遊☆戯☆王シリーズ > 遊☆戯☆王シリーズの登場人物一覧 > アトラの蟲惑魔
                         、‐-、
                /′________.  ‘, ト、
                / ./     ̄\ \ :}  }  \
              /  ′,..イ    ヽ :}/ / __ ‘,
             ./   {/ :{   -―}/-斗- _ ヾ}
            /   /    {≦≠=≠―――― 、}-、
            :{   :{      |: : >./: : :/: : : : \ : : `ヾ
           ‘, .>―‐ 、 レ./:/: : :/ : : : : : : ‘, : : : \
            へ ′    Y : /: : :/{: : : : : : : : :‘,:_: : :、 \
         /__圦      ノ: : !____i :{: : : : : : : : : :И : : : :,⌒
        ( { { :/ 个ー‐ <: : : | : : 「弋 : 、: : : :/Иヘ : : :}
       / \ ̄_,/! {(   ): : lr芋芋圷、|\: : x芹「∧: :,′
        {: : : : :7 {:ノ :{ l`¨´ : : :|: L   「`   ヾ レ :{ {} /
       〉: :{: : :>、__,彡圦 : \ トゝ乂__ソ      乂ソ {イ
        {__:_:///// ‘,: : \、""         "" 八ゝ
      /: : ( /<//   ‘,{: : : ト   マ ー‐ フ  / N
     {: : : : :∨: :/ /     Ⅵト、:{ ≧s。_  ̄_,. si〔 }:/
.     ‘,{: : : / : :>、{        >、<    { ∧`ヽ,/
     ― ミ、/:,/       }、./   \‐-、 / }! 、}
    ′  :}⌒ヽ         / }        \r弐ソr-、}
   .乂_ノ、  ノ      /:乂 x≠ミ}_   /: : }_>、 : \
  /: : : /: : : 「:ヽ      ):(__,ノゝイノ___/: : :/: : : : :\: :}
アトラの蟲惑魔
原作・出典元 遊☆戯☆王シリーズ
性別
愛称・呼び名 アトラ
特徴 昆虫族 ロリ
  

アトラの蟲惑魔(アトラの こわくま)は、遊☆戯☆王オフィシャルカードゲームのモンスターカードの一つ。

ピクシブ百科事典の項目「アトラの蟲惑魔」も参照のこと

ニコニコ大百科の項目「蟲惑魔」も参照のこと

概要[編集 | ソースを編集]

露出度の高い衣装を身にまとったあどけない少女の姿をしている。しかしカード種族は「昆虫族」となっており、蜘蛛のモンスターである。このカードのイラストで見えない部分に巨大な蜘蛛の姿があることが別カードのイラストで示されており、この巨大蜘蛛が本体、少女の姿をした部分は(モンスター効果が罠カードに関するものであることをふまえ)疑似餌のようなものではないかと考えられている。二つ結いの三つ編みにした紫色の髪には赤い球に角が生えたような髪飾りがついているが、おそらく蜘蛛の目玉と触肢をイメージしたものであろう。

現時点でメディアミックスには登場せず、効果モンスターゆえにフレイバー・テキスト[1]もないことから、事実上「名前と絵しか存在しない」キャラクターである[2]。しかし愛らしいイラストとミステリアスな面が人気を博しており、AAが多数作られやる夫スレにも登場している。

やる夫スレにおいて[編集 | ソースを編集]

「美少女だが昆虫族」というコンセプトから基本的に出演はファンタジー作品に限られる。そのほか設定は何一つ定められていないため、キャラ付けは作者によってまちまち。

なお、「蟲惑魔」はカテゴリになっていて、「○○の蟲惑魔」という名前・少女の姿をしているが昆虫族または植物族で、罠カードに関する能力を持つ、という共通項のあるカードが他に5種類存在する。AAが作られているものもあるが数にかなり差があるため、やる夫スレに登場するのはほぼアトラのみと言ってよい。

主な作品[編集 | ソースを編集]

脚注[編集 | ソースを編集]

  1. 特殊効果のないモンスターカードの内、通常モンスターカードは効果を書くためのスペースが空欄になってしまうため、代わりにモンスターの特徴などの説明文が入る。
  2. 一部モンスターは関連書籍で背景が語られることもあるが、蟲惑魔の場合はマスターガイド4において蟲惑魔という存在について一部が語られているのみであり、各個体ごとのバックボーンは明かされていない。

外部リンク[編集 | ソースを編集]

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SAライセンスの下で利用可能です。