Fandom


                       ____
            ,-──------/      \{P----─--、
           //ミ/ ̄ ゙゙̄./ ─    ─ \ ̄ ̄`\彡ヽ
           l.l三l l:.:.:.:.:.:/   (●)  (●)  \:..:..:.:l l三.ノ
           `iめl.l:.:.:.:.:::|      (__人__)     |:.:.:::.:l l P}
            `l l l:.:.:.:.:.:\     `⌒´    ,/;:.:.:.:.l l.l     
             l l l---≦´///l: ::>二<´: l/777---;l l l
            /l/////,-´///l / >-<.:∨///ヽ-,////77_    
          ////l////∧ ///∧:/彡;l:://////////////∧
         / /////l/////∧///∧彡彡////////////////\   
.       /////////l///////\//∧彡//////////////////\
      /三三ヾ_/////l ////////\/`//////////\/////三三\  
    {三三三三三>-´`i//////////ミミミヾ、//////// >-─´三三三三}
    {三三三三//.\_.l///////ミミミミミミ∨///// ̄ `i`i三三三三;;;l
    _>---、三lノl    \///ミミミミミ彡彡∨// /   r//三三----´ヽ、
   {;,;,;,;,;:.:.:.:.:>、/\ ヽヽ/ミミミミミミミl彡彡彡∨イ i i i ノ二≦-;,;,;,;,;,::---<
  / の`ヽ\---´ ̄´ヽ/ミミミミミミミミミ l .彡彡彡`l .ll .l l l   ̄`─//´/l⊃ }
  ヽ-人 ii`i l   ,x≦´ミミミミミミ三三三 l彡彡彡彡∪l ト`i     l l///´─´
     ノl l l;;l. ./ミミミミミミ/三三三三ミミl彡彡彡彡;;;;l´::l l_    l ll  l
    /彡} .l l/ミミミミミミ/三三三三三三l彡彡彡彡ノ:.:.:.:.:..:.:.:.:`ヽ、l.ll {ミ\
.   /彡 ,x<\ミミミミミ/三三三三三三ミミ.l彡彡彡/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l レ=ミ l
  ノ-<;,;,;,;,;,;,;,>---´:.:l三三三三ミミ/:.:.:.:.: ̄ ̄:.´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`iヽ=ノノ
/;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l三三三三ミ/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l `─ 1
ヾ、;,;,;,;,;,;,;/l_:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l三三三三i´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l   .l
. \\/  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l三三三三l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l    l
   ̄l──-l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l三三三三l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l    l
    l.l l l l l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l三三三三l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:イl ,l l .l .l
    l.l l l l ト-====l三三三三l─────────二二二二彡l.l .l l .l .l
やる夫は再び全てを手に入れるようです
作者 ◆oRmxhwjhd2
ジャンル ファンタジー
原作 オリジナル
投下日 2014年12月29日
状態 完結
最終投下日 2016年3月1日
話数 10
  

やる夫は再び全てを手に入れるようですは、オリジナルの中編やる夫スレ

作者は◆oRmxhwjhd2。2014年12月29日から2016年3月1日にかけて連載された。

あらすじ編集

貧しいながらも親子3人で幸せに暮らしていたやる夫の生活は、両親の死により突然破綻を迎える。

幸いな事にやる夫は資産家の叔母に預けられ、生活面で一切の不自由なく成長することが出来た。しかし、妥協のない叔母の期待に応えるには、彼の唯一の娯楽の「ゲーム」を封印し、勉学に打ち込む他なかった。

両親と暮らしていた時、貧しいながらも唯一の娯楽として没頭していた一つのゲーム。それに触れる余裕すらなかったのは心残りではあるが、結果的にはそれでもよかったのかもしれないと思える程度には全うに育ててもらえた。

大学合格の発表会の日。気まぐれに発表の場へ歩いて向かうことにした彼は、突然の眩暈を覚えその場に倒れ込んでしまった。次に目が覚めた時、彼が目にした光景は、半ば忘れかけてすらいた、幼い頃作りだしたゲームの世界のモノだった。

概要編集

何の前触れもなく、かつて自分が作ったゲームの世界に閉じ込められてしまった少年が、その謎と現実世界へ戻る手段を探っていく物語。

作者曰く、今作は二つの作品の影響を強く受けているらしい。一つ目は不思議の国のアリス、二つ目は秘密となっている。作品完結後の種明かしまで、二つ目の作品は何かを考えながら読み進めていくのもいいかもしれない。

主な登場人物編集

  • やる夫 - 主人公。
  • シルヴィア - やる夫の叔母。資産家で、教育に関してはしっかりと厳しくやる夫を躾けた。
  • ディズィー - やる夫を守護する人造兵器。唯一の旅のお供。

外部リンク編集

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。