i
     /   ヽ            /      / ,     У/ | | | |ン゙ 八: 八 |.::.:|.::弋ッ゙.゙,   -‐===へ\ :从
    /    r- 、' ヽヘ 、-ュ   _ノ    /. /i     ィ^| | | | |   \ヽ ヽ.:::V込   /二二二ニ{ ⌒ V
    ノ  ̄ ̄└-メ_j .| | |~゙i||-、 ̄ヽ_./ ゙i  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄./\     //   个/ヘ二二二二|∧/ i
   i       'ゝ、_``´-イ|| ゙i {. |¨`‐-'._         -=ニ二\ /乂――-=ミ (_/ヘ ヽニニ 八 V |
   ゝ、 _ -‐'"´   j └'"`Tノゝ、ノ‐-._  ~¨ ‐-._.  /二二二二/ >=`⌒ヽ: : : ノ:)しヘ }二ニ////人 、
            i、    ``´     `ヽ` ‐-.__ ` ‐-.__r'⌒/ / ̄ / ̄ 乂 : : : /(ノ/ノヲ¨¨¨7::::::ヽ\
            / ヽ       /   ヽ、   ` ‐-.__ 〉_( (_)ニ|彡イニ /ニア彡 ̄二二二 /√ ̄ ̄⌒
           /   ヽ     /      ヽ   __∨乂 _ 彡 7八 /ニ/===彡\\二二二:/´
          /      \  /        ヽ./   \'――=彡   | / ̄/:::::::::::::\\二二{
         /        ,‐、          `、 / / }      ノ::/::::::/:::::::::::::::::::: \\ニ } 
やる夫の庭にねこあつめ
作者 ハック ◆y4sK/BWxfU
ジャンル ゲーム系
原作 ねこあつめ
投下日 2015年5月10日
投下板 やる夫スレヒロイン板(新)
状態 完結
最終投下日 2016年1月4日
話数 全28話
主な登場人物 やる夫星光の殲滅者アウラ
  

やる夫の庭にねこあつめは、Hit-Pointのスマートフォン用アプリケーション「ねこあつめ」を原作とした ゲーム系長編やる夫スレ。

作者はハック ◆y4sK/BWxfU。2015年5月10日から2016年1月4日にかけて連載された。

概要編集

本来庭に猫を集めて観察するだけのゲーム「ねこあつめ」に様々な要素を加え、コメディに仕立て上げた作品。

冒頭部分で「私の独自解釈と悪ふざけにより悪性変異しておりますので見るときは猫の額より広い心をお持ちください」と作者の注意書きがある。

あらすじ編集

ある時猫にじゃれつかれ困っていたハムスターの女神を助けたことで、お礼に高級カリカリ(猫の餌)を貰ったやる夫。そのカリカリを猫に与えたところ、何故かやる夫の目には人間のように見えるようになってしまったのであった。

そのうち餌や玩具を目当てに様々な猫が集まってきて、やる夫の家の庭はだんだんと賑やかになっていく。

主な登場人物編集

  • やる夫さん - 平凡で普通の高校生。庭の主。
  • アウラさん - ハムスターの女神。本名は「亜浦たみよ」。やる夫に高級カリカリを与えた。
  • やらない夫さん - ナレーター。どこからともなく現れては実況を行う謎の男。
  • オドさん - 羽毛枕の神。本名は「猫大帝オドローム」。猫グッズ専門店「ねこあつめ」の店長。
  • 輿水さん - エスカレーターの女神。「ねこあつめ」のバイトと神界のアイドルを兼業している。
  • シュテルさん - やる夫の庭に最初に現れた猫。忠誠心が高く、庭の秩序を守る。
  • ちひゃーさん - シュテルに続きやってきた猫。スタイルのいい猫に厳しい態度を取る。
  • 長治郎さん - やる夫渾身のセンスで名付けられた猫。性格は普通。
  • 満足さん - 珍しい雄猫。現れるたびに庭の餌を食い尽くす[1]

外部リンク編集

脚注編集

  1. ゲーム中のレア猫「まんぞくさん」と同じ挙動。
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。