Fandom


    _n__n     ___      _n_,、   .  ┌―┐   n      , -─-、
   └i rっ_)   ア∠、    └i rヘ〉    `フ∠   | レ7    / ∩∩|
     U      └(ヌノ    (才P_)   └'^ー┘  └‐'    ゝ乂,リ丿
      _n_,、   .    _ n_      n n    _n___,、       __n_ .
     └i rヘ〉    l リ r┐|      l」 l l    └i n ト、>      7/,ニ,
     (才P_)    └1」 L」       rリ      U U.        〈/r三ュ






        |             |
        |             |                          rー 、
        |ー―――――――一|                   _   (⌒ヾ-、::\
        |             |          ∧       /::::::ヽ/⌒,へ:::ヽ\:|
        |             |           |::::',     ∠/⌒ フ:::/  `V  !
        |             |     __  {:::::} ,イ      /|:::/
        |             |      \:::::ヽ、V/::/     /   V ,イ二ニ=、
        |             |       \;;;;;;水;;ノ   ,ィ' _ rーー(⌒ヽ⌒ヽ、
        |             |       <二ヽ|/   /ソ"i{ ̄ /::::/ \::::\;;;;;`、
        |             |           |  / "  i{   |/   iヽ:::::| \:|
        |             |<⌒ヽ     ,.イ レ'/     i{__      i \|  !
        |             |  \::::\  /:/ /ソ    ,ィ /i{:::::::::::ヽ   | ̄ |
        |             |<⌒ヽ:::::)/::::/ //   // (:::::i{:/ ̄ `\ | 七|
        |             |  \::::\{:::ノ //  {;;,イ⌒i:::::i{\      |   |
        |             |    \:::::Y // r-く   |:::::|\i{:::::\    | 夕|
        |ー―――――――一|       ̄|///(::::::\ l:::::|  i{ヽ::::::',     .|__|
        |             |       /7"  i\:::::ヽV―.i{―.\|─┐
        |             |     //   | ̄ |`V   (‘_)       |
        |             |     //    | 天l |       エ   |
        |             |    ,'/    | の| |       タ   |
        |             |   /7     .| 川||       |  |
        |             |  .//     .|_ | .|       に   |
        |             |  //          |       な   |
        |             | .//           .|  根     る   |
        |             |/7            |  絶     作  |
        |             |'              .|  さ     品  |
        |             |              |  れ     が  |
        |             |              |  ま        |
        |ー―――――――一|              |  す        |
        |             |              |  よ        |
        |             |              |  う        |
        |             |              |  に        |
        |             |              |           |
        |             |              |           |
        |             |              └──────‐┘ 



┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃やる夫スレの始め方は既にかなりありますが ┃
┃終わらせ方については見たことがありません. ┃
┃途中放棄(エター)にならずに作品を完結する.┃
┃その為にどうすれば良いかを考えていくことが┃
┃このスレの目的であり、テーマになっています ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


◆このスレでは作品の作り方については扱いません

◆基本的には作者さん向けの内容だと思います 
やる夫スレのおわりかた
作者 ◆A79vNoiriM
投下日 2012年7月7日
投下板 やる夫板II
状態 完結
最終投下日 2012年7月12日
話数 5話
主な登場人物 やらない子やる実やらない夫
関連項目 エター
  

やる夫スレのおわりかたは、やる夫スレの終わり方についての中編やる夫スレ。

作者は◆A79vNoiriM。2012年7月7日から12日にかけて連載された。

概要・あらすじ編集

第一話 エター、ダメ! 絶対!
第二話 エターなるの原因?
第三話 合いの手ノート
第四話 最終回(おわり)の朝
最終回 『おわりかた』の終わり方

やる夫スレの始め方についての教科書的なスレはあったが、終わり方(終わらせ方)についてのスレは無かったということで作成された、学ぶ系スレッド。

続け方や終わらせ方を考えるうえで必要な、スレッドを過去ログ申請することが必要な理由や荒らしの対処など、一般論的なマナーについても触れる。これらについての理屈は概ね納得できるものとなっている。

肝心の物語の〆方、完結のさせ方については、この作者の理想論が強く、特にそれらについては読者たちから賛否両論があった。飽きっぽい作者としてやる実を配役しているが、実際は苦悩して打ち切りやエターしたり、未練で宣言し切れない作者もいることを踏まえると、教科書的には綺麗に終わらせきれないという。

外部リンク編集

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。