Fandom


┌──────────────────────────────────────────┐
│                                                            ....│
│   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━                             ..│
│    やる夫は薔薇水晶のとーちゃん?なようです                               .│
│   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━                             ..│
│                                                            ....│
│                                                            ....│
│                                                            ....│
│                                                            ....│
│              ____                                          .│
│             /      \                ___                       │
│           / ─    ─ \               \メヽ. - ―z - 、/三≫         ....│
│          /   (●)  (●)  \             ∠二≫ミ     ー≪二ヽ           │
│          |      (__人__)     |       .      //7         ,   ヾ\            │
│          \     ` ⌒´    ,/             // .{ l从从  lr≠∧ l \\         .│
│   r、     r、/          ヘ        .    //  レl! ┃ ゝ八:{薔リⅥ  |\\         │
│   ヽヾ 三 |:l1             ヽ          //   l|      ゞ='’ l|   |  \\       .│
│    \>ヽ/ |` }            | |       .   //     .リ ""    "" /l   |   \\   ......│
│     ヘ lノ `'ソ             | |         ムイ     | ゝ___^ _..ィ l   |    ムイ   ......│
│      /´  /             |. |        ヾ\    .| <: : {泌}: : :`¨>.八   / /     ..│
│      \. ィ                |  |        //     |l .::∧~く>ー‐'"ヽ ! ヽ   ヽ\   ......│
│         |                |  |        \\   八 .: !ヽ : \ : ∧ ∨   \   ゙\    .│
└──────────────────────────────────────────┘
やる夫は薔薇水晶のとーちゃん?なようです
作者 ◆uA4v.IvLgk
原作 オリジナル
投下日 2010年11月18日
投下板 やる夫スレヒロイン板
状態 完結
最終投下日 2011年4月3日
話数 全22話
主な登場人物 やる夫薔薇水晶水銀燈
  

やる夫は薔薇水晶のとーちゃん?なようですは、オリジナルの長編やる夫スレシリーズ。

作者は◆uA4v.IvLgk。2010年11月18日から2011年4月3日にかけて投下された。

本編終了後、後日談となる話が投稿されている。

あらすじ編集

6月の雨の日、病院の待合室に座っていたやる夫は、隣に座った中学生くらいの少女・薔薇水晶から何故か突然「とーちゃん!」と呼ばれ懐かれてしまった。迷惑に思いながらも事情を訊き出すべく薔薇水晶を近所の公園に連れて行ったが、そこで見かけた薔薇水晶が「ねーちゃん」と呼ぶ女性・水銀燈から誘拐犯と誤解を受け、殴り倒されてしまう。

こうして謎の少女・薔薇水晶を挟んで三人の奇妙な関係が始まった。

外部リンク編集

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。