Fandom


                            |>
       ,. -.、                    γヽ  l>               -.、
      /':':':':':`.、                    にiコ,、∧             /':':':':':ヽ、‐-.、
   _ノ':':':':':':':':':':': ー、             A l/ヽrヘ!lll_   _    _,...-‐':':':':':':':':':':':':':':':':':
 ..:'´':':':':':':':':':':':':'_,. -‐:.'´`ヽ   _     ...、iY´`ニlllヽ^i Yl ':':':ヽー:.'':':':':':':':':':':':':':':':':':':':':':':':':
-‐'':':':':':':':':':':':':':':':´':':':':':':':':':':':゙゙ー':':':.`   |:!:::、\}l:Π::ー'r-ヘ,、   `
  ...  .:.     ..:::               i:::/:::::、:::::ヽ::::::::::lニl=|    ::    ..:   ..
                      〈二〈ニニニl」ー-'ニニニニl
   ..:..                   i:::::/:::::::::il:::::: ̄:::i!:::i:::l:::|
        ..:               /:::/::ィ::::::i::::::::::::::::::l:::::、::i::|_   ................
                 ▲__ ∧==〈〈;;l:::/:::γヽ::(;;''):::〈::|-、ヽ
               /l    l\_ll二 '''ー| 「ニニニニニニl^l-' i      ..:.
    .:::::::..........       ▲lヘニヽ  :\ll ヘニヽ||_.| ヘニヽ,-、,-、l :l  l\▲_
              /ll\ー' ヘニヽヘニヽ ヘニヽヘニヽ' ヘニヽ ヘニヽ /i _ ヽ
               / /||  \▲ー'  ー'  ▲‐'  ー'   ▲ __ ▲' /  ヽ \     ..:
          //:.:.\   i l ̄ ̄ ̄ ̄l l ̄ ̄ ̄ ̄l l   .l i/   // /l、 ::.
           ,< 〈:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ソ/ヽ二ヽ――l__!――――l__!―‐ l__! /二/ヽ.//::::ヽ
         r〉 \ニニニニニニ |__|_::l_____く二二ゝ_____| ̄O| /::::::::::: ー- 、
     ,. -‐':::::\二二二二二|  :|:l二二二二二|  :|:l二二二二二iー‐i::::::::ヽ:::::::::::::
_,. -‐'' ~::::::::::_,.-‐'::::::::/:::::::::::::::/::|  :|ノ::::::ノ::::::::::::: : |  :|ソ::::::::i::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::ー-、:::::
:::::::::::::::::_,.-‐'::::::::::::::/:::::::::::::::::l:::: ー‐':::::::::i::::::::::::::::::::ー‐':::::::::::::l::::::::::::::::::::::〉::::::::::::::::::::\
:::::_,.-‐':::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::ノ::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〉::::::::::::::::::::、::::::::::::::::::::::::::
やる夫の魔王の道
略称 魔王道
作者 ◆ttvc.gHyHU
ジャンル ファンタジー
原作 オリジナル
投下日 2010年8月8日
投下板 やる夫板II
状態 完結
最終投下日 2011年7月2日
話数 24話+α
主な登場人物 やる夫やらない夫翠星石水銀燈でっていうL新城直衛
  

やる夫の魔王の道は、ファンタジー世界を舞台にしたオリジナルの長編やる夫スレ

作者は◆ttvc.gHyHU。2010年8月8日から2011年7月2日にかけて連載された。

概要編集

シンプルな作風、素朴ながら魅力的なキャラ同士のかけあいが評価され、やる夫.jpで行われた2011年上半期好きだったスレにおいて最も多くの票を集めた作品となった。

当初は牧歌的な雰囲気の世界観だったが、話が終盤に進むに連れて、シビアで壮大な展開も見られるようになった。RPGゲームの様なファンタジー世界で、カレーやハンバーグなどの現代料理を登場させたことも作品のアクセントであり、重要なファクターでもある。

あらすじ編集

聖ラズウール城の城下町で水飴の行商人を営むやる夫は、水飴に苺の味を付けるという一風変わった工夫で好評を博していた。ところが、やる夫を敵視する自警団の騎士・伊藤誠に目を付けられてもめ事を起こしてしまったことで、町にいられなくなってしまう。

そんな中、やる夫の飴を買った客で、ラズウールを偵察中だったやらない夫翠星石によってスカウトを受けるが、彼らの所属はなんと「魔王軍」であった。

主な登場人物編集

  • やる夫 - 人間。苺味の水飴を売り歩く清貧な行商人。料理に対して類稀なセンス・知識を持つ。翠星石にそれを見出され、4番隊所属の料理長として魔王軍に起用されて以降、激動の運命に振り回される事となる。
  • やらない夫 - 人型ではあるが人外の者。魔王軍の剣士。水銀燈を師として魔法にも通じる。他国への潜入視察中にやる夫と出会い、やる夫が魔王軍所属となった後は、剣術の師事を通して親友となる。4番隊所属。
  • 翠星石 - 人間。やらない夫の同僚で剣術に関しては天賦の才を持つが、一方で魔法の才能は皆無。やらない夫と共にやる夫と出会い、やる夫を魔王軍へ勧誘する。魔王軍が粗食のためか食い意地が張っている。4番隊所属。
  • 水銀燈 - 謎多き魔女。4番隊隊長。魔王を越えるほどの強大な魔力の持ち主で、体術にも長ける。孤児だったやらない夫と翠星石を拾い、魔王軍へ誘った。戦闘力は高いが女子力は低く、爆発オチ要員でもある。
  • でっていう - 魔王ですら把握できない謎の獣人。言動が非常にウザイ反面、非常に有能な魔王軍の魔物。8番隊隊長で4番隊との親交も深い。身体能力・行動力・交渉術・農業知識を強みとするバグキャラで、後にやる夫の良きパートナーになる。
  • L - 魔王軍を組織して要衝に君臨している謎多き魔王。嘘つきの達人で、甘党のイタズラ好き。でっていうの育ての親でもある。一国の長でありながら粗食には辟易している。
  • 新城直衛 - 最後の竜。1番隊隊長。意外と愛嬌のある常識人で、魔王に振り回される苦労人。政治・軍事センスは高いが、生活力は低い。
  • 阿部高和 - 最後の鬼人。2番隊隊長。剣術では魔王軍一で、翠星石にそれを教えた。男気溢れるホモで隊員もホモ揃いだが、弟子の翠星石には秘密。
  • ジェイル・スカリエッティ - 不老不死の人間で、魔法知識にも精通した医学者。3番隊隊長。過去の一件により水銀燈とは犬猿の仲で、その敵意はやる夫たち4番隊メンバーにまで及ぶ事も。
  • 伊藤誠 - 人間。過去に何かあり、やる夫を敵視している他国の騎士。陰険というよりも愚直な性格で、不思議と憎めない一面がある。

外部リンク編集

関連項目編集

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。