Fandom


                               /: : : : : : : :` ヽ、                      ┏┓
                             ./: : : : : : : : : : : : : ::ヽ                    ┏┛┗━┓
  第一部  幼年期編 ―完―         /: : : / ',: : : : :l: : : : : : : : `、                    ┗┓┏┓┃
                          //: : : l: :||: :|: : : : |: : : : : : : : : ::l                   ┃┃┗┛
                          リl/:〃|: :|: :ノ::l: : :ノ: : : : : : : : : : l                     ┃┃
                          /l::/|::/i: ヘノ.|人: |: : : : : : : : : : : l                       ┗┛
                         /: :リ: :リl込リ/弋ツリ: : : :|: : : : : : : :乂                 ┏┳┓
                         /: : : : : : : l  ´  ノノ: : : : ヘ: : : : : : : : :ヽ                ┃┃┃
ニ\    .                 /: : : : : : : :ヘ __ __ /: : : : |、ヽ: : : ::v--------、                ┃┃┃
ニニニ\ニニニニニニニニニニニニニニニニニニ /:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_::ヘ ‐ l: : : : : | l: : ::/ / ̄     `ヽ          ┃┃┃┏┓
.ニニニニニヽ / ̄ ̄`ヽ、ニニニニニニニニニニニニニニニニニ /:ヽ_‐/: : : : ::| .>´  /    ___.    l‐l         ┃┃┗┛┃
ニニニニニニニ|、      .\>ニニニニニニニニニニニニニニ/ニニ /: : : : : : >/  / ______'//    .l|ニヽ        ┗┻━━┛
ニニニニニニニ| .\       `ヽ、ニニニニニニニニニニ/ニニ/: : : : : : // / /ニニニ /     / lニ.ヽ           ┏┓
ニニニニニニニ`‐‐‐\  ヽ、 ヽ、\~ヽニニニニ |二フ`ニ.// : : :__,: ノ´三ヽ‐‐´三三./  / ./´  .ヽ三\     ┏━━┛┗┓
ニニニニニ./ニニニニニ\ .i`\ `X\\ニニ /ニ/ニニニiニ/i: : : iニニニニニニニニニニニ/ __ /  /    /ニニニヽ    ┗━┓  ┏┛
ニニニニノニニニニニニニニ.i .i三.|.ヘ:::ゝi ̄ニニ |/ニニニニii l´、: : ::\ニニニニニニニニニヽ__/_____.i/    /ニニニニニニ     ┏┛┃┃
ニニ./ニニニニニニニニニ..ゝiニニヽiニニニニ/´ニニニニニニ`ニニ\: : ::`ヽ‐-、_ニニニニニニニニニi  |     .ヽニニニニニ   ┏┛┏┫┃
ニ/´ニニニニニニニニニニニニニニニニニニ./ニニニニニニニニニニニニ `ヽ: : : : : : :`ヽニニニニニニ /___ヘ     |ニニニニニ   .┗━┛┗┛
ニ|ニニニニニニニニニニニニニニニニニニ/ニニニニニニニニニニニニニニニニ ̄´゙`ヽ: : :|ニニニニニニニニニニ`ヘ______/ニニニニニニ    ┏┓      ┏┓
ニ|ニニニニニニニニニニニニニニニニ /ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ|: : :|ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ   ┃┃  ┏━┛┗━┓
      水銀  の  蛇                         弟子になるようです               ┃┃  ┗━┓┏━┛
     .             ┏┓                                                ┃┃  ┏━┛┗━┓
 ┏━━┓           ┃┃    ┏━┳┓  ┏━┓    .┏┓       ┏┓┏━┓             ┃┃  ┃┏┓┏┓┃
 ┗━━┛ ┏━━━┓┃┗━┓┃  ┃┃  ┃━┫┏━┓┃┗┓┏┳┓┃┃┃┃┃┏━┓       ┃┗┓┃┗┛┃┃┗┓
       .┗━━━┛┃┏━┛┃  ┃┃  ┣━┃┃━┫┃┃┃┃┃┃┃┃┃━┫┃┏┛       ┗━┛┗━━┛┗━┛
┏━━━┓          ┃┃    ┗━┛┛  ┗━┛┗━┛┗┻┛┗━┛┗┛┗━┛┗┛
┗━━━┛          ┗┛
やる夫は水銀の蛇の弟子になるようです
作者 ◆iK3XpDSsSM
ジャンル 安価、ファンタジー
原作 オリジナル
投下日 2012年8月9日
投下板 やる夫板EX
やる夫系狐板
状態 現行
主な登場人物 やる夫メルクリウスラインハルト・ハイドリヒ
  

やる夫は水銀の蛇の弟子になるようですは、オリジナル安価やる夫スレ

作者は◆iK3XpDSsSM。2012年8月9日より連載中。

あらすじ編集

コンビニに行く途中、轢き逃げにあって死の淵に追い込まれる天涯孤独の少年やる夫。意識が朦朧とする中、そんな彼に誰からか声がかかる。

「このままでは君は確実に死ぬ。もし君が私の弟子になるのなら、助けてあげよう。」提示された条件を飲むやる夫。

その声の主の名は魔法使いカール・クラフト。水銀の蛇とも呼ばれるその大賢者の弟子であるやる夫の物語はこうして始まったのであった。

概要編集

時空管理局を始め多くの作品の要素がごちゃまぜになった異世界「カルペ・ディエム」に召喚されたやる夫が成り上がっていく物語。

やる夫が育った地球が、一言で表すと「あらゆる能力が制限を受けている超絶縛りプレイな世界」という設定で、そこから「あらゆる制限が取っ払われた」異世界に転移したという状態で始まる。

地球で生まれ育ったと言う設定の為か、またはチート塗れの師匠達の育成の結果か、初めは最弱以下のステータスだったやる夫がどんどん強くなっていく。

主な登場人物編集

外部リンク編集

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。