Fandom



                                   真 ・ 女 神 転 生
                        ャ-、    、
                  __    .ヾゝ`'゙ ャ、,ィ ',\   ,-ァ         ∧   .∧
                  ヽニニつ iヽ    > ヽヽノ  ( {  _|ヘ---┘゙-─‐┘゙─ヘ              |`i
              ャー────‐.} ゙l_,ィ彡'゙⌒''゙    } .|   ¨弋弋 ̄{ l ̄ ̄.] .i二二 --─'"`L____ノ .i___
           `´ ̄ ̄フ厂¨¨`i ィ'´     ',\  | .|    > > ヽ」   └i .j──一' ̄`! 「 ̄¨¨''┐ r-、_ノ'´   _, -―--、
                   } }   | |、_     .,j } | │  //    _, - ',ノ __,ィヘ_,,-'''´ノ     {  )   -==ニ二_, --、_ノ
                , -‐'゙ノ    ` ‐ 二 - _/,ィ j 「  ',__//    ,-‐' , -'"   ̄ヽ ヤ´    __//
                `''"´         ¨ ー ' .レ゙ .`ヽ'"⌒'゛     `'"´       `ヽ)   ヾニ_r‐'′


              ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
              ┃     /\       /\       /\       /\       /\   ....┃
              ┃    < 悪 >     < 魔 >     < 召 >     < 喚 >     < 師 >  ....┃
              ┃     \/       \/       \/       \/       \/   ....┃
              ┃        ムニニニニニニニニニニニ=- ____ -=ニニニニニニニニニニ/             .┃
              ┃          .へニニニニニニニニニニニニ /゙ヽ.ニニニニニニニニニニニニニニ/             ┃
              ┃            \ニニニニニニニニニ.イ l   |.ニニニニニニニニニニニニ/      .',        .┃
              ┃               マニニニニニニニ...i   l.ニニニニニニニニニニ /       .',        .┃
              ┃           /.  ` マニニニニニ.l   l...ニニニニニニィ-..  `ヽ      l        .┃
              ┃              l   (::::0::.`<ニ...l   l´¨ ,. ニ= /0::::)   j       l       .┃
              ┃              ':,    `ー '  ',`ヽ..l   l  i, _.  `ー '    /      l       .┃
              ┃               ` ―――‐/.  l   l  ヽ_ノ.ー――― '              ┃
              ┃                     /  .....l   k    `´<               l       .┃
              ┃                 γ⌒ヽ    ̄_l   l ヽ   ,__ヽ            /       ┃
              ┃                 l    l、   l   l   〉´   /          ./        .┃
              ┃                 il    l \  l    V     /          ./          ┃
              ┃                  l r ─┘-=ヽl__    ヽ   /           /           .┃
              ┃                l|  ヽ、        ヽ /            ./            ┃
              ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

                     ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
                     ┃                                    ┃
                     ┃― やる夫は開かずの間に踏み入るようです ―...┃
                     ┃                                    ┃
                     ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
やる夫は開かずの間に踏み入るようです
作者 ◆DlX4a2nVYM
ジャンル ゲーム 安価
原作 デビルサマナー 葛葉ライドウ
投下日 2014年4月26日
投下板 やる夫板のシェルター
状態 完結
最終投下日 2014年12月6日
主な登場人物 やる夫白レン先代巫女
  

やる夫は開かずの間に踏み入るようですは、アトラスのRPG「デビルサマナー 葛葉ライドウ」を原作とした安価系やる夫スレ

作者は◆DlX4a2nVYM。2014年4月26日から同年12月6日にかけて連載された。

あらすじ編集

時は大正二〇年――「男女七歳にして席を同じゅうせず」女性の社会進出もまだまだ少なく、いまだ良妻賢母が求められた時代であった。

そんな時代に、来る者拒まず、男女平等、下克上等、文武両道、これらを掲げる帝都最大にして最高の学園が設立された。

その名も――武蔵アリアダスト教導院!! そこに通うは我らが英雄、幼名はやる夫。怪異を切り裂き使役する悪魔召喚師 十四代目葛葉ライドウ!!  

この物語は十四代目葛葉ライドウが、武蔵アリアダスト教導院で経験する帝都を巻き込む学園退魔冒険活劇――

概要編集

ライドウシリーズを原作とした安価系やる夫スレ。

主な登場人物編集

  • やる夫 - 十四代目葛葉ライドウ。面倒くさがり屋のふりをしているが、超絶几帳面で潔癖症。歴代最弱のライドウだが、悪魔と心を通わせられる才能がある。
  • ゴウト - 猫の姿をした「業斗童子」ライドウの補助役。ツンデレ。
  • 博麗 - ヤタガラスの使者。やる夫へ仕事の依頼を持ってくる。

外部リンク編集

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。