Fandom


          , .:クー-r‐'7フ┐XXXXXXXXXX>、 \
          //::.::.::/::/:/::.:/:`7^ヽXXXXXXXX7 /
          ,:' ,:':::/::/::/::/:/::.:/::.:/:://!(XXXXXXXメく
       ///:;:/::/::/::/::'/::/ :::/ //∧:`くXXXXX)、 \
        // ':/::.:/::/::/:::/::/::.::/://:ハ::.:、:::\XXXX)   >
       〃 i::|::l::i::.:l::/:::/;:イ::.::/:/// >く::\::.:VXXX) イ
      |  | |::l::|:::<:/j/::.:/イ:/ '´,ヱ、)\::ヽ∨XX }:!::|     このコーナーはやる夫に映画をビシバシと斬ってもらうですぅ!
        ! '.:い::,:イlうミ/ // ,ヘ:、::j:}》ヘ::Y::ハXX/::l::|
        ヽ>く:::爪ノr个 /    ゙ー ′/::ノ:/XX/::.::|::|     さてやる夫 今回の映画はなんですか?
          ` }ヽ::.:` ゙ ''′  、    '"ー=彡'XX / ::.:::l::|
         /:l|:::|l:ヘ.'″  r ^,    ,.イXXXX{::.::.::.:|::|
          /::.;'::.:リ::|X> 、  `    / ノ XXXX)::.::.::|::|
        ,厶/:_::/::;'XXXX7¬‐ '´ /XXXXX}i::.::.::.:|::|
        / /`ヽ)/XX, -_‐=ミノ_r┴<XXXX7:l::.::.::.:l::|
      八  '´_ ⊥7}{ {  ,ィ::(/'⌒ヽ`YXx/::.:|::.::.:::|::|
     '::.::ヽ    r、){ ヽ)//:;ノー 、`  八X|7う、::.::.:!::|
     /::.::.:)'^う`)ヘJく)    /:/>'´   , 'XXx|[_): :l::.::.:l:::!
   /::.:/; てh_n_n_}    /:/r{_r(_r、∠XXXx|ノ: : :ト、:::|:::l
 /:,::/ :/: :r′   !_)  /:/)ヘn_n_n_JXXX7: : : : : i::l ::|
/:://: : / :_;ノ    |_}  l:::l「_)| / / (XXXX!: : : : : :|::|::.:、
::/:::{: : : : : :)    ノ しヘ|:::|lり !     /XXXX|: : : : : ;ハ:|l::.:ヽ
やる夫は映画を一刀両断するようです
やる夫の映画批評宣言!
作者 ◆R/v1ne7q3Q
ジャンル 学ぶ系、映画
投下日 2013年6月29日
投下板 小さなやる夫板
やる夫板II
状態 完結
最終投下日 2015年3月7日
話数 52話+番外編など
主な登場人物 やる夫翠星石
備考 R-18
  

やる夫は映画を一刀両断するようですは、映画批評を題材とした学ぶ系やる夫スレ

作者は◆R/v1ne7q3Q。2013年6月29日から2015年3月7日まで投下された。

2013年8月25日からタイトルをやる夫の映画批評宣言!と改めている。

概要編集

作者が過去に視聴した映画について、ストーリー(ネタバレあり)に軽く触れながら見どころを紹介し、最後に10点満点で得点をつけるスタイルが取られている。

紹介する予定映画の中に過激描写のあるものが含まれるため、R-15指定がされており、後にR-18指定へ変更された。

映画批評の内容は、「エィガ一刀両断」(江頭2:50のピーピーピーするぞ!)と「ザ・シネマハスラー」(ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル)を元にしている。

やる夫板IIの「中編、短編投下所」で2013年5月31日に「いのちの食べかた」の批評が先駆けて投稿された後、独立スレを立て、小さなやる夫板→やる夫板IIで投稿された。2015年3月7日をもって一旦完結したが、作者はしばらく休載の後、また復活したいとの意思を表明している。

紹介役はやる夫が務め、アシスタントとして翠星石が感想・ツッコミを入れている。後にはローゼンメイデンの各キャラ、更にやらない夫がアシスタントを務めている作品も現れている。

主な登場人物編集

  • やる夫 - 紹介役
  • 翠星石 - やる夫のアシスタント。半分以上の作品の紹介を担当。
  • 金糸雀 - 同上。主に韓国作品担当。
  • 雪華綺晶 - 同上。主にホラー作品担当。
  • やらない夫 - 同上。主にハードボイルド、アクション作品担当。
  • 水銀燈 - 同上。主に2000年代以前の作品担当。

その他、蒼星石真紅薔薇水晶がアシスタントを務めた作品が存在し、雛苺は紹介作品中のキャラとして登場したことがある。

外部リンク編集

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。