Fandom



           r‐ 、    \   \      |   Υヘ            _  / 〃 / ,'  /  _/, '  /
.            ヽ \     \   r-,ヽ r ,    !    i ,ヘ      }ミx   / YY / { / ,'  / / ''  /
.              \ ヽ、     \ | ヘ { ',   .|    |∧'{、    ,ィ|'/∧ ./ /  V  レ'  '  〃´ ,'  ./
..┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓.ヽ   / .|'//∧,' /   ,'   | ,'  /´ , '   /
   ..竜の巣から生還を果たした者は、竜に呪われる     \|  !///∧,'      |'  / ,   /
..┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛  ...i  |////∧_     | /   / ,イ      /
                   \   ヽl  i}、 . ト//////,|     }  |////////   ,'  |' , ' /⌒Y {.    ./
                    \   \ ヽ.  \/////,{ η !  }/////// , '  / ' /    /  i     / , - ,
                ,-、 , 、  ` < ` 、 \  ∨///イ | | |  |//////    /'/     , '   ,ヘ  / ノ  /   _
        ' , _       i  i }  ヽ、   `'' \ ヽ.  ∨//,{ l | |  |/////  , ' / ト--───=ニノ' /,イ   /  / }
             ̄ ''─,t_: ヽ!    \ _} ̄`ヽ  `  ∨/,ヘ..| | {  |//// ,'   /    ,{i  ., ィZ // _   / ノ   ト _
                 |: ヽ ',    ` ,     \   ∨/,ヘ| | !  |//┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
                }    ヽ、    .,ヘ    ヽ.  ∨/,ヘ| {  |//7 ,'. それは、人の身を超えた力を得るという事
            _    ',       ヽ、  ヽ\     `{  ∨/,ヘ i ,{//┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
           /  ヽ、.  ',         .\  ゝ' =--、ヽ  ∨/,ヘ', イ//'  //:.:.:.,':.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:., ' : /       ./, ' i   / ,、
          メ、    '': - ミ、.       ' , \:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\ ∨',ヘ {/,イ /:.:./:.:.:./:.:.://  ̄ ̄ `ヽ, '      , '     { / {、
          } `          ',       ./:.:.:.\,ィ── - ヽ ∨/}'//i {:.:.:/:.:.:.,':/:.:./:::::::/    .ヽ            //.   \_
     _  _,ノ   ',        ' ,  _. , ':.:.:.:.:./ `} ===---ヘ.__V/// i/-=彡:.:.:./::::/      .\        , '¨      , '`テ
     `ミx        ',           イ:.:.:.:.:.:.:/   ノ::::::::::::::::\',ゞメ/,{  !/::::::::::' ,/::::::::ヽ、       ヽ        /       , '   {
 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓.:::::::.メ、V/ /:::::::::::::::::::}:::::::::::::,'{          }      , '      , '    ヽ、
    だが、それには呪いと呼ぶにたる理由がある   ,::::::::,':::::,} iii {:::::::::::::::::::::ノ:::::::::::,'/          ヽ  /      '       \_
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛.::::/:::::::|、!,r.!::::::::::::::::::/::::::::::/           メr-  -- 、'           , ' }ノ
      } ` ,    , '_ /Y⌒Y       |\   \:::::::;;;:::,'::::::::::`ミ彡':::::::::::::/:::::::::{'              ヽ \  \__      |
      /     _/ / /  /         _}  レヽ   ∨::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::::::/::;⌒Y'¨ /{             \ ヾ、  \  `ヽ   , ' \_
    /`   _ノ/ /  /  /       ヽ:::::::::::ヘ_/::::::::::::::i}::::::::::::::::::::::::::;ヘ::::::::::} /::::/              \ | \  \   ̄ニ=ミ_ノ
  <)   /   ヽノ    |/         i::::::::::::::`:::::::::r-t¨::::::::::::::::::::::::::::{ i:::::::::|´::::::::{                   `   \ |
     ̄                      }:::::::::::::::::::::::{  |:::::::::::::::::::::::::::::::i ヽ::::::}:::::::::/                       ヽ'

.
やる夫は竜に呪われたようです
作者 ◆D/B.xmfFYg
ジャンル 安価
原作 オリジナル
投下日 2014年12月28日
投下板 やる夫板のシェルター
状態 エター
主な登場人物 やる夫ブラック★ロックシューターシスター・カーミラシャナ五河琴里
  

やる夫は竜に呪われたようですは、オリジナル安価式長編やる夫スレ

作者は◆D/B.xmfFYg。2014年12月28日から連載されていたが、2016年1月14日を最後に投下が途絶えエターとなった。

概要編集

ファンタジー世界を舞台にした安価系作品。人知を超えた力をその身に与えられ、末路は英雄か魔王の二択と言われる『竜の呪い』を受けてしまった少年やる夫の旅を描く。やる夫を筆頭に、厄ネタを抱えた登場人物が多いのが特徴。ハーレム要素有り。R-18。

あらすじ編集

警備隊として配属された村を悪徳領主から救うため、領主の出した「古竜アマツマガツチの巣に行って帰ってくる」という無茶な条件を呑んだ軍人やる夫。彼は古竜の圧倒的な力に殺されかけながらも何とか生還し村を救ったが、代償として『竜の呪い』をその身に受けてしまう。軍を抜けて冒険者となる事を決意したやる夫は、警備隊長アシェラッドに与えられた伝を基に旅立つのだった。

主な登場人物編集

  • やる夫 - 主人公。15歳。地方の村で警備隊員として活動していた元軍人。自分の命を軽視しているところがあり、どんなに危険な行為でも他人のためになるのであれば平然と行ってしまう。呪いによって得た力『竜の血』を自分では制御できず、普段は軍隊仕込みの防御主体の戦法で戦う。
  • マト - やる夫が旅で初めて出会った冒険者。やる夫の力を見て、彼の旅に同行する事を決意。冒険者の先輩として彼を導く。
  • カーミラ - 酒場で出会い同行する事になったシスター。冒険者としても熟練しているが、ぽんこつなところが垣間見える。
  • シャナ - 冒険者。軍人としてはともかく冒険者としては問題のあるやる夫の戦闘スタイルを放っておけず、同行を決意。カマエル誕生後はやる夫と急速に惹かれ合って行く。
  • 灼爛殲鬼(カマエル) - 陰陽師の花開院ゆらの依頼でやる夫とシャナが作った式神。やる夫の『竜の血』とシャナの持つ炎の力が合わさった事で規格外の力を得た。二人を両親として慕っている。
  • やらない夫 - やる夫とは別に行動している冒険者。過去のトラウマから人と必要以上に深く関わる事を嫌い、普段は道化を演じている。
  • 馬呑吐 - 自分の目的のためにあちこちで暗躍する真祖。やる夫と偶然出会ったことで宿敵となる。

外部リンク編集

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。