やる夫 Wiki

編集中:

やる夫は底辺ハンターのようです

1
  • この編集を取り消す前に、以下の差分を確認してください。保存すると、この版での変更部分を取り消せます。 荒らし以外の編集を取り消す場合…
最新版 編集中の文章
42行: 42行:
 
| タイトル=やる夫は底辺ハンターのようです
 
| タイトル=やる夫は底辺ハンターのようです
 
| 略称=
 
| 略称=
| 作者=[[ヘタレキャベツ ◆OQzTP0t0Po]]
+
| 作者=[[◆OQzTP0t0Po]]
 
| ジャンル=
 
| ジャンル=
 
| 原作=[[モンスターハンターシリーズ]]
 
| 原作=[[モンスターハンターシリーズ]]
59行: 59行:
 
'''やる夫は底辺ハンターのようです'''は、[[モンスターハンターシリーズ]]を原作とした中編[[やる夫スレ]]。
 
'''やる夫は底辺ハンターのようです'''は、[[モンスターハンターシリーズ]]を原作とした中編[[やる夫スレ]]。
   
作者は[[ヘタレキャベツ ◆OQzTP0t0Po]]。2016年5月8日から同年5月11日にかけて連載された。
+
作者は[[◆OQzTP0t0Po]]。2016年5月8日から同年5月11日にかけて連載された。
 
 
==概要==
 
==概要==
 
ゲーム版の主人公の様に大型のモンスターをバッサバッサと狩りまくる超一流のハンターと比べ、余りにも非力で小型のモンスター達を狩って日銭を稼ぐのがやっとという、ハンターとしては底辺に位置するやる夫の物語。
 
ゲーム版の主人公の様に大型のモンスターをバッサバッサと狩りまくる超一流のハンターと比べ、余りにも非力で小型のモンスター達を狩って日銭を稼ぐのがやっとという、ハンターとしては底辺に位置するやる夫の物語。
65行: 65行:
 
ある日、やる夫がいつもの様に小型竜狩りのノルマを達成して街に帰ろうとしたとき、付近で轟竜に襲われ震えている少女を発見する。轟竜クラスを倒す実力などとても持ち合わせていないやる夫はアイテムを駆使して少女を連れて命からがら逃走した。
 
ある日、やる夫がいつもの様に小型竜狩りのノルマを達成して街に帰ろうとしたとき、付近で轟竜に襲われ震えている少女を発見する。轟竜クラスを倒す実力などとても持ち合わせていないやる夫はアイテムを駆使して少女を連れて命からがら逃走した。
   
両親を食われ天涯孤独になった少女、底辺のハンターの実力を鑑みれば、少女人だけでも救えたこと自体が奇跡。誰から見てもその評価は変わらない。満足すべき素晴らしい成果だ。
+
両親を食われ天涯孤独になった少女、底辺のハンターの実力を鑑みれば、少女1人だけでも救えたこと自体が奇跡。誰から見てもその評価は変わらない。満足すべき素晴らしい成果だ。
   
 
だが、引き取った少女が涙を流す様子を見たやる夫は、今より上の地位を目指す事を決意したのだった。
 
だが、引き取った少女が涙を流す様子を見たやる夫は、今より上の地位を目指す事を決意したのだった。
 
 
==主な登場人物==
 
==主な登場人物==
 
*[[やる夫]] - 主人公。普段はジャギィ狩りと薬草集めで生計を立てている。
 
*[[やる夫]] - 主人公。普段はジャギィ狩りと薬草集めで生計を立てている。
81行: 80行:
 
<!-- ==関連項目==
 
<!-- ==関連項目==
 
*[[]] - -->
 
*[[]] - -->
<!-- 関連項目がない場合は、削除せずにコメントアウトしてください。 -->
+
<!--関連項目がない場合は、削除せずにコメントアウトしてください。-->
 
<!-- ==脚注==
 
<!-- ==脚注==
 
<references /> -->
 
<references /> -->
<!-- 脚注することがない場合は、削除せずにコメントアウトしてください。 -->
+
<!--脚注することがない場合は、削除せずにコメントアウトしてください。-->
 
{{DEFAULTSORT:やるおはていへんはんたあのようてす}}
 
{{DEFAULTSORT:やるおはていへんはんたあのようてす}}
 
[[カテゴリ:やる夫スレ作品 や行]]
 
[[カテゴリ:やる夫スレ作品 や行]]
  エディタを読み込んでいます
下記は一般に利用されるウィキマークアップコードです。使用したいものをクリックすると編集ボックスにそれが出現します。

このテンプレートを編集

プレビュー

モバイル

PC