(→‎top: clean up, replaced: 08日 → 8日 (2))
タグ: apiedit
(他の1人の利用者による、間の3版が非表示)
42行目: 42行目:
 
| タイトル=やる夫は底辺ハンターのようです
 
| タイトル=やる夫は底辺ハンターのようです
 
| 略称=
 
| 略称=
| 作者=[[◆OQzTP0t0Po]]
+
| 作者=[[ヘタレキャベツ ◆OQzTP0t0Po]]
 
| ジャンル=
 
| ジャンル=
 
| 原作=[[モンスターハンターシリーズ]]
 
| 原作=[[モンスターハンターシリーズ]]
59行目: 59行目:
 
'''やる夫は底辺ハンターのようです'''は、[[モンスターハンターシリーズ]]を原作とした中編[[やる夫スレ]]。
 
'''やる夫は底辺ハンターのようです'''は、[[モンスターハンターシリーズ]]を原作とした中編[[やる夫スレ]]。
   
作者は[[◆OQzTP0t0Po]]。2016年5月8日から同年5月11日にかけて連載された。
+
作者は[[ヘタレキャベツ ◆OQzTP0t0Po]]。2016年5月8日から同年5月11日にかけて連載された。
  +
 
==概要==
 
==概要==
 
ゲーム版の主人公の様に大型のモンスターをバッサバッサと狩りまくる超一流のハンターと比べ、余りにも非力で小型のモンスター達を狩って日銭を稼ぐのがやっとという、ハンターとしては底辺に位置するやる夫の物語。
 
ゲーム版の主人公の様に大型のモンスターをバッサバッサと狩りまくる超一流のハンターと比べ、余りにも非力で小型のモンスター達を狩って日銭を稼ぐのがやっとという、ハンターとしては底辺に位置するやる夫の物語。
65行目: 66行目:
 
ある日、やる夫がいつもの様に小型竜狩りのノルマを達成して街に帰ろうとしたとき、付近で轟竜に襲われ震えている少女を発見する。轟竜クラスを倒す実力などとても持ち合わせていないやる夫はアイテムを駆使して少女を連れて命からがら逃走した。
 
ある日、やる夫がいつもの様に小型竜狩りのノルマを達成して街に帰ろうとしたとき、付近で轟竜に襲われ震えている少女を発見する。轟竜クラスを倒す実力などとても持ち合わせていないやる夫はアイテムを駆使して少女を連れて命からがら逃走した。
   
両親を食われ天涯孤独になった少女、底辺のハンターの実力を鑑みれば、少女1人だけでも救えたこと自体が奇跡。誰から見てもその評価は変わらない。満足すべき素晴らしい成果だ。
+
両親を食われ天涯孤独になった少女、底辺のハンターの実力を鑑みれば、少女人だけでも救えたこと自体が奇跡。誰から見てもその評価は変わらない。満足すべき素晴らしい成果だ。
   
 
だが、引き取った少女が涙を流す様子を見たやる夫は、今より上の地位を目指す事を決意したのだった。
 
だが、引き取った少女が涙を流す様子を見たやる夫は、今より上の地位を目指す事を決意したのだった。
  +
 
==主な登場人物==
 
==主な登場人物==
 
*[[やる夫]] - 主人公。普段はジャギィ狩りと薬草集めで生計を立てている。
 
*[[やる夫]] - 主人公。普段はジャギィ狩りと薬草集めで生計を立てている。
76行目: 78行目:
   
 
==外部リンク==
 
==外部リンク==
*まとめ([[やる夫AGE]]):[http://yaruokei.blog.fc2.com/blog-entry-6974.html 禍津甘藍畑(ヘタレキャベツ ◆OQzTP0t0Po雑談所)まとめ] - 移転前
+
*まとめ([[やる夫AGE]]):[http://yaruokei.blog.fc2.com/blog-entry-15740.html 最終話URL] - 冒頭に各話へのリンク有り
*まとめ([[やる夫AGE]]):[http://yaruoage.sakura.ne.jp/wp/archives/6965 禍津甘藍畑(ヘタレキャベツ ◆OQzTP0t0Po雑談所)まとめ] - 移転後。
 
 
*まとめ([[やる夫まとめに挑戦]]):[http://n-yaruomatome.sakura.ne.jp/blog/kyabe-ind/ 禍津甘藍畑目次]
 
*まとめ([[やる夫まとめに挑戦]]):[http://n-yaruomatome.sakura.ne.jp/blog/kyabe-ind/ 禍津甘藍畑目次]
 
