..,,;;
                          ___      ''゙゙""ヾ.,
                        / ̄/i:i:i\       ''';;
                       /  ノi:i:i:i:i:i:i\    ..__..,;゙゙   ,,.;;;::、__,,....
                     /   ノ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:`,,、___ ..,.,::;;;,,,,
       .......,,,,        ...::::;;;;;''""""''::;;;,,,,,..:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:;.;;..;;   ゙゙ヾ,,,,..,
     ,,;;;""" """::;,,,,   __/,,,;:::"""''゙゙/i:i:i:i:i:i:i:i:i::i:i:...;;""
,,..;;'';;''"";;;;,        '''';;,,,,,,:::"""/ ノi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ソ,,
 /\__,,..;;    ,,,....,..,,,,:"  ___ ./  /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i...;;'''""      :::::::::''  ..,,,..;;;'''ヾ
ノ :::::::::::::\;;;;:,,,..;;;;""/  /i:i:i:i::  /i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i....ノ....,.,...,,;;;:::::    ::,,,:::;''"゙   iil|||
:::::::::::::::::::__ィ≦ ̄`<   {:i:i:i:i:i:i: /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i,,ソ ,,,.....,,,,,....,..,::,::::''""/  \__/ ̄|||
__,ィ´ ̄ :::::::::::::::::::::\__ノ:i:i:i:i:i:i:ノi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:''゙゙゙""" ノ  /:i:i:i:i:i:i:ノ  /:i:i:i:i:ノkkk;
^、ノ :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/,.,,... /i:i:i:i:i:i:i∧ /i:i:i:i:/kkkkk;
∧ ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\i:i:i:i:i:i:;;;:'''゙゙゙ ""ヾ:""゙゙ ...,,ゞ\i:i:i:i://:i:i:i:i/kkkkkkkノ
爻ヾ∧:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..;;;;'''""..:::;;;:;...,,;;''' ~'""::::::::::::::::::/ ̄kkkkkk ∧kkkk
ハハ从'从∧::::∧::::::::::::::::::::::::::::,,;.;.'' ;;;;;''":::::::::::::::::::::::::::::::::::__/kkkkkkkkkノノヾ从ノノ;
ノノゞゞ"ヾハ∧从∧:::::::::::::::::::::::''''""::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/kkkkkkkkkk∧kk,',,彡ミ彡爻',
〃゙ゞ∧ノノ',ゞ从゙ゞソ∧,,:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::__ノ¨kkkkkkkk,,∧从从゙ゞ;:;"ゞ,,ソゞ从
∧゙ミ爻彡从爻"ハハ彡ゞ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,.ノkkkkk∧kk∧ミ从ミゞ',从リ冫';',彡ンゞ,
爻Y;'ハリ从ソゞミハ∧ゞ゙ヽ ̄ ̄) 冫 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄从;爻゙ヾ,,∧゙ヾ彡,,"彡ゞ,,∧ゞ;,゙ヾ"
iiiiソヾii彡Y;;ミソハ人爻,;'ゞ',,../  (_        从ゞ从,,У,ヾ::爻::;人ン;爻ハハノ爻ゞ;
||||||||||ゞ八;;";;}iiiiiゞ从ハゞミ';, __  ̄ ̄¨三二ニ=┤ノノソハ,;;"爻ンiiiiiiソiiiii',ハヾソiiiiii
,,.゜。::: ,"・。;, ,…,¨;;゙ヾ:・ゞ三 ̄  ̄=三 _  _ー`ヽニ"''__ノiiiiiii;|||||||||,,。・ :,;;‥ ,:;.
: ;・' ,¨:,,:;、;;゚;・:''=="¨ニ  ─  =_  ─-    __ニ三三 =‥"ヾ,,。ヾ、 ,,::':
¨¨二  ̄¨ニニ''"  ___  ── ニ__   ── ─  __─ ニ゙"¨゚`ゞ,,,.:・。
ニ_三 一ニ  三 ̄     ____   ─____  二─   ─__ ̄ ̄二¨¨"
__ ─      ___  ‐──  -─‐──   _   _─    ̄ ̄_____
アカガネ山のやる夫
作者 ◆28KU4V0f26
ジャンル ファンタジー
原作 オリジナル
投下日 2019年11月10日
投下板 やる夫板のシェルター
状態 完結
最終投下日 2020年12月17日
話数 全58話+α
主な登場人物 やる夫アクアサワタリユウキ
  

アカガネ山のやる夫は、オリジナルのファンタジー系長編やる夫スレ

作者は◆28KU4V0f26。2019年11月10日から2020年12月17日にかけて連載された。

あらすじ

ヒューマン、エルフ、ドワーフ、ホビット、様々な種族が混在する世界でドワーフたちの住む直轄領、アカガネ山に捨てられていたところを拾われた唯一のヒューマン、やる夫。彼は女王ノアの庇護を受け、自分にしか見えない謎の女神に励まされながら真面目で優しい少年に育つ。人柄ゆえに彼を認めてくれるドワーフたちも多かったが種族の壁は如何ともし難く、一部のドワーフからは嫌われ、疎外感を覚えていた。

ある日やる夫は女王ノアに呼び出され、麓の村まで赴き宝石の鑑定や鍛冶仕事を行う任務を賜る。村でしばしの時を過ごし、そこで合流したホビットたちのキャラバンを案内して山へ帰還したが、山には大きな異変が発生していた。

アカガネ山で起きた異変を知らせ救援を願うべく、途中合流した傭兵サワタリと共にホビットたちのキャラバンに便乗し、コガネの王国へと向かうのであった。

主な登場人物

やる夫と主要人物

  • やる夫 - 主人公。ドワーフの国であるアカガネ山に捨てられていたヒューマンの子。
  • 女神 - やる夫にしか認識できない謎の女神。やる夫を幼少期から見守り続けている。
  • サワタリ - ノア女王に忠誠を誓う傭兵。言動は若干胡乱だが義理堅い男。
  • ユウキ - コガネの王国で王の目(密偵・斥候)として働いているエルフの少女剣士。

アカガネ山

  • ノア - アカガネ山のドワーフを統べる女王。やる夫の養い親。
  • ディアンヌ - やる夫の幼馴染のドワーフの娘。やる夫に対抗心を燃やしている。
  • カン・ユー - 麓の村の酒場兼宿屋の主人。村のまとめ役でもあるが正式な村長ではない。
  • リプレ - カン・ユーの娘。宿屋の看板娘。
  • ライオス - 村の狩人を兼ねた戦士。モンスター食マニア。
  • シバさん - 麓のヒューマンの村の村長。言動・行動がフリーダムすぎる人物。

ホビット商隊

  • ハクメイ - 商隊の大工担当。酒好きで軽い性格。職人としては優秀で、建造物を見抜く目は確か。
  • ミコチ - 商隊の料理担当。真面目だがハクメイ同様の酒好き。
  • コンジュ - 商隊の吟遊詩人。職業柄伝承知識に詳しい。
  • ナライ - 商隊の長。ぶっきらぼうだが厳しくも優しい人物。

コガネの王国

  • ギルガメッシュ - コガネの王国の王。誇り高く鷹揚に見えて、統治者としては時に冷徹な判断も下す。
  • 陳宮 - 王の側近。他人を弄るのが大好きな愉快犯。
  • アンジュ - 王宮付の錬金術師。
  • ウィリアム - 王国の目の部隊長を務めているダークエルフの弓手で、ユウキの親戚でもある。ギャンブル狂いの自由人。

外部リンク

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SAライセンスの下で利用可能です。