Fandom


                 '‐ ̄、:ヽ
              , -―-.、_i:::i__          ___
             /::__:::::::::::::::::::::::::::::`ー..-...、  /::::::::::::: \
            // /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\ :::::::::::::::     \
           ' /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ ::::::::       \
            /:::::::/:::::::::::::/:::::,::::::::::::::::::::::\:::::::::',::::::::         |
             |::::::/:::::/::ト/、::/|::|::::|_::_::::、:::ヽ、j :::::::::::      /
            |::./|::::/:::::, rテミ、.!. 、ト.´i、\::::::|:::::i::::}  三三三ミ`ー=≠ー 、
           |/ .|:::|::::/ {トt::」   x示ミ.、 ヽ::::::|:/i ///       /´     `\
              、|\|、:i`-´     {ri::》 .|:://::ハ ヽ` ー   `ヽ      ' 、
                 | !  '    ゝ-'イ. .!//ノ::::i        i          \j
                     ! \ ー-       '//:!::::::i:}        {          \
                     \|从、__ . イ//ハレ`,从 、         }___      `ヽ/
                   , -―|ー-― ',ソ、_ '´V/,\ヽ、    く、    `ヽ   ヽ
                 /:. /:::::::/:.:.:.:.:.:.:._:.\ ///////7ァァ==…ヽ、、      \'、
       -、,、       /| : :/ ‐-/:.:.:.:.:.:./ - ‐i\  /////    /`\ヽ、、___   `\
      '`| i |.,'-,_    | | .!_./_ /:.:.:.:.:.:.// : : : : |::::ー― 、_ /     }/ヘ<    ヽ\ヽ、、              .ヘ
      ! | |./ //     Y,-v-―_-、:.://,.: : : : : : :|::::::::::::::::::::/ /     |//ハ⌒ヽ  ̄`>/∧´ ̄`ヽ、          / :ソ
      |  ′/、    <_/|\`、//ヾ/: :i.: : : : : :. :.|___ /  /     イ///ハ、     '/ ハ     ` ー──-rrx、/ ノ
       、   |\  / /:ト、 、ー_' ― 、: : :|.: : : : : :. :.!、  ∨/  /     /////小ヽ、、______               //¬'´    ̄`ヾ、
       _|ヽ/:::::::\| |::|、i_!: :  ̄`、_> : |.: : : : : : : :./  ー=《′      ,/////// ヽ////////7ァァ、、     //      `ヽ、 ,)
      < /:::::::::::::::/| |::| |:::::|: : : : : : : : :.|.: : : : : :. :.| \   |    / //////   ` ̄ ̄ ̄ ̄``'<//ァァ、、,{{、、    `ヽ _,)´
       \:::::::::::/ | |:::| |::::|.: : : : : : : :./|: : : : : : : :| \\__|___/ /ヘ///ハ               ``寸///{{///`ヽ;`ヽ,_,゙′
         \/: : :.|、_|::|: :l:::|___/:| : : : : : : | ヾ、、__}_____ ___Ⅳ/ハ                   \//||//    `゙´
          \: : :.\_/: :\:::::::::::::::::::/|.: : : : : :. :.|    /            ヽ\ヘ                \!!/
やる夫は歪秤世界に落ちるようです
作者 ◆Waibin.Y5M
ジャンル R-18、ゲーム
原作 創刻のアテリアル+Dies irae
舞台 日本&異世界
投下日 2012年9月30日
投下板 やる夫板II
状態 本編完結
後日談エター
最終投下日 2015年8月15日
話数 本編58話&番外編1話&後日談1話
主な登場人物 やる夫星光の殲滅者やらない夫柊かがみ一方通行
まとめ 好き好き大好きやる夫くん
  

やる夫は歪秤世界に落ちるようですは、エウシュリーのゲーム「創刻のアテリアル」とlightのゲーム「Dies irae」を原案としたゲーム系長編やる夫スレ

作者は◆Waibin.Y5M。2012年9月30日から2015年8月15日にかけて連載された。

概要編集

「創刻のアテリアル」の舞台設定と「Dies irae」の異能設定を基にした、オリジナルシナリオの作品。

共通ルートの後、三つのルートと結末が描かれる。

R-18なシーンはほぼ最終ルートのみである。

あらすじ編集

世界最大の企業「MHI」の本社がある街で日常を過ごしていた、孤児のやる夫とシュテルの兄妹は、ある日突然同じ孤児院出身の仲間と共に、怪物のはびこる異世界「歪秤世界」に放り込まれてしまう。

時を同じくして異能「エイヴィヒカイト」に目覚めたことによりその場を切り抜け一度は元の世界への帰還に成功したのだが、今度は街ごと歪秤世界に「落下」する事件が発生し、やがて歪秤世界で三つ巴の争いを行っている天使軍・悪魔軍・MHIのいずれに付くか選択を迫られる…

主な登場人物編集

外部リンク編集

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。