Fandom


      <:::::::::::::::` ー--、_: : : : : : : : :ヽ、    _
       }:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\_: : : : : : \-―:´: :i__. -―_. -―――- 、.__
       .i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>、_: : : : :\_ _: : : : _/          `ヽ、
      く:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\_: : : : : : ::ゝヾ. ,/         ___    \
       \::::::::::::::::::__. -―y-- 、._:::: ̄>: : : : :!>.       ,-‐ ゙´ ̄          \
        /:::::::::::/,r'゙/  ∧    ゙ ー{: : : : :/,__      ,-―- 、、           \.
       /::::::::/,/゙        i、     .{: : : : 「         {r'゙ ̄:::ハ i         ヽ.
       フ:::::/,/゙/ /    i   i、    {: : : ::}  /´ヾ.     ii:::::::::::::::i .i          \.
       >/ / / / ./ i  .  i    i.     ̄{_/  .iソ::::ii      ii:::::::::::::ノノ           ヘ
        .i/ .i .i / i    i    i.   .i   /   i;::::::ii     ヾ-‐゙´´ ヘ               !、
        i!  .i .i i  i  i  i .ハ   i   i  {    ヽノ'            i.             i.
        i  i i i  {  i  .i  ii   ハ i .ii  i    i.    i             i            }
        !  i.i i,、 .i  i_.i_ .iV  .i.i i .i.i .ヘ    i   ノ\_        ノ            ノ
          i ,i、 i i  i i ii  i. V i i__i___i_./ >、  ゙ー-'´--- ゝ-――<´              /
          レ ヘi i i i==-ハ i. V .i..iノiレi.i/  />                          /
             // }.`   !ハ! !ハi-=tェ/  ///>、                    _. -‐ ´
            / / i {    ,      ./ //<′ {> 、_ _    ___. _/ ̄  ̄ ヽ、
          / .//.i ヽ、  - 、 _   / /゙-―--、 i i /    ̄ ̄      ./        \
         /  / / i_,、. > ._   _..イ ./: : : : : : : ヘV/                           ヽ
        ./  / / /: : : :ヘ、__ノ三 // ./: : : : : : : : :/ i
       .i  / / / 「 ̄ ̄>'ー,、,-/ //: : : : : : : : :/ i
       i  i / /゙´'}   -}'゙ヾノi/ //i: : : i : : : : : :i /                ヾi.
       .i ノノ .i: : ::i _. -ヾ.三./  i::{: : : :i: : : : : : i /                  i
       >′{ ヽ: : レ゙::://::i i  i::ハ: : : i: : : : : : i/                   i.
    ,-‐=゙ : : : i  ゙ヽ.: ::/ /: ::i {   i: :ヘ: : i: : : : : }/                         i
 . -‐´ : : : : : : : ハ   i: :i  i: : ::i ヘ  i、: :\i: : : : :/                     ∧

            ┏┓                                    ┏┓
            ┗╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┛
              ┃                                    ┃
              ┃.    やる夫は辺境最強の勇者 のお供 のようです   .┃
              ┃                                    ┃
            ┏╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┓
            ┗┛                                    ┗┛
やる夫は辺境最強の勇者のお供のようです
作者 ◆HAMELN/rHs
ジャンル ファンタジー
原作 ハーメルンのバイオリン弾き
投下日 2011年8月3日
投下板 やる夫板II
やる夫スレヒロイン板(新)
状態 完結
最終投下日 2017年3月31日
主な登場人物 やる夫ちゅるやさん真紅やらない夫水銀燈御坂美琴
  

やる夫は辺境最強の勇者のお供のようですは、渡辺道明の漫画「ハーメルンのバイオリン弾き」を原作とした長編やる夫スレ

作者は◆tgpgdevD1Q。後に◆HAMELN/rHsにトリップを変更。2011年8月3日から2017年3月31日にかけて連載された。

概要編集

エニックス(当時)発行の漫画雑誌「月刊少年ガンガン」で連載されていた「ハーメルンのバイオリン弾き」をやる夫スレ化したもの。キャラの性別変更など、一部のストーリーの改変はあるものの、基本的には原作通りに、ギャグを挟みながらも重苦しくシリアスな展開。

あらすじ編集

全ての悪しき物を封じ込めた箱が開けられ、魔物が蔓延り、世界が絶望に満たされた時代。残った最後の希望として勇者が生まれ、道中で仲間を増やしつつ魔族の本拠地「北の都」を目指す旅を続ける。

だが、当の勇者は非常にせこくて汚くて、外道だったのである。

主な登場人物編集

勇者達編集

  • 真紅(ハーメル) - 北の都を目指す勇者。バイオリンではなく紅茶を使った戦いをする、性格は外道。
  • やる夫(フルート) - ある村の住民、基本的には善良だがダメ人間。色々あって真紅の旅に同行する。
  • ちゅるやさん(オーボウ) - 真紅に付き従う魔物。苦労性で色々と真紅に振り回される。
  • やらない夫(ライエル) - 愛の勇者。正義感がありちょっと厨二病。パンツを見るだけで鼻血の海になる程のウブ。
  • 御坂美琴(トロン・ボーン) - 魔族に滅ぼされた国の王女。健気で素直な性格、小さい頃の姿は打ち止め

魔界軍編集

  • 上条当麻(ベース) - 冥法軍団長『冥法王』にして魔界軍王長。魔界軍の中で最強の力を持つ。
  • インデックス(リュート) - 上条に付き従う少女、原作と違いある程度の意思はある。
  • でっていう(ドラム) - 幻竜軍団長『幻竜王』。単細胞だが、地盤を割るほどの怪力と強靭な肉体を持つ。
  • 水銀燈(サイザー) - 妖鳳軍団長『妖鳳王』。美麗だが真紅の魔女と呼ばれる程容赦がない。やらない夫に興味を持つ。
  • あちゃくらさん(オカリナ) - 常に水銀燈の傍にいる魔物。忠実な性格。
  • セイバー(ギータ) - 超獣軍軍団長『超獣王』。魔界軍団の中では下っ端。
  • キュゥべえ(オル・ゴール) - 冥法軍の死霊使い。人の心の弱さに付け込むのが得意。

外部リンク編集

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。