Fandom


(新しいページ: '<pre class="aa">  ::::::::::::::::::::::::::::     .:::::::::::::.::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::  :::::::::::::::…')
 
(ソート)
89行: 89行:
 
<!-- ==脚注==
 
<!-- ==脚注==
 
<references/> -->
 
<references/> -->
[[Category:やる夫スレ作品]]
+
[[Category:やる夫スレ作品|ああだんやるおのせいせんのけいふじはど]]
[[Category:長編やる夫スレ]]
+
[[Category:長編やる夫スレ|ああだんやるおのせいせんのけいふじはど]]
[[Category:ファイアーエムブレム]]
+
[[Category:ファイアーエムブレム|ああだんやるおのせいせんのけいふじはど]]
[[Category:ゲーム]]
+
[[Category:ゲーム|ああだんやるおのせいせんのけいふじはど]]

2010年10月24日 (日) 18:09時点における版

 ::::::::::::::::::::::::::::     .:::::::::::::.::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 :::::::::::::::::::::::::\               /
  :::::::::::::::::::::::::::::::: ..    |   ..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 :::::::::::::::::::::::::::::::  \      /   ...::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 :::::::::::::::::::::_::::::::::    ◯      ―.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
 ::::::::::::::::::::::::::::::....  .          ..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 :::::::::::::::::::::::::::  : /      \ .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.,,,,,,,,,,,,,
 :::::::::::::::::::::::::. ::::  ../.....     ......::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.゛     .'
  ''-、::::::::.,::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.   ..
   .ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: :::::::::::::::: ::    ..
    ゙::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,"  ゙゛           .: .
    ,.、,,、:::::::::::::::::::::::::::::′:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,     .`        .  .
      . '、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.,,"   ..
        .''''、:::::::::::::::::::::::::::::::::     ___
              ヽ:::::::::::::::::::::::::: /      \  ..::     .     ...
              .,,,,゙ ::::::::::::::'"/─  ─    \  ...:: 
                   / (●)  (●)    \
                   |   (__人__)       |
                   \  .` ⌒´      /_
                  //              ヽ /\
                 / /        _     /  /
               /| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄(__.ノ ̄|\/|
                 |  シアルフィの盾   | /
                 |__________|/
アーダン・やる夫の聖戦の系譜
JIHAD
作者 ◆QMM2./GEis
ジャンル ゲーム
原作 ファイアーエムブレム 聖戦の系譜
投下日 2009年2月15日
投下板 パート速報VIPやる夫スレヒロイン板やる夫板II
状態 現行
主な登場人物 やる夫朝倉涼子竜宮レナやらない夫
まとめ [1] [2]
  


アーダン・やる夫の聖戦の系譜およびJIHADは、任天堂のシミュレーションRPG「ファイアーエムブレム 聖戦の系譜」を原作としたゲーム系長編やる夫スレ

作者は◆QMM2./GEis。2009年2月15日から連載中。

あらすじ

アーダン・やる夫の聖戦の系譜

やる夫はシアルフィ公国のアーマーナイト。英雄を夢見ていたが、任務と言えば本城での見張りばかり。そんなある日、友国ユングウィがヴェルダン国から襲撃され、姫が連れ去られたとの報せが入る。やる夫は「姫様を助けに行くお!」と意気込むのだが…。

一方、ヴェルダン軍と共にユングウィを攻めていたのは、グランベルから派遣されてきたヴェルダン出身の朝倉涼子。 懸命に戦う故郷の兵たちと間近に過ごし、彼女の中で何かが変わる。

JIHAD

やる夫たちが戦ったあの聖戦から17年。

グランベル帝国による支配が続く中、各地で武装蜂起が起ころうとしていた。イザーク国も例外では無く、イザークを統治するドズルの元には、グランベルから使者が訪れていた。

概要

FE聖戦の系譜のキャラクターの中でひときわ異彩を放ち、ネタキャラ扱いされながらも、多くのプレーヤーに愛されているアーダンを主役に配した作品。

やる夫を主人公としたゲーム系作品の場合、「基本ダメ人間だが何らかの才能を発揮する」というパターンが当時のデフォだったが、本作はそんな都合の良いキャラクター付けはしていない。しかも配役は、原作では戦力的にもストーリー的にもほぼ空気のアーダンである。

序盤はその悲哀を描くことに重点が置かれていたが、物語が進むにつれ徐々にシリアスシーンが盛り込まれていく。その展開力とバランス感覚は抜群であり、特に敵方(時に味方も)の狂気と不気味さは、高いAA技術を活かして見事に表現されている。

一方で、同時期連載の「いきなり2部」や「やる夫イフェ」とは大きく毛色が異なる作品となっており、原作改変の度合は圧倒的に本作が上回っているため、付いていけなかった者もいたと思われる。

なお、原作のアーダンは第二部には登場しないが、本作品では第二部である「JIHAD」にもある形で登場する。

ちなみに、スレッドタイトルは「【ファイヤー】アーダン・やる夫の聖戦の系譜 ○スレ目【エムブレム】」と誤字となのだが、「パチものくさくていいかな」と思ったそうで(第29話より)、最終話まで【ファイー】のままだった。

登場人物など

外部リンク

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。