/  / | | | | .// / ,.|
            /  ∧ | | | |// / /.,|
            /ヾl l l l l|//////|  |
        l   /            |   |
        | /             |  j|
        |.イ            | .' |
        小{                l / |
       l|_|__`ヾ、            ノ′ .|
       込__テミ \   〃-一====l=ー
       |ー--一ヽ    /´ォ弌__テミ辷
       |      lr==ミイ  ` ー--イ |
       |    ノ.::   |        |
      lt一 ´ .:::   弋       イ j
      l|    ..:::ノ    ヽ、 ______彡'
      l|    ヾ r          |
      l|、  ー-、 ___       /|
      .小ヽ  ` こ__V7ハア´  // |
      l| ',∧     V/ハ  / /  .|
      l| ',:.:ヽ     V/ハ  /   |
      l|  \:.:` ー--イV/ハ/     |
      l|   \:.:.:.:.:.:. >V/ハ      |
      l|       > /  ⌒      |
インテグラ・ヘルシング
原作・出典元 HELLSING
性別
愛称・呼び名 インテグラ、局長
一人称
性格 果断
特徴 中性的、愛煙家、褐色肌
備考 執事:ウォルター
従僕:アーカードセラス
宿敵:少佐
  

インテグラル・ファルブルケ・ウィンゲーツ・ヘルシング(インテグラ・ヘルシング)は、平野耕太の漫画「HELLSING」の登場人物。

ピクシブ百科事典の項目「インテグラル・ファルブルケ・ウィンゲーツ・ヘルシング」も参照のこと

概要[編集 | ソースを編集]

女伯爵ヘルシング卿。100年前、吸血鬼ドラキュラ伯爵を倒し、「アーカード」として従僕させた初代ヘルシング教授の直系子孫。金髪碧眼、褐色の肌

13歳で亡き父親の跡を継ぐが、それを快く思わない叔父に命を狙われる。逃げ込んだ地下室で封印されていたアーカードと出会い、銃で撃たれて流れたインテグラの血がアーカードを蘇らせた。アーカードはインテグラに跪いて忠誠を誓い、二人は主従関係を結ぶ。なお、叔父はインテグラ自ら射殺した。こうして名実共にヘルシング家当主となったインテグラは特務機関HELLSINGの局長に就任する。

HELLSING」のテーマである「人間賛歌」を象徴するキャラ。「化物を倒すのは何時だって人間だ、人間でなくてはいけないんだ」というアーカードの台詞はこの作品における真理であり、それゆえ最終決戦のトリを務めるのは「人間」である彼女に与えられた役割だった。

やる夫スレにおいて[編集 | ソースを編集]

有能な指揮官、戦場での胆力、性別を問わず配下を従える貫禄、葉巻を愛用、少女時代は可愛かった等、バラライカと被っている所が多く、AAも少ないため使用頻度は低い。

登場作品[編集 | ソースを編集]

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SAライセンスの下で利用可能です。