<!-- ==関連項目==
*[http://yaruokei.blog.fc2.com/blog-entry-15740.html 『やる夫は底辺ハンターのようです』4] - 最終話URL。ここから以前の話に飛べる。
 
  +
*[[]] - -->
<!--*
 
 
<!-- 関連項目がない場合は削除せずコメントアウトしてください。 -->
==関連項目==
 
 
<!-- ==脚注==
[[]]
 
 
<references /> -->
関連項目がない場合は削除せずコメントアウトしてください。-->
 
 
<!-- 脚注することがない場合は、削除せずコメントアウトしてください -->
 
<!--==脚注==
 
<references />
 
 
脚注がない場合削除せずコメントアウトするようにましょう。-->
 
 
{{DEFAULTSORT:やるおはていへんはんたあのようてす}}
 
{{DEFAULTSORT:やるおはていへんはんたあのようてす}}
[[カテゴリ:やる夫スレ作品]]
+
[[カテゴリ:やる夫スレ作品 や行]]
 
[[カテゴリ:中編やる夫スレ]]
 
[[カテゴリ:中編やる夫スレ]]
 
[[カテゴリ:ゲーム]]
 
[[カテゴリ:ゲーム]]

2018年5月19日 (土) 09:50時点における版

                     ,イ
                       { ( / ̄ ̄ 丶
                     . -┴′       \
                      /
                   /                 \
               /       ,                 ヽ、
                       ,′/  ,ィ           、 ___ >
                / /  / / / .|    , /Ⅳ |∨. ∧
              ーイ ′ |==トミz、Ⅳ}  //_,斗V ,| Ⅳ ∧
               ノイ  八ヽ {うソ``//Ⅳ=ぅニア/! l V   }
                   | { ′     /         '7,/ ∨ /
                   {'∨  !        {      /イ ∧ Ⅳ
                   \               Ⅳ レ′
                     圦    -―一   八         しかし、もうハンターになって数年ですし
                  | \        , イ
                       !   \     /!/            大型モンスター出たとき、討伐に乗り出しても
                _|___  ー<  |′
                  |三三三o三|     ,' | ___         いいんじゃないっすかね
                  |三三三三=|    ,'  |ニ{三o=|
          -=二三//三≧o=|   ,'   |ニ{三o=|
   -=二三三三三三//三三三三≧ュ   ヽ圦三≧ュ
/三三三∧三三三//三三三三三/ /   r‐「 V三\\ニ≧ュ
三三三三=∧三´-<三三三三三三/ /    Ⅳ Vニ三\\三三≧ュ___
三三三三三=}三三三三三三三ニ / / \    ||∨}三三三>`三三\三ヽ

             ____
           /      \
          / ─    ─ \
        /   (●)  (●)  \      無理無理、いつも通り街のハンター呼んで、どうぞ
        |      (__人__)     |
        \     ` ⌒´    ,/       やる夫はジャギィノスぐらいが限界だお
 r、     r、/          ヘ
 ヽヾ 三 |:l1             ヽ
  \>ヽ/ |` }            | |
   ヘ lノ `'ソ             | |
    /´  /             |. |
    \. ィ                |  |
        |                |  |
やる夫は底辺ハンターのようです
作者 ヘタレキャベツ ◆OQzTP0t0Po
原作 モンスターハンターシリーズ
投下日 2016年5月8日
状態 完結
最終投下日 2016年5月11日
話数 4話
  

やる夫は底辺ハンターのようですは、モンスターハンターシリーズを原作とした中編やる夫スレ

作者はヘタレキャベツ ◆OQzTP0t0Po。2016年5月8日から同年5月11日にかけて連載された。

概要

ゲーム版の主人公の様に大型のモンスターをバッサバッサと狩りまくる超一流のハンターと比べ、余りにも非力で小型のモンスター達を狩って日銭を稼ぐのがやっとという、ハンターとしては底辺に位置するやる夫の物語。

ある日、やる夫がいつもの様に小型竜狩りのノルマを達成して街に帰ろうとしたとき、付近で轟竜に襲われ震えている少女を発見する。轟竜クラスを倒す実力などとても持ち合わせていないやる夫はアイテムを駆使して少女を連れて命からがら逃走した。

両親を食われ天涯孤独になった少女、底辺のハンターの実力を鑑みれば、少女一人だけでも救えたこと自体が奇跡。誰から見てもその評価は変わらない。満足すべき素晴らしい成果だ。

だが、引き取った少女が涙を流す様子を見たやる夫は、今より上の地位を目指す事を決意したのだった。

主な登場人物

外部リンク

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SAライセンスの下で利用可能です。